噂:旧『STAR WARS バトルフロント』実は“4”も開発中だった?ダークサイドのルークなど含むコンセプトアートが公開か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂:旧『STAR WARS バトルフロント』実は“4”も開発中だった?ダークサイドのルークなど含むコンセプトアートが公開か

旧『STAR WARS バトルフロント』シリーズにはかつて開発中止となった『STAR WARS バトルフロント III』が存在していましたが、当時更に“4”も開発中であったという噂が新たに報じられています。

ニュース
噂:旧『STAR WARS バトルフロント』実は“4”も開発中だった?ダークサイドのルークなど含むコンセプトアートが公開か
  • 噂:旧『STAR WARS バトルフロント』実は“4”も開発中だった?ダークサイドのルークなど含むコンセプトアートが公開か
かつて、Pandemic Studiosが開発を手掛け、現在はエレクトロニック・アーツ傘下EA DICEが制作している人気シューターシリーズ『STAR WARS バトルフロント』。同シリーズにはかつて開発中止となった『STAR WARS バトルフロント III』が存在していましたが、当時更に『STAR WARS バトルフロント IV』も開発中であったという噂が新たに報じられています。

情報を伝える海外メディアEurogamerによれば、同作の開発は『STAR WARS バトルフロント III』同様、後にCrytekに買収されるFree Radical Designだったとのこと(『Crysis 2』『Crysis 3』などで知られる。現在は閉鎖)。

内容としてはアメコミなどでよく用いられる、いわゆる“What if”タイプのシナリオをコンセプトとしており、海外サイトimgurにて公開されたアートでは、「ダークサイドに堕ちたルークやオビ=ワン」「ジェダイとなったレイア姫」などの本編ではあり得なかったキャラクターたちの姿が描かれています。

また、本作は大規模な戦闘を特色としており、同時参加プレイヤー数も過去にリリースされた作品の中でも最大になる見込みであったと語られています。これらの詳細はあくまで噂ではあるものの、真実であるとしたら『STAR WARS バトルフロント IV』では果たしてどのような内容が展開する予定であったのでしょうか。
《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作

    『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作

  2. 『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

    『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

  3. SIEが年末商戦期に主力シングルプレイ作品を毎年1本以上発売へ―予算控えめで革新性アピールの「実験的タイトル」ラインも別途展開予定

    SIEが年末商戦期に主力シングルプレイ作品を毎年1本以上発売へ―予算控えめで革新性アピールの「実験的タイトル」ラインも別途展開予定

  4. PS5累計販売台数は5,600万台突破!累計プレイ時間も増加で、PS4から移行の流れ続くか

  5. ベセスダ親会社の日本法人、ゼニマックス・アジア6月もって閉鎖か―人事部長の書き込みから浮上

  6. 『PUBG』のKRAFTONなどに韓国公取委からの調査―ガチャ確率の公表値との正確性めぐり

  7. 『The Sims 4』にログイン報酬のシステムが導入か―チュートリアル動画が見つかる

  8. 『Kerbal Space Program 2』開発元の行く末にやはり暗雲が…親会社CEOは閉鎖否定も社員のレイオフが開始へ

  9. シリーズ最新作『Call of Duty: Black Ops 6』最新実写トレイラー「The Truth Lies」公開!リリース初日にXbox Game Pass追加も決定

  10. Steam“おま国”解禁の「ドラゴンボール」ゲーの同時接続プレイヤー数はその後……

アクセスランキングをもっと見る

page top