格闘レース『Road Redemption』公式“アダルト版”登場へ―ストーリー変更/カットシーン追加など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

格闘レース『Road Redemption』公式“アダルト版”登場へ―ストーリー変更/カットシーン追加など

ニュース ゲーム業界

格闘レース『Road Redemption』公式“アダルト版”登場へ―ストーリー変更/カットシーン追加など
  • 格闘レース『Road Redemption』公式“アダルト版”登場へ―ストーリー変更/カットシーン追加など
『千年戦争アイギス』など、様々な日本の美少女ブラウザゲームの英語版の配信などで知られるNutakuは、EQ-Gamesの格闘レースゲーム『Road Redemption』のアダルト版を製作中であることを発表しています。

『Road Redemption』は、世紀末世界のバイカーの1人となって、格闘や銃器、爆発物などを駆使しながら、立ちふさがる敵を撃破。プレイごとにランダムで変わるオブジェクティブのクリアを通じて、最終ミッションである暗殺者の撃破を目指す、格闘レースゲームです。いわゆるローグライトスタイルを採用しており、やられてしまえば即ゲームオーバーで最初からのゲームプレイとなる他、『ショベルナイト』がプレイヤーキャラのうちの1名としてゲスト出演していたりするのも特徴となっています。

海外メディアPC Gamerのインタビューによれば、このアダルト版では本来のゲームとは異なるストーリーが用意されており、暗殺者の撃破ではなく美女を誘拐した犯人を追いかけるものとなっている模様。また、ステージの間では、本来オープニングとエンディングしかカットシーンが存在していなかったオリジナルと違い、アニメーションありのモーションコミック形式(性的なコンテンツを含む)で物語が展開するパートが用意されるようです。

なお、Nutakuは、既存インディータイトルのアダルト化を行うデベロッパーに対して、総額で1,000万ドルの資金提供プログラムを実施しており、今回の『Road Redemption』のアダルト版もその一環であるとしています。海外向けのため、『Road Redemption』アダルト版を遊ぶのは様々な関係上難しいものとなりそうですが、しっかりとした作りのインディータイトルが、一体どのような形で改変されることになるのかは興味深い所ではないでしょうか。アダルト版の『Road Redemption』は2018年初頭にリリース予定とのことです。

オリジナル版の『Road Redemption』はSteamにて1,980円で配信中です。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

    スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

  2. 不定形エイリアンとなって人間を襲う逆ホラーゲーム『Carrion』発表! 強烈なビジュアルが刺激的

    不定形エイリアンとなって人間を襲う逆ホラーゲーム『Carrion』発表! 強烈なビジュアルが刺激的

  3. 噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

    噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

  4. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  5. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  6. 今さら聞けないPC版『スカイリム』ガイド ― ModやDLCで無限に広がる冒険世界

  7. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  8. 90年代風ゴリマッチョFPS『Hellbound』クローズドβ開始! 初プレイ映像も

  9. 米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

  10. プレイヤーが山となる『Mountain』のSteam版が配信開始、幾つかのヒントも明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top