『Fallout 76』QuakeCon 2018で明かされた新情報ひとまとめーキャラ作成に成長システム、PvP要素など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』QuakeCon 2018で明かされた新情報ひとまとめーキャラ作成に成長システム、PvP要素など

Bethesda Softworksは、QuakeCon 2018を通して『Fallout 76』の新たなトレイラー映像を発表しました。

家庭用ゲーム PS4
『Fallout 76』QuakeCon 2018で明かされた新情報ひとまとめーキャラ作成に成長システム、PvP要素など
  • 『Fallout 76』QuakeCon 2018で明かされた新情報ひとまとめーキャラ作成に成長システム、PvP要素など
  • 『Fallout 76』QuakeCon 2018で明かされた新情報ひとまとめーキャラ作成に成長システム、PvP要素など
Bethesda Softworksは、QuakeCon 2018を通して『Fallout 76』のキャラクタークリエイションや成長システム、PvPの詳細を発表しました。本稿では、イベント内のQ&Aセッションで述べられた内容をひとまとめにしてお伝えします。

キャラクタークリエイション


今作のキャラクタークリエイションは『Fallout 4』をベースにして更に改善を施したもの。再設定も可能で、プレイヤーは自身のキャラの肌の色や髪型、性別を変更できます。また、カスタムフィルターやポーズ調整、ロケーション変更などができるプレイヤーフォトモードも搭載し、自身のアイコン(バッジ)となる写真を撮影できます。

「S.P.E.C.I.A.L.」



今作のレベルアップはステータス増加のみにとどまらず、「カードパック」という恩恵も得られます。今作ではゲーム内で獲得できるカードを装備することで、「S.P.E.C.I.A.L.」の特殊効果を発揮することが可能。レベルが2つ上昇するごとに「カードパック」を獲得でき、開封すると「Strength」や「Perception」「Endurance」といった各Perkのカードをゲットできます(なぜか板ガムが出現することも……)。それぞれのカードには、プレイヤーの方向性を際立たせるような特殊効果が備わっています。

今作のプレイヤーキャラクターの最大レベル値は「50」ですが、その後も無制限にレベルアップが可能。レベルアップに伴うステータス増加は「50」の時点で打ち止めですが、カードの入手は永続的にできるようです。ちなみに、カードはいつでも自由に付け替え可能であることも明らかになっています。

PvP要素


『Fallout 76』では他のプレイヤーキャラクターに攻撃しても微々たるダメージしか与えられないとのことですが、相手が反撃を起こした際に「プレイヤー対プレイヤー」の戦闘が始まるシステムなのだそう。死亡したプレイヤーのペナルティは「ジャンク」を落としてしまうのみで、パワーアーマーや武器はそのままの状態であるようです。また、反撃しないプレイヤーを殺害した場合は「犯罪者」扱いとなり、賞金首になるということです。

PvPで負けたプレイヤーは、「復讐」システムを利用した敵との再戦で勝利を収めることで、通常の2倍の報酬を獲得可能。PvPはレベル5までアンロックされず、完全に「PvP要素をブロックする」ことも選択できます。



『Fallout 76』はPS4/Xbox One/PCを対象に、11月14日より発売予定。10月には海外向けベータテストも始動します。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. リズムローグライク『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』発表!

    リズムローグライク『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』発表!

  2. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』脳汁ドバドバ!めっちゃ気持ちいい瞬間5選

    『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』脳汁ドバドバ!めっちゃ気持ちいい瞬間5選

  3. PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

    PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

  4. 『Anthem』今後の展開が予告―"天変地異"に向けワールドイベント、ストーリーなどを開発中

  5. 「Nindies Showcase Spring 2019」で北米スイッチ向けインディータイトルが多数披露!

  6. 『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

  7. 沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

  8. 『Gears of War 4』年内発売予定の新作『5』で使用可能なスキンとキャラが報酬のイベントを開催!

  9. 『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

  10. 『ドラゴンボール ゼノバース 2』無料で楽しめるLite版がPS4向けに登場!―製品版とのマッチングやデータ引継ぎも可能

アクセスランキングをもっと見る

1
page top