げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『FreeSpace 2』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『FreeSpace 2』

Game*Sparkライターと編集部が独断で選ぶ、「Steamセールのマストバイ」。第3弾となる本記事では、Deep Silver Volition(当時Volition)開発のスペースコンバットシミュレーター『FreeSpace 2』をご紹介します。

PC Windows
げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『FreeSpace 2』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『FreeSpace 2』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『FreeSpace 2』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『FreeSpace 2』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『FreeSpace 2』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『FreeSpace 2』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『FreeSpace 2』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『FreeSpace 2』

Game*Sparkライターと編集部が独断で選ぶ、「Steamセールのマストバイ」。第3弾となる本記事では、Deep Silver Volition(当時Volition)開発のスペースコンバットシミュレーター『FreeSpace 2』をご紹介します。

同作は、宇宙戦闘機や爆撃機のパイロットとなり、各々に異なるシチュエーションと目標の様々なミッションをクリアしていく、宇宙戦闘機シミュレーター。今日では『セインツロウ』や『エージェンツ オブ メイヘム』で知られるDeep Silver Volitionが手がけた、1980年台から90年代にかけて大きく人気となったジャンルのタイトルです。

互換エンジン「Source Code Project(SCP)」上で動作させることで、ゲーム内容はそのままにワイドスクリーンや高解像度対応を始め、様々な恩恵が得られる

本作のゲーム的な特徴としては、その1999年当時としては素晴らしい没入感と演出、謎が謎を呼ぶ、絶望的な戦況を戦いぬくストーリーなどが挙げられます。ゲームバランスとしては、“シミュレーター”とされるだけあって非常に硬派。プレイヤーが特殊な機体に乗っているわけでもなければ、超能力があるわけでもない中で、ともすれば自機よりも高性能な敵機と相まみえていくことになります。また、分隊員や他部隊への指示がミッション攻略に大きく関わることも。マルチプレイやミッションエディタも搭載されており、プレイバリューも十分です。


当時、ファンだけでなく、ジャンル全体として非常に高い評価を得た本作ですが、残念なことに発売された1999年には既に本ジャンルは下火。セールスにはさして恵まれなかった上、本来3部作として予定されていたタイトルが、本作発売後のInterplayの倒産やVolitionのTHQへの買収などを経て未発表となり、そのストーリーは大きな謎を残した形で終了の憂き目に……。

そんな本作だけにファンからの根強い続編要望もひとしお。しかしながら、商業ジャンルとして非オープンワールドのミッションクリア型のタイトルは下火となってしまっているのと、当時のスタッフの大半は既にVolitionから離れていることもあってか、続編の実現性は今日でも微妙な所です。しかしながら現Volitionも同作に根強いファンが多いのを知っているのか、『セインツロウ』シリーズ作中で「Freespace 3」に関する、一瞬だけ表示されるお遊びメッセージを仕込んでいたりもします。

互換エンジン向け拡張Modを導入することで、かなり近代的なグラフィックで遊ぶことも可能

また、本作は2002年にエンジンがオープンソース化。その後有志によって15年間以上改良が進められており、グラフィックやModの拡張性を中心に大幅にパワーアップした互換エンジンと、互換エンジンに対応した本編データの拡張Modがリリースされています。

ついに念願の日本語化が可能に


また、2017年11月末以降にテスト版としてリリースされた互換エンジンは、遂に2バイト文字を含むマルチランゲージに対応しました。実は本作、16年前のエンジンオープンソース化の折に当時のバージョン準拠で日本語化Modの制作もなされており、この対応によって同Modを最新環境下に移植して動かすことが可能となった模様です。ストーリーと没入感が重要な作品なだけに、これは多くのユーザーにとって嬉しいところでしょう。

人気ドラマ「GALACTICA/ギャラクティカ」をテーマにした『Diaspora』

アニメの影響も強い『次元のエクリプス』。弾幕STGのようなボスとの戦闘

本作ではその他Modも多くリリースされており、中には初代作品『FreeSpace』を2のエンジン上で動かしてしまうものや、「GALACTICA/ギャラクティカ」、『Wing Commander』などをテーマにしたスタンドアローンModなどもあります。他に風変わりなものとして日本アニメの影響たっぷりな、一騎当千STG風味バランスの『次元のエクリプス』や『Wings of Dawn』といったModも。そして、「公式に3が発表されないのならば」と、多くの『FreeSpace 2』後を舞台とした二次創作作品も作られています。

『FreeSpace 2』はSteam/GOG.comにて980円/9.99ドルで配信中。Steamでは、ウィンターセール期間中は50%オフの490円で提供されています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 3人Co-opダンジョンARPG『Blightbound』早期アクセス海外7月29日開始―島を取り囲む邪悪な霧の災厄に立ち向かえ!

    3人Co-opダンジョンARPG『Blightbound』早期アクセス海外7月29日開始―島を取り囲む邪悪な霧の災厄に立ち向かえ!

  2. 『スカイリム』から派生した新作タイムループADV『The Forgotten City』最新ゲームプレイ映像公開!

    『スカイリム』から派生した新作タイムループADV『The Forgotten City』最新ゲームプレイ映像公開!

  3. サバイバルホラー『Remothered: Broken Porcelain』の発売が10月20日に延期

    サバイバルホラー『Remothered: Broken Porcelain』の発売が10月20日に延期

  4. 『PUBG』がDiscordを通じて対象者を報告する新たな違反行為への対策プログラムを7月14日から開始

  5. 『モンハン:アイスボーン』アップデートVer.14.00配信!新規モンスターやマカ錬金機能追加など

  6. スチームパンク風世界のサバイバルADV『Scrapnaut』発表―料理や農場経営、宝探しなどさまざまな遊び要素も

  7. 自分が動くときだけ時間が進むFPS続編『SUPERHOT: MIND CONTROL DELETE』海外7月16日発売―発売までの初作購入者には無料配布

  8. 『Crysis Remastered』対応全機種において発売延期発表―7月23日より数週間後を予定

  9. 『対魔忍コレクション:アサギ 決戦アリーナ』Steamで無料配信中―『対魔忍ユキカゼ』体験版も登場

  10. モノクロ世界で光と影を操るパズルACT『Nevaeh(ネバエ)』PC/スイッチ向けに発売決定! 闇に包まれた塔を舞台にした少女の冒険

アクセスランキングをもっと見る

page top