GoogleとCyArkが協力、複数の歴史的建造物の3Dスキャンデータを公開へ―非営利のデータ利用も可能 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GoogleとCyArkが協力、複数の歴史的建造物の3Dスキャンデータを公開へ―非営利のデータ利用も可能

Googleは、世界の遺跡の3Dライブラリー化を行う非営利団体CyArkと協力して、18カ国にまたがる27遺跡の3Dデータコレクション「Open Heritage」を公開開始しています。

ゲーム文化 カルチャー
GoogleとCyArkが協力、複数の歴史的建造物の3Dスキャンデータを公開へ―非営利のデータ利用も可能
  • GoogleとCyArkが協力、複数の歴史的建造物の3Dスキャンデータを公開へ―非営利のデータ利用も可能


Googleは、世界の遺跡の3Dライブラリー化を行う非営利団体CyArkと協力して、18カ国にまたがる27遺跡の3Dデータコレクション「Open Heritage」を公開開始しています。

この「Open Heritage」には、シリアのアゼム宮殿や、メキシコのチチェン・イッツァ、ドイツのブランデンブルク門や、ニュージーランドのワイタンギなどが収録。各3DデータはWeb上で閲覧することができるだけでなく、CC BY-NC 4.0ライセンスの元、3Dデータ自体の配信も行われており、様々なプロジェクトに同データを用いることができます。

通常の保守・保全の大変さだけでなく、地域によっては自然災害や、紛争の余波に巻き込まれる形で消失してしまうものもある歴史的建造物の数々。3Dデータという形での記録が今後、VRなどの先端技術と結びつき、バーチャルの世界だけであっても、より高精度な形で失われた風景へとアクセスできるようになるのはそう遠いことではないのかも知れません。

「Open Heritage」の公式サイトはこちらから。プロジェクト向けの3Dデータの請求はこちらのフォームより可能です。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

    『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  2. 名作STG『サンダーフォースIII&IV』の主人公機がfigma化!―しかもセットで発売予定

    名作STG『サンダーフォースIII&IV』の主人公機がfigma化!―しかもセットで発売予定

  3. インディーゲームコーナーで見かけた日本の懐かしいゲームたちを一挙紹介!【TGS2018】

    インディーゲームコーナーで見かけた日本の懐かしいゲームたちを一挙紹介!【TGS2018】

  4. すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

  5. ドット絵アクションADV『ANNO Mutationem』―「SCP」ひしめくサイバーパンク世界で脅威に対峙せよ!【BitSummit Roadshow: Tokyo 2018】

  6. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

  7. 会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 『JUDGE EYES:死神の遺言』や『キャサリン・フルボディ』などがお出迎え!セガ/アトラスブースレポート【TGS2018】

  10. 『ラブプラスEVERY』『閃の軌跡IV』『ハイパースポーツ R』などが盛り上がるコナミブースレポート!【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top