有名DRM“Denuvo”がアンチチート機能に参入―e-Sports業界団体への加入も【gamescom 2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

有名DRM“Denuvo”がアンチチート機能に参入―e-Sports業界団体への加入も【gamescom 2018】

近年、有名大手タイトルを中心に利用されているDRM“Denuvo”。開発のDenuvo社の親会社であるIrdetoは、「gamescom 2018」にあわせ、Denuvoがアンチチートへと本格参入することを明らかにしました。

ニュース ゲーム業界
有名DRM“Denuvo”がアンチチート機能に参入―e-Sports業界団体への加入も【gamescom 2018】
  • 有名DRM“Denuvo”がアンチチート機能に参入―e-Sports業界団体への加入も【gamescom 2018】

近年、有名大手タイトルを中心に利用されているDRM“Denuvo”。開発のDenuvo社の親会社であるIrdetoは、「gamescom 2018」にあわせ、Denuvoがアンチチートへと本格参入することを明らかにしました。

これはe-Sportsのチート調査や対応を行う業界団体「Esports Integrity Coalition」へDenuvoが加入することを示すニュースにて言及されたもの。具体的なDenuvo製アンチチートシステムの稼働時期や搭載タイトルは明らかにされていません。しかしながら、エンドツーエンドのソリューションとしてまもなく稼働開始するというその内容は、マルチプレイヤーゲームにおいて、ハッカーがデータやコードの操作を行って不正な優位を得たり、ゲーム内のマイクロトランザクションを回避したりすることを防止するものとなるようです。

「Esports Integrity Coalition」においてIrdetoが実施した調査によれば、英国とドイツのゲーマーの過半数がチートによりネガティブな体験を持っているとのこと。また、中国、ドイツ、日本、韓国、英国、米国の成人ゲーマー約9,400名を対象に行った別の調査では、英国・ドイツ共に7割前後のゲーマーがチートによる不公平さを感じることがゲームのプレイを止める原因になるとの回答を行っています。

近年人気の高いバトルロイヤルタイトルなどでは特に影響の強いチート問題。DRMとして一定の評価を得ているDenuvoの参入は果たして福音になるのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

    『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

  2. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

    『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

  3. 『ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン』7月発売決定!スイッチに加えPS4でも

    『ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン』7月発売決定!スイッチに加えPS4でも

  4. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  5. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

  6. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  7. サバイバルACT『LEFT ALIVE』シューティングライクに楽しめる新難易度「CASUAL」 追加

  8. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  9. 『Apex Legends』1.1.1アプデ配信ージブラルタル/コースティックにダメージ軽減パッシブ追加、スナイパーライフル上方修正など

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

1
page top