『PUBG』新たなアイテム販売システム“イベントパス”が予告!ルートボックス形式への反省は活きるか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PUBG』新たなアイテム販売システム“イベントパス”が予告!ルートボックス形式への反省は活きるか

PUBG Corp.は、バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』PC版において、新マップ“Sanhok”導入と同時に開始となる、新たなアイテム販売方法“イベントパス”の登場を告知しています。

PC Windows
『PUBG』新たなアイテム販売システム“イベントパス”が予告!ルートボックス形式への反省は活きるか
  • 『PUBG』新たなアイテム販売システム“イベントパス”が予告!ルートボックス形式への反省は活きるか
  • 『PUBG』新たなアイテム販売システム“イベントパス”が予告!ルートボックス形式への反省は活きるか
PUBG Corp.は、バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』PC版において、新マップ“Sanhok”導入と同時に開始となるアイテム販売方法“イベントパス”を告知しています。

“イベントパス”はキー+クレート形式と並行して提供され、有料パスとゲーム内のミッションシステムで構成されます。パスを購入し、ミッションをクリアしてパスをレベルアップさせることで、永久にアイテムが手に入るとのことです。パスを購入していない場合でも、アイテムの一時的なアンロックが可能であり、1つの特別アイテムについては永久に保持できます。なお、パスは期間中であれば、いつ購入してもそれまでのミッションのクリア状態が適応されます。

PUBG Corp.は、これまでの形式のルートボックスは「アイテム取引を通じて、主なゲーム体験の外側で楽しいシステムを提供すること」を目的としていたものの、仕組み上レアアイテムを本当に“レア”にせざるを得なく、多くのユーザーが金銭を投資しても望むものを手に入れ難かったと述べています。

“Sanhok”導入にあわせて始まる最初の“イベントパス”は4週間にわたって開催予定で、デイリーミッション、ウィークリーミッション、“Sanhok”専用のミッションが用意されます。期間中にいずれかのミッションをクリアすると、『PUBG』のプレイヤー名無料変更権が1回分無料で入手可能。なお、“イベントパス”の報酬アイテムはトレードや販売に対応していません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』週末フリープレイ開催!期間限定70%オフセールも

    『レインボーシックス シージ』週末フリープレイ開催!期間限定70%オフセールも

  2. 『DOOM Eternal』20年3月26日に国内発売!北米版からの表現変更は一切なし

    『DOOM Eternal』20年3月26日に国内発売!北米版からの表現変更は一切なし

  3. ゾンビサバイバル『State of Decay 2』Steamストアページ公開!

    ゾンビサバイバル『State of Decay 2』Steamストアページ公開!

  4. 『三國志14』ゲームシステムをまとめたPV第2弾公開―天下統一を目指す登場武将は総勢1,000名以上!

  5. Epic Gamesストアにてストラテジー『Bad North』期間限定無料配信が開始―次回は『Rayman Legends』

  6. “シンセパンク”ローグライクACT『Black Future'88』配信開始!

  7. 『CoD:MW』次の大型アップデートを示唆―パッチノートは2ページ強

  8. 『ボーダーランズ3』PS4/XB1向けフリープレイ・ウィークエンドが近日実施!全機種対象の特別セールも

  9. オープンワールドACT『This Land Is My Land』早期アクセス開始―広大な西部開拓時代アメリカで生き残るため戦う

  10. 今後のSteam大型セールの実施日を非公式データベースサイトが報告―ハロウィンセールは近日開催か

アクセスランキングをもっと見る

page top