噂:旧『STAR WARS バトルフロント』実は“4”も開発中だった?ダークサイドのルークなど含むコンセプトアートが公開か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂:旧『STAR WARS バトルフロント』実は“4”も開発中だった?ダークサイドのルークなど含むコンセプトアートが公開か

ニュース

噂:旧『STAR WARS バトルフロント』実は“4”も開発中だった?ダークサイドのルークなど含むコンセプトアートが公開か
  • 噂:旧『STAR WARS バトルフロント』実は“4”も開発中だった?ダークサイドのルークなど含むコンセプトアートが公開か
かつて、Pandemic Studiosが開発を手掛け、現在はエレクトロニック・アーツ傘下EA DICEが制作している人気シューターシリーズ『STAR WARS バトルフロント』。同シリーズにはかつて開発中止となった『STAR WARS バトルフロント III』が存在していましたが、当時更に『STAR WARS バトルフロント IV』も開発中であったという噂が新たに報じられています。

情報を伝える海外メディアEurogamerによれば、同作の開発は『STAR WARS バトルフロント III』同様、後にCrytekに買収されるFree Radical Designだったとのこと(『Crysis 2』『Crysis 3』などで知られる。現在は閉鎖)。

内容としてはアメコミなどでよく用いられる、いわゆる“What if”タイプのシナリオをコンセプトとしており、海外サイトimgurにて公開されたアートでは、「ダークサイドに堕ちたルークやオビ=ワン」「ジェダイとなったレイア姫」などの本編ではあり得なかったキャラクターたちの姿が描かれています。

また、本作は大規模な戦闘を特色としており、同時参加プレイヤー数も過去にリリースされた作品の中でも最大になる見込みであったと語られています。これらの詳細はあくまで噂ではあるものの、真実であるとしたら『STAR WARS バトルフロント IV』では果たしてどのような内容が展開する予定であったのでしょうか。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

    ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

  2. 名作ADV新作『LIFE IS STRANGE 2』が海外向けに正式発表! 9月にエピソード1が登場予定

    名作ADV新作『LIFE IS STRANGE 2』が海外向けに正式発表! 9月にエピソード1が登場予定

  3. Steamサマーセール「銀河を超越するSummer Sale」がスタート! ミニゲームも登場

    Steamサマーセール「銀河を超越するSummer Sale」がスタート! ミニゲームも登場

  4. 『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

  5. 「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

  6. 『バーンアウト』クリエイターが2本の新作『Danger Zone 2』『Dangerous Driving』を発表

  7. 『マインクラフト』PS3/Xbox 360/PS Vita/Wii U版に最後のアップデートが配信予定

  8. どこでもプレジデンテ! 独裁国家経営シム『トロピコ』のiPad版が海外発表

  9. 【E3 2017】海戦アクション『Skull & Bones』発表!海賊となってインド洋を駆けろ

  10. 『Friday the 13th: The Game』権利問題により追加コンテンツの制作を中止

アクセスランキングをもっと見る

page top