噂:旧『STAR WARS バトルフロント』実は“4”も開発中だった?ダークサイドのルークなど含むコンセプトアートが公開か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂:旧『STAR WARS バトルフロント』実は“4”も開発中だった?ダークサイドのルークなど含むコンセプトアートが公開か

旧『STAR WARS バトルフロント』シリーズにはかつて開発中止となった『STAR WARS バトルフロント III』が存在していましたが、当時更に“4”も開発中であったという噂が新たに報じられています。

ニュース
噂:旧『STAR WARS バトルフロント』実は“4”も開発中だった?ダークサイドのルークなど含むコンセプトアートが公開か
  • 噂:旧『STAR WARS バトルフロント』実は“4”も開発中だった?ダークサイドのルークなど含むコンセプトアートが公開か
かつて、Pandemic Studiosが開発を手掛け、現在はエレクトロニック・アーツ傘下EA DICEが制作している人気シューターシリーズ『STAR WARS バトルフロント』。同シリーズにはかつて開発中止となった『STAR WARS バトルフロント III』が存在していましたが、当時更に『STAR WARS バトルフロント IV』も開発中であったという噂が新たに報じられています。

情報を伝える海外メディアEurogamerによれば、同作の開発は『STAR WARS バトルフロント III』同様、後にCrytekに買収されるFree Radical Designだったとのこと(『Crysis 2』『Crysis 3』などで知られる。現在は閉鎖)。

内容としてはアメコミなどでよく用いられる、いわゆる“What if”タイプのシナリオをコンセプトとしており、海外サイトimgurにて公開されたアートでは、「ダークサイドに堕ちたルークやオビ=ワン」「ジェダイとなったレイア姫」などの本編ではあり得なかったキャラクターたちの姿が描かれています。

また、本作は大規模な戦闘を特色としており、同時参加プレイヤー数も過去にリリースされた作品の中でも最大になる見込みであったと語られています。これらの詳細はあくまで噂ではあるものの、真実であるとしたら『STAR WARS バトルフロント IV』では果たしてどのような内容が展開する予定であったのでしょうか。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『VA-11 HALL-A』の続編『N1RV Ann-A』発表! 高評価サイバーパンクバーテンダーADV

    『VA-11 HALL-A』の続編『N1RV Ann-A』発表! 高評価サイバーパンクバーテンダーADV

  2. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作リマスター

    シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作リマスター

  3. 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』10月18日発売決定!PS4/Steam向けリマスターとして再誕

    『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』10月18日発売決定!PS4/Steam向けリマスターとして再誕

  4. 『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上

  5. 『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』の発売日および 『グウェント ウィッチャーカードゲーム』の正式版リリース日が決定!

  6. 典型的なゲームの主人公6人が容疑者の推理ADV『The Hex』10月17日発売決定!―『Pony Island』開発元新作

  7. Bethesdaの親会社が海外で「Redfall」なる商標を登録、メディアやファン間で『TES』関連の憶測広がる

  8. 欧米のギャンブル規制当局らが“ルートボックス”に共同声明「ゲームとギャンブルの境界線のぼやけによるリスクを解決する」

  9. 『ジャストコーズ4』国内発売日が2018年12月6日に決定―予約開始は9月20日から

  10. カプコンバンクーバーが大量レイオフ―『デッドライジング』シリーズなど制作

アクセスランキングをもっと見る

page top