盛り上がりがマジで半端じゃない「オーバーウォッチ リーグ」決勝現地レポ!e-Sports史上最大リーグの王者が誕生 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

盛り上がりがマジで半端じゃない「オーバーウォッチ リーグ」決勝現地レポ!e-Sports史上最大リーグの王者が誕生

7月27日から28日にわたって行われた「オーバーウォッチ リーグ」最終決勝戦の様子を現地ニューヨークシティからお届けします。

ゲーム文化 e-Sports
盛り上がりがマジで半端じゃない「オーバーウォッチ リーグ」決勝現地レポ!e-Sports史上最大リーグの王者が誕生
  • 盛り上がりがマジで半端じゃない「オーバーウォッチ リーグ」決勝現地レポ!e-Sports史上最大リーグの王者が誕生
  • 盛り上がりがマジで半端じゃない「オーバーウォッチ リーグ」決勝現地レポ!e-Sports史上最大リーグの王者が誕生
  • 盛り上がりがマジで半端じゃない「オーバーウォッチ リーグ」決勝現地レポ!e-Sports史上最大リーグの王者が誕生
  • 盛り上がりがマジで半端じゃない「オーバーウォッチ リーグ」決勝現地レポ!e-Sports史上最大リーグの王者が誕生
  • 盛り上がりがマジで半端じゃない「オーバーウォッチ リーグ」決勝現地レポ!e-Sports史上最大リーグの王者が誕生
  • 盛り上がりがマジで半端じゃない「オーバーウォッチ リーグ」決勝現地レポ!e-Sports史上最大リーグの王者が誕生
  • 盛り上がりがマジで半端じゃない「オーバーウォッチ リーグ」決勝現地レポ!e-Sports史上最大リーグの王者が誕生
  • 盛り上がりがマジで半端じゃない「オーバーウォッチ リーグ」決勝現地レポ!e-Sports史上最大リーグの王者が誕生
7月27日から28日にわたって行われた「オーバーウォッチ リーグ」最終決勝戦。Blizzard Entertainmentの大ヒット作『オーバーウォッチ』のプロリーグ初シーズンがこの試合で幕を下ろし、12チームの中から実に20週間を戦い抜いてきた「London Spitfire」と「Philadelphia Fusion」がチャンピオンの座と100万ドルを賭けてぶつかり合いました。

その舞台となったのは、アメリカ最大の都市、ニューヨークシティに位置するバスケットボールスタジアム「Barclays Center」。試合は、1万1,000人以上の観客とネット配信の視聴者だけでなく、アメリカの王道スポーツテレビチャンネルとも言うべきESPNでも放送されました。

この歴史に残るイベントの様子を見届けるため、編集部は現地に飛び、取材を敢行してきました。(※試合の模様は公式サイトより視聴できます)

これがBarclays Center。NBAチーム「Brooklyn Nets」の本拠地

周りが『オーバーウォッチ』だらけ!

会場の中に入ると、いつもはNBA一色なスタジアムが、すべてe-Sports仕様になっていました。中には、ファンの気合を引き出すような、色々なものも用意されており、バリエーションが豊富でした。

両チームのグッズ売り場。

試合中に掲げるサイン(看板)作り

ほかにはフェイスペイントも。それ以外にも様々なものがありましたが、何も用意していなかったファンも、皆、一様に気合を入れていました





いざ、ステージに入ると、さらに衝撃。とにかく人がいっぱい!1戦目の前であっても、空いている席が非常に少なく、上部の方にわずかほど残っているだけでした。スゴイ。



ちなみに、ニューヨークから割と近いからかもしれませんが、観客の大半はPhiladelphia Fusionを応援していたように感じます。彼らの入場やファインプレーが起こった際には、筆者の耳にダメージを与えかねないほどの歓声が上がっていました。

しかし、London Spitfireのファンもたくさんおり、こちらも負けじと応援していました。それから、観客は入場時にもらったとみられる同じブレスレットをしていて、状況によって、そのブレスレットが色を変えながらライトアップ。会場を包み込むような光には、非常に強いインパクトを感じました。


1戦目の時点で人がいっぱいでしたが、2戦目は文字通りの満員。大盛り上がりとなっています。


試合の前には、ヒップホップアーティストのDJキャレド(DJ Khaled)のパフォーマンスがありましたが……この非常に熱い2日間に改善する余地あるとしたら、このパフォーマンスがそうだと言えるでしょう。もちろん、楽しく踊っていたファンも確かにいましたが、実際、観客のほとんどは興味がなかったような印象が強く、試合中の熱気とは全く違っていました。


とまあ、そんなこともありましたが、試合が始まると、London SpitfireとPhiladelphia Fusionのファンが一所懸命応援し、両チームも死力を尽くしながら戦います。




試合と試合の間には、ファラの英語版声優を務めるJen Cohn氏も登場。短いながらもインタビューを受け、ファンに熱く歓迎されました。


「Philadelphia Fusion」が1番目/2番目のマップを落としてしまったあと、3番目のマップでは、非常にいい戦いを披露しましたが、「London Spitfire」の巧みな連携とタンクのコントロールに抵抗することができず……。プレイオフに入った時点では5位だった「London Spitfire」が、「オーバーウォッチ リーグ」最初のチャンピオンとなりました。





ちなみに右のGesture選手、2016年5月から2017年1月まで、日本の『リーグ・オブ・レジェンド』プロリーグ、LJLに「Corn」として出場していました。試合後、日本のファンへのメッセージを求めたところ、「LJLは僕にとって非常にいい経験でした。いい思い出ばかりで、日本を離れるのが悲しかったです。」とのコメントをいただきました!


以上で、熱く、長かった「オーバーウォッチ リーグ」シーズン1が幕を下ろしました。今までとはスケールが違うほどの期待と資金を背負った「オーバーウォッチ リーグ」ですが、このイベントだけ見てみても、それに値するだけの答えがあったように思えます。

次のシーズンには、チームの数もゲーム内のヒーロー数も増え、トーナメントがさらに熱くなることでしょう。同時に、『オーバーウォッチ』というタイトルそのものの将来に期待できると、筆者は感じました。

次ページ:会場の熱気はマジでスゴイ!e-Sports本場で撮ったフォトギャラリー
《Cameron Gilbert》

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 66歳のゲーマーお爺ちゃんが『Apex Legends』でノースコープ3連続キルの華麗プレイ!

    66歳のゲーマーお爺ちゃんが『Apex Legends』でノースコープ3連続キルの華麗プレイ!

  2. 海外デザイナーが『Apex Legends』に登場するレジェンド仕様のナイキシューズ案を公開

    海外デザイナーが『Apex Legends』に登場するレジェンド仕様のナイキシューズ案を公開

  3. 『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い

    『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い

  4. 『モータルコンバット』科学検証番組の第1弾が公開! サブゼロのフェイタリティに挑戦

  5. 『ショベルナイト』残り2つの拡張DLCの配信が延期に―パッケージ版やamiiboパックも

  6. 『Mount & Blade: Warband』オープンワールド化Mod「Explorer!」アルファ版が公開!

  7. オリジナル版の雰囲気を再現する『バイオハザード RE:2』UI変更Modが登場!

  8. 『フォートナイト』銃玩具「ナーフ」ラインナップが発表、海外予約開始!

  9. TRPG版『ウィッチャー』の無料バージョン「Easy Mode」発表、現地時間6月15日リリース

  10. 74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

アクセスランキングをもっと見る

page top