弾幕に“BUZZって”パワーアップする名作STG、約20年ぶりに復刻『サイヴァリア デルタ』【BitSummit Vol.6】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

弾幕に“BUZZって”パワーアップする名作STG、約20年ぶりに復刻『サイヴァリア デルタ』【BitSummit Vol.6】

京都・みやこめっせにて開催されたインディーゲームの祭典「BitSummit Vol.6」。シティコネクションブースではサクセスのシューティング『サイヴァリア』のHDリマスター作品『サイヴァリア デルタ』のニンテンドースイッチ版が初披露されました。

ゲーム文化 イベント
弾幕に“BUZZって”パワーアップする名作STG、約20年ぶりに復刻『サイヴァリア デルタ』【BitSummit Vol.6】
  • 弾幕に“BUZZって”パワーアップする名作STG、約20年ぶりに復刻『サイヴァリア デルタ』【BitSummit Vol.6】
  • 弾幕に“BUZZって”パワーアップする名作STG、約20年ぶりに復刻『サイヴァリア デルタ』【BitSummit Vol.6】
  • 弾幕に“BUZZって”パワーアップする名作STG、約20年ぶりに復刻『サイヴァリア デルタ』【BitSummit Vol.6】
5月12日から13日にかけて京都・みやこめっせにて開催されたインディーゲームの祭典「BitSummit Vol.6」。シティコネクションブースではサクセスのシューティング『サイヴァリア』のHDリマスター作品『サイヴァリア デルタ』のニンテンドースイッチ版が初披露されました。

『サイヴァリア』は2000年にアーケードで稼働した縦スクロール弾幕シューティング。敵弾にかする(ゲーム中の表記はBUZZ、転じてBUZZるとも呼ばれる)ことで経験値を稼ぐことができ、一定の経験値を獲得するとレベルアップしてショット性能が強化されます。レベルアップ直後は2秒間の無敵時間があり、その時に敵弾の嵐の中に突っ込んでレベルを次々に上げていくという危険行為が推奨されるゲームでもありました。オリジナル版はサブタイトルとして「ミディアムユニット」が付いており、稼働後ほどなくしてマイナーバージョンアップ版の「リビジョン」が稼働しました。こちらはレベルを上げることでBUZZ時の経験値は微量なもののスコアが高い、デンジャーステージの選択ができるようになっています。2002年にはPlayStation 2への移植が行われています。


本作はオリジナルのアーケード版を忠実に再現しつつ、グラフィックを大幅に強化したバージョンとなっており、ブースではモニター縦置き・スティック使用のアーケード版を再現したモードと、モニター横置き、パッドプレイの家庭用モードが展示されていました。操作はスティックで自機・アクシオンの移動、ボタンはショット、ボム、ローリング、ショートボム。ローリングは本来レバーを左右に振って移動させることで一定時間ショットが前方向に集中し、BUZZ判定が広がります。ショートボムは「リビジョン」で搭載された新攻撃で、ボムを攻撃に使わない限りに広範囲のBUZZ判定を発生させることができます。なお、本作では「ミディアムユニット」のステージ構成に「リビジョン」のアクシオンで出撃することが可能になっています(逆も可)。また、BGMは「ミディアムユニット」「リビジョン」に加え新曲(「DELTA」)が選択できるようになっています。


横画面モードでは獲得した経験値や無敵時間、スコアなどを表示させる機能が付いており、プレイヤーの習熟に役立つものとなっています。なお現時点では「リビジョン」のデンジャーステージに到達するためのレベル表示がなかったのですが、要望が多ければ今後のバージョンアップで導入を検討していく、とのことでした。なお、パッドでのプレイ時はBUZZ時に振動が入るようになっていました。

製品版では新機体(DLCですがパッケージ版にはダウンロードコードが付属)や新モードなどが搭載されるとのことです。

『サイヴァリア デルタ』は8月30日にニンテンドースイッチとPlayStation 4で発売予定。通常版は4,800円(税別)、ロゴステッカーとサウンドトラックのハイレゾ音源のダウンロードコードが付属する限定版が5,800円(税別)となっています。また、限定版に加え、DLCを含む楽曲のサントラCD、DLC追加楽曲のハイレゾ音源ダウンロードコード、サイヴァリアシリーズの作曲者・WASI303氏のMIXしたアナログEPなどが同梱された9,800円(税別)「Premium Sound Box」が同社の通販サイト・クラリスショップで予約を受け付けています
《岩井省吾》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「仄見える少年」作画・松浦健人氏が披露した『ドラクエ11』イラストが圧倒的!冒険を共にした仲間たちの思い出が蘇る

    「仄見える少年」作画・松浦健人氏が披露した『ドラクエ11』イラストが圧倒的!冒険を共にした仲間たちの思い出が蘇る

  2. EA、ハッカーにより780GBの重要データを奪われる―ゲームやエンジンのソースコードも

    EA、ハッカーにより780GBの重要データを奪われる―ゲームやエンジンのソースコードも

  3. ドッジボールゲームがブームの今だからこそ『SIMPLEキャラクター2000シリーズ Vol.10 魁!!男塾 THE 怒馳暴流』紹介である!!【特集】

    ドッジボールゲームがブームの今だからこそ『SIMPLEキャラクター2000シリーズ Vol.10 魁!!男塾 THE 怒馳暴流』紹介である!!【特集】

  4. 「E3 2021」スケジュール公開―スクエニ・任天堂・ユービーアイソフトetc.

  5. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

  6. ボイスチャットでのなりすましに要注意!『Apex Legends』ヴァルキリー役の土井真理さんが呼びかけ

  7. フロム新作『ELDEN RING』も登場した「Summer Game Fest Kickoff Live!」発表内容ひとまとめ

  8. ゲーム原作のアニメ・実写ドラマ情報多数の「Netflix GEEKED WEEK」発表内容ひとまとめ―『ファークライ』『バイオハザード』など

  9. 『原神』運営開発miHoYo本社に武装したファンがあわや襲撃間際か……原因は『崩壊3rd』キャラクターの「セクシー衣装」?

  10. ご本人様降臨!『バイオハザード ヴィレッジ』巨大貴婦人「ドミトレスク」のモデル本人がコスプレ披露

アクセスランキングをもっと見る

page top