『PUBG』新たなアイテム販売システム“イベントパス”が予告!ルートボックス形式への反省は活きるか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PUBG』新たなアイテム販売システム“イベントパス”が予告!ルートボックス形式への反省は活きるか

PUBG Corp.は、バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』PC版において、新マップ“Sanhok”導入と同時に開始となる、新たなアイテム販売方法“イベントパス”の登場を告知しています。

PC Windows
『PUBG』新たなアイテム販売システム“イベントパス”が予告!ルートボックス形式への反省は活きるか
  • 『PUBG』新たなアイテム販売システム“イベントパス”が予告!ルートボックス形式への反省は活きるか
  • 『PUBG』新たなアイテム販売システム“イベントパス”が予告!ルートボックス形式への反省は活きるか
PUBG Corp.は、バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』PC版において、新マップ“Sanhok”導入と同時に開始となるアイテム販売方法“イベントパス”を告知しています。

“イベントパス”はキー+クレート形式と並行して提供され、有料パスとゲーム内のミッションシステムで構成されます。パスを購入し、ミッションをクリアしてパスをレベルアップさせることで、永久にアイテムが手に入るとのことです。パスを購入していない場合でも、アイテムの一時的なアンロックが可能であり、1つの特別アイテムについては永久に保持できます。なお、パスは期間中であれば、いつ購入してもそれまでのミッションのクリア状態が適応されます。

PUBG Corp.は、これまでの形式のルートボックスは「アイテム取引を通じて、主なゲーム体験の外側で楽しいシステムを提供すること」を目的としていたものの、仕組み上レアアイテムを本当に“レア”にせざるを得なく、多くのユーザーが金銭を投資しても望むものを手に入れ難かったと述べています。

“Sanhok”導入にあわせて始まる最初の“イベントパス”は4週間にわたって開催予定で、デイリーミッション、ウィークリーミッション、“Sanhok”専用のミッションが用意されます。期間中にいずれかのミッションをクリアすると、『PUBG』のプレイヤー名無料変更権が1回分無料で入手可能。なお、“イベントパス”の報酬アイテムはトレードや販売に対応していません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. セミファンタジー中世RTS『BANNERMEN』Steamで発売!ユニット操作に重点が置かれた戦闘要素がキモ

    セミファンタジー中世RTS『BANNERMEN』Steamで発売!ユニット操作に重点が置かれた戦闘要素がキモ

  2. 週末セール情報ひとまとめ『Shadow of the Tomb Raider』『Just Cause 4』『ゴーストリコン ワイルドランズ』他

    週末セール情報ひとまとめ『Shadow of the Tomb Raider』『Just Cause 4』『ゴーストリコン ワイルドランズ』他

  3. 『Apex Legends』で『オーバーウォッチ』元プロが36ソロキルの世界記録を樹立

    『Apex Legends』で『オーバーウォッチ』元プロが36ソロキルの世界記録を樹立

  4. Epic Gamesストアにて高評価ミステリーADV『Thimbleweed Park』が期間限定無料配布!

  5. 見下ろし型SF協力シューター『Trident's Wake』早期アクセス開始!人類最後のコロニー上で種の滅亡に抗う

  6. シューター初心者に捧ぐ!「エイム力を磨けるPC用FPS&練習ソフト」4本を徹底比較

  7. 老舗宇宙MMO『EVE Online』たった1人の裏切りで大規模同盟が瓦解寸前に、同盟リーダーは永久BAN

  8. 日本を舞台に戦車がバンバン!『Tokyo Warfare Turbo』基本無料でSteam早期アクセス開始

  9. 日本舞台の侍2Dアクション『The Path To Die』発売日決定―右スティックがそのまま刀の振り方に

  10. 『P.T.』の影響受けた新作サイコホラー『Visage』の早期アクセスが開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top