『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ

SNSを中心に注目され始めている作っちゃうおじさん氏によるフリーホラーゲーム『怖くないホラーゲーム ウサギパズル』のミニプレイレポをお届けします。

ゲーム文化 インディーゲーム
『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ
  • 『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ
  • 『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ
  • 『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ
  • 『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ
  • 『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ
  • 『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ
  • 『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ
!注意!本記事にはネタバレ表現が含まれています、閲覧にはご注意下さい。



SNSを中心に注目され始めている、作っちゃうおじさん氏によるフリーホラーゲーム『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』。本記事では、同作のミニプレイレポをお届けします。

プレイを開始すると、ホラーゲームとは似ても似つかぬ可愛らしいタイトル画面とポップなBGMが出迎えてくれます。ゲームの遊び方は簡単で、うさぎをはじいて穴にボールをはめ込むパズルなのですが、時折出現する「押してはいけないボタン」だけは絶対に押してはならず、これさえ守っていればずっと遊んでいられる、というルール。しかし、ルール説明では脈絡もなく違法薬物の説明が挿し込まれたり、BGMをよく聞くと僅かに歪んだ音になっていたりと、細部に注目すると明らかに様子がおかしくなっており、ボタンへの疑いと好奇心が掻き立てられてしまいます。

前触れもなく登場する薬物の解説

ボタンさえ押さなければ普通にプレイできる

ルール通りにプレイを進めていくと、ときたま現れる「ボタン」さえ無視すれば、多少の不気味さはあれど、何事もなく遊び続けていられる仕様になっていることがわかります。ただし、押してはいけないボタンがあると押したくなるのが人の性。筆者は好奇心に勝てず、ついボタンを押してしまいました。

突然画面に激しいノイズ。かなり驚かされる

タイトルに戻るも、ウサギは穴だらけに

別のゲームらしきものに転送される

すると、突然画面にノイズが入り、タイトル画面に返されます。ただし、最初と違い、可愛らしかったうさぎさんは穴だらけの異様な姿に。このままプレイを再開すると、今までとは全く違う、現実感あるゲームが開始されます。「右に向く」か「左に向く」の2つの選択肢があるため、ずっと右を向いてみると……

ゲームクリア、一安心…

無事ゲームクリアとなりました。「ボタンを押してはいけない」というギミックの都合上、今回のクリアには10分もかかりませんでしたが、今回のものを含め3種類のエンディングが存在するため、突き詰めればさらに遊ぶことが出来そうです。また、SNSを利用してパズルクリアまでの手数をシェアする機能などが存在するため、禁忌さえ犯さなければまさしく「怖くないホラーゲーム」といった具合の作品でしたが、ホラーゲームが本当に苦手な筆者は終始怯えながらプレイしており、好奇心に負けてボタンを押してしまったときには漏らすかと思うほどに怖がってしまいました。

そんな同作は、作っちゃうおじさん氏のウェブサイトからWindows/Mac/iOS/Androidでプレイ可能。本記事を読んで興味が湧いた方は、一度プレイしてみては如何でしょうか。
《吉河卓人》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外人気サンドボックスゲーム『Garry's Mod』製作者が任天堂関連のSteamワークショップアイテムの削除要求に応じる「二度とアップロードしないでほしい」

    海外人気サンドボックスゲーム『Garry's Mod』製作者が任天堂関連のSteamワークショップアイテムの削除要求に応じる「二度とアップロードしないでほしい」

  2. 『スト6』リュウ、豪鬼の大迫力な“ミューラルアート”がTシャツに!経年とともにロゴが徐々に姿を現すクラックシャツは、手作業で数十回も塗り重ね

    『スト6』リュウ、豪鬼の大迫力な“ミューラルアート”がTシャツに!経年とともにロゴが徐々に姿を現すクラックシャツは、手作業で数十回も塗り重ね

  3. eスポーツ大会の真っ最中に「マウス充電切れ」のハプニング…!しかし咄嗟の機転でチームを勝利に導く

    eスポーツ大会の真っ最中に「マウス充電切れ」のハプニング…!しかし咄嗟の機転でチームを勝利に導く

  4. 自動化RTS『Oddsparks: An Automation Adventure』早期アクセス開始―へんてこ可愛いキャラクターの“スパーク”とクラフトし冒険の旅へ!

  5. マネ厳禁!職場でこっそり遊べるゲームって……?

  6. 『星のカービィ』生みの親・桜井政博氏がカービィを食べちゃった?美味しそうにフォークを入れる写真にファンも「だめぇぇぇぇぇ」

  7. あの狂気が再現…!映画「ジョーカー」の非公式オープンワールドゲーム映像が凄まじいクオリティ

  8. ユービーアイソフトジャパン設立30周年!「ゲームと共に、時代を生きろ」特設サイト公開&年間記念キャンペーン実施

  9. 次はあの人の…?『アーマード・コア6』新作フィギュアの予告か、魂ネイションズ公式Xが意味深なポスト

  10. 『スカイリム』最強キャラ・黒檀の戦士を爆速で倒すRTAが3年ぶり記録更新!わずかひと振り、12分足らずの旅で地に伏せる強者

アクセスランキングをもっと見る

page top