ローラースケート+ガンアクション! 現在開発中の注目インディー作品 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ローラースケート+ガンアクション! 現在開発中の注目インディー作品

フィンランドのインディー開発者Paul氏がTwitterで公開した新作ゲームのテスト映像が注目を集めています。

ゲーム文化 インディーゲーム
ローラースケート+ガンアクション! 現在開発中の注目インディー作品
  • ローラースケート+ガンアクション! 現在開発中の注目インディー作品

フィンランドのインディー開発者Paul氏がTwitterで公開した新作ゲームのテスト映像が注目を集めています。

本作は古い『Tony Hawk's』シリーズや新しい『DOOM』にインスパイアされたというスケートゲームで、テスト映像にはローラースケートを履いたキャラクターが空中トリックを繰り出したり、バレットタイム中にショットガンで敵を仕留める様子が収められています。

まだ正式タイトルは発表されておらず完成予定も不明ですが、コンセプトの面白さや挙動の滑らかさには多くの方が可能性を感じるのではないでしょうか。Paul氏も反響に驚いており、今後は開発状況を毎週報告していくと伝えています。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

    ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  2. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  3. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  4. 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

  5. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  6. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  9. ボイチャ必須の南極Co-opパズルADV『We Were Here Together』配信開始!

  10. 『フォートナイト』プロプレイヤー協会が発足―2019世界王者含む北米・欧州の計16選手で構成

アクセスランキングをもっと見る

page top