あの“赤いヤツ”が帰ってくる―次の舞台は日本!GameTomoが『SUPERHOT JP(仮)』を発表【BitSummit Vol.6】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あの“赤いヤツ”が帰ってくる―次の舞台は日本!GameTomoが『SUPERHOT JP(仮)』を発表【BitSummit Vol.6】

BitSummit Vol.6にてGameTomoはイノベーション・アクション・シューター『SUPERHOT』の新たなスタンドアローンコンテンツ「SUPERHOT JP(仮)」を発表しました。開発はオリジナル開発元であるポーランドのSUPERHOT Teamの監修のもと、GameTomoが行います。

ゲーム文化 イベント
あの“赤いヤツ”が帰ってくる―次の舞台は日本!GameTomoが『SUPERHOT JP(仮)』を発表【BitSummit Vol.6】
  • あの“赤いヤツ”が帰ってくる―次の舞台は日本!GameTomoが『SUPERHOT JP(仮)』を発表【BitSummit Vol.6】
  • あの“赤いヤツ”が帰ってくる―次の舞台は日本!GameTomoが『SUPERHOT JP(仮)』を発表【BitSummit Vol.6】
  • あの“赤いヤツ”が帰ってくる―次の舞台は日本!GameTomoが『SUPERHOT JP(仮)』を発表【BitSummit Vol.6】
  • あの“赤いヤツ”が帰ってくる―次の舞台は日本!GameTomoが『SUPERHOT JP(仮)』を発表【BitSummit Vol.6】
  • あの“赤いヤツ”が帰ってくる―次の舞台は日本!GameTomoが『SUPERHOT JP(仮)』を発表【BitSummit Vol.6】
  • あの“赤いヤツ”が帰ってくる―次の舞台は日本!GameTomoが『SUPERHOT JP(仮)』を発表【BitSummit Vol.6】
  • あの“赤いヤツ”が帰ってくる―次の舞台は日本!GameTomoが『SUPERHOT JP(仮)』を発表【BitSummit Vol.6】
  • あの“赤いヤツ”が帰ってくる―次の舞台は日本!GameTomoが『SUPERHOT JP(仮)』を発表【BitSummit Vol.6】

5月12日から13日にかけて京都・みやこめっせにて開催されているインディーズゲームの祭典「BitSummit Vol.6」にて、GameTomoはイノベーション・アクション・シューター『SUPERHOT』の新たなスタンドアローンコンテンツ「SUPERHOT JP(仮)」を発表しました。開発はオリジナル開発元であるポーランドのSUPERHOT Teamの監修のもと、GameTomoが行います。


『SUPERHOT』は移動・攻撃など自分がアクションを起こした時だけ時間が経過するパズル性の高いゲームデザインとモノクロームの背景に赤い敵、というスタイリッシュなグラフィックが人気を博し、世界で数々の賞を受賞しています。最近ではBitSummit Vol.6の開催前に公開されたPlayStation BlogにおいてもSIE WWSプレジデント・吉田修平氏がオススメの一本として紹介していました。

BitSummit Vol.6では3つのステージが遊べる体験版を展示。それぞれの舞台は温泉浴場、クラブ、城郭。銃だけでなく、日本刀や手裏剣を使って襲い掛かる敵を華麗に倒していくというゲーム性はそのままに「キル・ビル Vol.1」などに登場する勘違い日本を彷彿とさせる世界観も楽しめます。製品版では弓などの新武器の追加やカラオケボックス、新幹線など、15ステージ以上のバリエーションになるとのこと。




対応機種はPCとPlayStation 4で2018年内に日本先行発売予定となっています。

また、GameTomoブースでは既に発売している2タイトルの新規展開も展示しており、『プロジェクト・ニンバス: CODE MIRAI』は後編となる第3章・第4章が楽しめる体験版を展示。2018年にPlayStation 4で発売予定です。


その他、ローグライクFPS『イモータル・レッドネック:不死王の迷宮』はニンテンドースイッチ版を展示し、Joy-Conを使ってすばやいエイミングができると評判です。こちらはすでに配信を開始しており、価格は1980円となっています。


ブースではSteamコードつきのTシャツや『プロジェクト・ニンバス』のポスターなども発売しています。
《岩井省吾》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

    ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

  2. ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

    ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

  3. ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

    ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

  4. e-Sportsチーム「ZETA DIVISION」がプロゲーマー・ta1yoさんの加入を発表―公式サイトでは本人からのコメントも

  5. 物議を醸した『ポケモン』ファンメイドFPSの映像が権利者の申し立てにより削除―ポケモンたちを銃撃する過激な内容

  6. 「彼が与えた影響を思い起こさせるのに相応しい」ユービーアイが故人のプレイヤー名を『レインボーシックス シージ』内に刻む

  7. 『マインクラフト』で遊びながら英語を学べるケンブリッジ大学製マップ「ADVENTURES IN ENGLISH」がマーケットプレイスに登場

  8. ドウェイン・ジョンソンが新たなゲーム原作映画を準備中―ファンの予想はクソコラ祭りに発展

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

アクセスランキングをもっと見る

page top