ディストピアアクションADV『We Happy Few』がオーストラリア審査機関で分類拒否、発禁か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ディストピアアクションADV『We Happy Few』がオーストラリア審査機関で分類拒否、発禁か

オーストラリアにて販売されるゲームのレーティングを行う、オーストラリア等級審査委員会は、Compulsion Games開発のディストピアアクションアドベンチャー『We Happy Few』に対し、分類を拒否したことを明らかにしています。

家庭用ゲーム PS4
ディストピアアクションADV『We Happy Few』がオーストラリア審査機関で分類拒否、発禁か
  • ディストピアアクションADV『We Happy Few』がオーストラリア審査機関で分類拒否、発禁か
オーストラリアにて販売されるゲームのレーティングを行う、オーストラリア等級審査委員会は、Compulsion Games開発のディストピアアクションアドベンチャー『We Happy Few』に対し、分類を拒否したことを明らかにしています。

同作は、特殊薬物“ジョイ”の服用が義務付けられた住民が常時笑顔を浮かべるようになった、レトロフューチャー都市を舞台とするオープンワールドアクションアドベンチャー。プレイヤーは“ジョイ”の服用をしていない数少ない市民の一人となって、住人たちにその事実(薬を服用していないこと)を隠し通しながら都市からの脱出を図ることになります。

今回オーストラリア等級審査委員会は、分類拒否の原因として、性的表現、薬物の乱用や常習表現、犯罪や暴行、残虐行為などが許容範囲を超えている旨を掲示。問題となった具体的な表現内容については明らかになっていませんが、同作の設定の根幹である“ジョイ”の服用に関連する可能性が想起される形です。

オーストラリア等級審査委員会の分類拒否は、輸入などにも影響する実質上の発禁処置。設定からも分かる通り、本作においては薬物利用は批判的に扱われているため、オーストラリアのファンはこの部分が原因ではないことを祈りたいところではないでしょうか。

開発のCompulsion Gamesは、この分類拒否に対し声明を発表。同作が“ジョイ”を強制する社会に対する戦いを描いたもので、その点においては「すばらしい新世界」、「未来世紀ブラジル」と同様の文脈を持つ作品であると説明。今後、オーストラリア等級審査委員会との会話を継続、発売の可能性について探ると共に、それが難しい場合には、影響を受けるユーザーに対し、払い戻しを実施するとしました。

『We Happy Few』はSteam/海外PS4/Xbox Oneにて2018年夏、正式発売予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  2. 超能力シューター『CONTROL』フォトモードが現地時間10月16日に追加―カメラ操作やフィルター処理も可能

    超能力シューター『CONTROL』フォトモードが現地時間10月16日に追加―カメラ操作やフィルター処理も可能

  3. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

    【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  4. 『オーバーウォッチ』「ハロウィン・テラー2019」開幕―「ジャンケンシュタインの復讐」、ウィークリー・チャレンジも

  5. 『ポケモン ソード・シールド』10月16日22時より最新情報が公開!23時からはゲームフリーク30周年記念生放送も

  6. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信!各ハンター調整なども

  7. PS4版『Destiny 2』が基本無料に!『Destiny 2 「新たな光」』として10月2日から再登場

  8. PS4『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』ゲーム序盤や魔法要素などの新情報が到着!

  9. 『ボーダーランズ3』公式スキルシミュレーター国内公開!主人公4人のスキルが明らかに

  10. 『オーバーウォッチ』スイッチ版開始はまもなく!日本は10月16日午前3時より

アクセスランキングをもっと見る

page top