「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言

Blizzard Entertainmentの人気FPS『オーバーウォッチ(Overwatch)』。同作の公式プロリーグである「オーバーウォッチリーグ」の参加選手が、試合後に差別的な暴言を行ったとして1週間の出場停止を課されたと報じられています。

ゲーム文化 e-Sports
「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言
  • 「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言
Blizzard Entertainmentの人気FPS『オーバーウォッチ(Overwatch)』。同作の公式プロリーグである「オーバーウォッチリーグ」の参加選手が、試合後に差別的な暴言を行ったとして1週間の出場停止を課されたと報じられています。

海外メディアKotakuによれば、今回出場停止になったのはDallas Fuel所属のFelix “xQc” Lengyel選手。同選手の暴言は2018年1月18日の、Dallas Fuel対Houston Outlawsの試合後に行われたストリーミング放送にて発せられました。放送内でLengyel選手は、Dallas Fuelを4-0で下したHouston Outlaws所属の、同性愛者であるAustin “Muma” Wilmot選手に対し、同性愛差別を含む侮辱を行ったとのことです。


Lengyel選手はその後Twitterにて謝罪を行い、Wilmot選手もそれを受け入れていますが、Dallas Fuelはこの事態を重く受け止め、Lengyel選手の出場停止を発表。Lengyel選手に対し、1週間、『オーバーウォッチ』プロとしての活動や「オーバーウォッチリーグ」Discordへの入室禁止の処分を下したことを発表しました。




この処分については、Overwatch LeagueのアナリストであるChristopher "MonteCristo" Mykkles氏や、Twitch Studiosのディレクター、Marcus "djWHEAT" Graham氏など多くのe-Sports関係者が、Lengyel選手に対するDallas Fuelの処分は正当なものである旨を表明しています。

今後大きく一般化していくことも予想されるe-Sports。選手のモラルの強化は更に望まれていくところなのかも知れません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『テトリス』生みの親パジトノフ氏が好きなテトリミノは”Jミノ”!好きじゃないのは……

    『テトリス』生みの親パジトノフ氏が好きなテトリミノは”Jミノ”!好きじゃないのは……

  2. 『ロックマンX』『ロックマン ゼロ』インスパイアの新作ACT『GIGABUSTER』Kickstarter開始!

    『ロックマンX』『ロックマン ゼロ』インスパイアの新作ACT『GIGABUSTER』Kickstarter開始!

  3. 『Marvel’s Avengers』E3メディアセッションレポ―新時代のマーベルアクションゲームを目撃

    『Marvel’s Avengers』E3メディアセッションレポ―新時代のマーベルアクションゲームを目撃

  4. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』メディア向けセッションレポ―北瀬Pが語るただのリメイクじゃない理由【E3 2019】

  5. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  6. 実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

  7. 海外ファンが『Dreams Universe』で初代『MGS』をリメイク?“当時の感触”のまま現代風アレンジ

  8. 『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

  9. 『ロックマンX』主人公「エックス」が25年の時を経て初プラモデル化―ファンも納得の豪華仕様

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top