『Paladins Strike』スプラッシュアートに『オーバーウォッチ』の画像を使用? 海外ユーザーが指摘 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Paladins Strike』スプラッシュアートに『オーバーウォッチ』の画像を使用? 海外ユーザーが指摘

ヒーローシューター『Paladins』のモバイル版として開発されたMOBAゲーム『Paladins Strike』ですが、本作のスプラッシュアートに『オーバーウォッチ』の画像が使用されていることが海外ユーザーによって発見されました。

ニュース ゲーム業界
『Paladins Strike』スプラッシュアートに『オーバーウォッチ』の画像を使用? 海外ユーザーが指摘
  • 『Paladins Strike』スプラッシュアートに『オーバーウォッチ』の画像を使用? 海外ユーザーが指摘
  • 『Paladins Strike』スプラッシュアートに『オーバーウォッチ』の画像を使用? 海外ユーザーが指摘
『Paladins Strike』トレイラー

ヒーローシューター『Paladins』のモバイル版として、Hi-Rez Studiosと中国のデベロッパーGoblin Networkとの協力で開発されたMOBAゲーム『Paladins Strike』ですが、本作のスプラッシュアートに『オーバーウォッチ』の画像が使用されていることが海外ユーザーによって発見されました。LEXの新スキン“Covert Ops”を紹介するスプラッシュアートの背景画像が、『オーバーウォッチ』に登場するLijiang Towerマップの画像と一致したそうです。


スプラッシュアートでは多少ぼかしが加えられているものの、確かに同じ画像であると判断できます。この件に関してHi-Rez StudiosのThunder Brush氏は下記のようにコメントし、スプラッシュアートをよりユニークにするとともにコンテンツ制作をより良くコントロールできるよう、少しずつ見直していくと伝えています。

「まず、これを指摘してくれたことに感謝します。このアートは海外のパートナースタジオが制作したもので、Hi-Rez内部の人間がコンテンツ制作を監督する方法があまりありませんでした。私たちはすぐに調査を開始します」

ログイン画面が『Heroes of the Storm』に似ているとの指摘も

どんな経緯であれ他のゲームの画像を使用するのはユーザーの信用を失います。今回はよりによって似てる似てないの論争となった『オーバーウォッチ』からということで、Hi-Rezは非常にバツが悪いのではないでしょうか。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 任天堂、2019年3月期決算も好調に推移─『スマブラSP』1,381万本などハード・ソフト共に順調、当期のミリオンセラーは16本

    任天堂、2019年3月期決算も好調に推移─『スマブラSP』1,381万本などハード・ソフト共に順調、当期のミリオンセラーは16本

  2. SFマルチプレイヤーVRシューター新作『Space Ops VR』発表!

    SFマルチプレイヤーVRシューター新作『Space Ops VR』発表!

  3. 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

    『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

  4. 未発表の『コール オブ デューティ』最新作をアメフト選手がプライベートイベントで先行プレイ

  5. Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

  6. スターリンと火星人が戦う『Stalin vs. Martians 4』発表! あの迷作が可愛くなって復活

  7. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  8. PC『PuyoPuyo Champions/ぷよぷよeスポーツ』日本での正式リリースが決定!価格は1,100円

  9. 『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

  10. 『Call of Duty』2019年新作は“キャンペーンモード”復活―新たなファンにもアピールするものに

アクセスランキングをもっと見る

1
page top