幻のクロノシリーズ最新作『クロノ・ブレイク』のトレイラーを『Owlboy』開発者が独自制作! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

幻のクロノシリーズ最新作『クロノ・ブレイク』のトレイラーを『Owlboy』開発者が独自制作!

『クロノ・トリガー』『クロノ・クロス』に続く新作として計画されたものの、結局実現には至らなかった幻の『クロノ・ブレイク』ですが、高評価2Dアクション『Owlboy』の開発者Simon S. Andersen氏がトレイラーを独自制作してしまいました。

ゲーム文化 カルチャー
幻のクロノシリーズ最新作『クロノ・ブレイク』のトレイラーを『Owlboy』開発者が独自制作!
  • 幻のクロノシリーズ最新作『クロノ・ブレイク』のトレイラーを『Owlboy』開発者が独自制作!
  • 幻のクロノシリーズ最新作『クロノ・ブレイク』のトレイラーを『Owlboy』開発者が独自制作!
  • 幻のクロノシリーズ最新作『クロノ・ブレイク』のトレイラーを『Owlboy』開発者が独自制作!
  • 幻のクロノシリーズ最新作『クロノ・ブレイク』のトレイラーを『Owlboy』開発者が独自制作!
  • 幻のクロノシリーズ最新作『クロノ・ブレイク』のトレイラーを『Owlboy』開発者が独自制作!
  • 幻のクロノシリーズ最新作『クロノ・ブレイク』のトレイラーを『Owlboy』開発者が独自制作!

『クロノ・トリガー』『クロノ・クロス』に続く新作として計画されたものの、結局実現には至らなかった幻の『クロノ・ブレイク』ですが、高評価2Dアクション『Owlboy』の開発者Simon S. Andersen氏がトレイラーを独自制作してしまいました。構想1年、作業に2ヶ月を要したというこのトレイラーのクオリティは抜群で、Simon S. Andersen氏のスキルとゲームへの愛情が伝わってきます。






前述のように『クロノ・ブレイク』は開発されておらず、Simon S. Andersen氏もこのトレイラーが自身の楽しみのためだけに制作したものだと強調していますが、もし当時に実現していたらどのような作品となっていたのでしょうか。気になっているファンも多いことでしょう。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

    ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  2. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  3. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  4. 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

  5. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  6. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  9. ボイチャ必須の南極Co-opパズルADV『We Were Here Together』配信開始!

  10. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

アクセスランキングをもっと見る

page top