アクロバットに吠えろ!『Max Payne』風FPS『Maximum Action』早期アクセスが開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アクロバットに吠えろ!『Max Payne』風FPS『Maximum Action』早期アクセスが開始

George MandellによるアクロバットFPS『Maximum Action』の早期アクセス配信がSteamにて開始されました。

PC Windows
アクロバットに吠えろ!『Max Payne』風FPS『Maximum Action』早期アクセスが開始
  • アクロバットに吠えろ!『Max Payne』風FPS『Maximum Action』早期アクセスが開始
  • アクロバットに吠えろ!『Max Payne』風FPS『Maximum Action』早期アクセスが開始
  • アクロバットに吠えろ!『Max Payne』風FPS『Maximum Action』早期アクセスが開始
  • アクロバットに吠えろ!『Max Payne』風FPS『Maximum Action』早期アクセスが開始

George MandellによるアクロバットFPS『Maximum Action』の早期アクセス配信がSteamにて開始されました。

『Maximum Action』は、香港アクションにインスパイアされたアクロバティックなFPS。紹介動画でもわかるように、スライディングやキッキング、ダイブなどのアクションと、ペースの早いゲーム展開が特徴です。その他にも“バレット・タイム”や“あらゆる武器の二丁持ち”など様々な要素が組み合わせられています。



早期アクセスの期間は1年から2年を想定していますが、コミュニティの声を聞いて完全な開発をするとなるとさらに時間が必要だそう。フルバージョンでは、レベルや敵、カスタマイズの増加、Steamワークショップのサポートに加え、マルチプレイヤーも予定されているとのことで、今後への期待が高まります。



また、早期アクセス終了後には25%から35%の値上げも検討されているので、気になる方は早期アクセス版のうちにチェックしてみてはいかがでしょうか。

『Maximum Action』はPC向けにSteamにて早期アクセスを実施中、現在は1,520円で販売されています。開発者とコンタクトを取ることのできるDiscordサーバーも公開されており、参加すればデモ版も試すことができるようです。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ハードコアサバイバルシューター『Escape from Tarkov』に東京サーバー実装!

    ハードコアサバイバルシューター『Escape from Tarkov』に東京サーバー実装!

  2. レイトレーシング対応グラフィックボード「GeForce RTX 2060」が大幅値下げ!海外で50ドル引きの299ドルに

    レイトレーシング対応グラフィックボード「GeForce RTX 2060」が大幅値下げ!海外で50ドル引きの299ドルに

  3. 『マインクラフト』Java版購入者向けのWin 10版ギフトコードが補充―コード不足が解消

    『マインクラフト』Java版購入者向けのWin 10版ギフトコードが補充―コード不足が解消

  4. 『ESO』新シリーズは1000年前のスカイリム地方が舞台に―今後のコンテンツ展開も発表

  5. 『イースVIII』PC版にローカルCo-op実装やグラフィック強化含む大型アップデートが配信

  6. 『R6S』ADS時間増加やALDA 5.56のACOG削除などを実施するPC版テストサーバーのパッチノートが公開

  7. PC版『アライアンス・アライブ HDリマスター』配信開始―9人の主人公が織り成すやりこみ要素の高い群像劇

  8. 名作RPGシリーズ最新作『Baldur's Gate 3』2月末に新たな情報の公開を予告

  9. 変身する魔法少女が戦う『Star Girl Proxima』配信!エイリアンと戦う8-bitアクション

  10. 『フォートナイト』Ninjaの公式スキンが登場!1月17日朝から期間限定でリリース

アクセスランキングをもっと見る

page top