2018年アジア競技大会の公式公開競技「e-Sports」に『LoL』『ハースストーン』などが選出 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2018年アジア競技大会の公式公開競技「e-Sports」に『LoL』『ハースストーン』などが選出

アジアオリンピック評議会(OCA)が主催するアジア版オリンピック「アジア競技大会」。インドネシア・ジャカルタで行われる「2018年アジア競技大会」の公式公開競技「e-Sports」種目6タイトルがAsian eSports Federationより発表されました。

ゲーム文化 e-Sports
2018年アジア競技大会の公式公開競技「e-Sports」に『LoL』『ハースストーン』などが選出
  • 2018年アジア競技大会の公式公開競技「e-Sports」に『LoL』『ハースストーン』などが選出
  • 2018年アジア競技大会の公式公開競技「e-Sports」に『LoL』『ハースストーン』などが選出

アジアオリンピック評議会(OCA)が主催するアジア版オリンピック「アジア競技大会」。インドネシア・ジャカルタで行われる「2018年アジア競技大会」の公式公開競技「e-Sports」種目6タイトルがAsian eSports Federationより発表されました。

今回選出されたのは国内外で人気のある『リーグ・オブ・レジェンド』や『ハースストーン』などといったタイトル。チーム種目と個人種目で採用されるタイトルは異なっているようです。採用タイトルは以下の通り。

チームイベント
『リーグ・オブ・レジェンド』:Multiplayer Online Battle Arena (MOBA)
『ウイニングイレブン 2018』:スポーツ
『Arena of Valor』:モバイル

個人イベント
『StarCraft II: Legacy of the Void』:リアルタイムストラテジー(RTS)
『ハースストーン』:カード
『クラッシュ・ロワイヤル』:モバイル

参加登録は5月10日から5月31日まで受け付け中で、6月10日から6月20日までは、東アジア、南アジア、中央アジア、西アジア、東南アジアの5地域に分かれた地域予選大会が実施予定。本選は、8月18日から9月1日までで、地域予選を勝ちぬいたプレイヤーと開催国代表のプレイヤーが優勝を目指します(タイトルによって出場選手数が異なる)。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ポケモン シールド』「色違いウールー」をゲットできなかったストリーマー、視聴者に5,000ドル相当のサブスクを贈呈

    『ポケモン シールド』「色違いウールー」をゲットできなかったストリーマー、視聴者に5,000ドル相当のサブスクを贈呈

  2. ストリーミングTVデバイス「Roku」が『ポケモン ソード・シールド』と干渉する不具合を修正―利用ポートなどが偶然の一致

    ストリーミングTVデバイス「Roku」が『ポケモン ソード・シールド』と干渉する不具合を修正―利用ポートなどが偶然の一致

  3. MMO『EverQuest』デザイナーのBrad McQuaid氏が逝去

    MMO『EverQuest』デザイナーのBrad McQuaid氏が逝去

  4. 名前を知れば愛着も湧く?小島秀夫監督が『デススト』BTの名称を明かす

  5. e-Sports選手、他のプロスポーツと同レベルのストレスを受けることが明らかに

  6. VHSスタイル短編ホラー『No Players Online』配信! 誰もいないレトロFPSサーバーで…

  7. 『LoL』国内公式リーグ「LJL」の参加チーム公募が開始―資本金5000万、売上25億が要件に含まれる

  8. 『Age of Empires IV』はマイクロトランザクション非搭載―クリエイティブディレクターが語る

  9. GMOペパボ、2020年度のe-Sports支援チーム・選手・ストリーマーを募集

  10. オーディオドラマ「Assassin's Creed: Gold」海外で2020年2月配信、主演は「ヴェノム」ライオット役のリズ・アーメッド

アクセスランキングをもっと見る

page top