e-Sports大会「RAGEシャドウバースプロリーグ」に日本テレビ傘下の「AXIZ」が参入! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

e-Sports大会「RAGEシャドウバースプロリーグ」に日本テレビ傘下の「AXIZ」が参入!

CyberZ/エイベックス・エンタテインメントは、両社が共催・運営するe-Sports大会「RAGEシャドウバースプロリーグ」に、日本テレビ傘下のe-Sportsチーム「AXIZ」が参入決定と発表しました。

ゲーム文化 e-Sports
e-Sports大会「RAGEシャドウバースプロリーグ」に日本テレビ傘下の「AXIZ」が参入!
  • e-Sports大会「RAGEシャドウバースプロリーグ」に日本テレビ傘下の「AXIZ」が参入!

CyberZ/エイベックス・エンタテインメントは、両社が共催・運営するe-Sports大会「RAGEシャドウバースプロリーグ」に、日本テレビ傘下のe-Sportsチーム「AXIZ」が参入決定と発表しました。

「新しいスポーツエンターテイメントの創出」を目的に、CyberZとエイベックス・エンタテインメントが協業して運営するe-Sportsリーグ「RAGE」。本大会において、本格スマホカードバトル『シャドウバース』にて競われる「シャドウバースプロリーグ」に、日本テレビ傘下の「AXIZ」が参入決定、7月7日に予定される「新チーム説明会」にて選手の募集が開始されます。

◆「RAGEシャドウバースプロリーグ」に日本テレビ傘下「AXIZ」が参入!


「RAGEシャドウバースプロリーグ」では企業がスポンサー・運営するプロチーム(※)に所属する3人1組のチーム戦で実施します。また、選手の一般公募実施やリーグに参戦する選手の最低収入(給与)保障を行うといった、これまでにない新しいプロリーグとして2018年5月より開幕しています。

そのセカンドシーズンより、RAGEシャドウバースプロリーグには6つのプロe-Sportsチーム「au デトネーション」「名古屋OJA ベビースター」「レバンガ☆SAPPORO」「よしもとLibalent」「AXIZ」が所属することとなります。残りの1チームについては、7月1日放送予定の「RAGEシャドウバースプロリーグ」第7節の中で発表予定です。

各試合は、国内最大級のe-Sportsスタジオ「OPENREC STUDIO」で実施し、「AbemaTV」のウルトラゲームスチャンネルならびにOPENREC.tvで毎週完全生放送。どなたでも観戦することができます。

※au、おやつカンパニー、サッポロビール、吉本興業は参入チームのオフィシャルパートナーです。日本テレビ傘下のアックスエンターテインメントが、「AXIZ」を運営します。

■「RAGEシャドウバースプロリーグ」開催概要


●所属プロチーム
au デトネーション、名古屋OJA ベビースター、レバンガ☆SAPPORO、よしもとLibalent、AXIZ

●放送チャンネル
AbemaTV、OPENREC.tv

●プレサイト
https://rage-esports.jp/league/

7月7日にプロプレイヤーを希望する選手を対象にした、新チーム説明会を行います。今後の選考スケジュールや、各チームの募集要項などを説明する場となります。チーム関係者と直接お話しができる唯一の機会となりますので、リーグ参加を希望される方は奮ってご応募ください。

■「RAGEシャドウバースプロリーグ」新チーム説明会


●開催日
2018年7月7日(土)

●会場
渋谷エクセルホテル東急

●募集期間
2018年6月24日(日)17:00~2018年7月4日(水)23:59

●結果発表
2018年7月5日(木)00:00~2018年7月6日(金)23:59

●参加方法
「RAGEシャドウバースプロリーグ」プレサイト内、説明会応募フォームよりお申込みください。

■チーム「AXIZ」からのコメント


私たちはe-Sportsチーム「AXIZ(アクシズ)」として、「RAGEシャドウバースプロリーグ」に参入いたします。AXIZは「軸」という意味の英単語をアレンジしており、e-Sportsシーンにおいて軸・中心的な存在でありたいという願いを込めて名付けました。

また、チームロゴは天高くのびる牙を持つ動物「イッカク」をモチーフに、力強く頂点を目指すイメージを持たせています。私たちはメディア企業として、国内外で多くの方を熱狂させるこのシーンの魅力と熱さを伝える役割を担っていると考えています。共に競い合う5チームと共に切磋琢磨し、観客の皆様に楽しんで頂けるよう邁進してまいりますので、ご声援どうぞよろしくお願いいたします。

(C) CyberAgent, Inc. / (C) CyberZ, Inc. / (C) Cygames, Inc./ (C) avex entertainment Inc.
《Ten-Four》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

    『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

  2. 『マジック・ザ・ギャザリング』の生みの親も参加するデッキ構築型ローグライク『Roguebook』Steam配信開始!

    『マジック・ザ・ギャザリング』の生みの親も参加するデッキ構築型ローグライク『Roguebook』Steam配信開始!

  3. アーケードゲームを詰め込んだタイトー「EGRETII mini」収録タイトル追加発表―『奇々怪界』『影の伝説』など10ゲーム

    アーケードゲームを詰め込んだタイトー「EGRETII mini」収録タイトル追加発表―『奇々怪界』『影の伝説』など10ゲーム

  4. 『Apex Legends』レヴナントトレイラーの「髭剃りシーン」を再現できる6インチアクションフィギュアが予約開始

  5. E3で最も注目された期待の作品は?「E3 2021 Awards」受賞作品リスト

  6. もしもロンドンに核兵器が落ちたら?『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」が発表

  7. 『エルシャダイ』の名シーン、実はフリー素材化されていた!使用例として“1番いい使い方”なども紹介

  8. 街をパトロールして犯罪を取り締まる警察シム『Police Simulator』早期アクセス開始!

  9. 『モータルコンバット』長編アニメ続編「Mortal Kombat Legends: Battle of the Realms」今夏公開!

  10. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

アクセスランキングをもっと見る

page top