VRFPS『ライアン・マークス リベンジミッション』メディアセッションレポ―VRで華麗なガントリックを披露!?【TGS2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

VRFPS『ライアン・マークス リベンジミッション』メディアセッションレポ―VRで華麗なガントリックを披露!?【TGS2018】

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のPS VR向けFPS『ライアン・マークス リベンジミッション』。TGS 2018にて同作のメディアセッションが行われましたので、そのレポートをお届けします。

家庭用ゲーム PS4
VRFPS『ライアン・マークス リベンジミッション』メディアセッションレポ―VRで華麗なガントリックを披露!?【TGS2018】
  • VRFPS『ライアン・マークス リベンジミッション』メディアセッションレポ―VRで華麗なガントリックを披露!?【TGS2018】
  • VRFPS『ライアン・マークス リベンジミッション』メディアセッションレポ―VRで華麗なガントリックを披露!?【TGS2018】
  • VRFPS『ライアン・マークス リベンジミッション』メディアセッションレポ―VRで華麗なガントリックを披露!?【TGS2018】
  • VRFPS『ライアン・マークス リベンジミッション』メディアセッションレポ―VRで華麗なガントリックを披露!?【TGS2018】
  • VRFPS『ライアン・マークス リベンジミッション』メディアセッションレポ―VRで華麗なガントリックを披露!?【TGS2018】
  • VRFPS『ライアン・マークス リベンジミッション』メディアセッションレポ―VRで華麗なガントリックを披露!?【TGS2018】

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のPS VR向けFPS『ライアン・マークス リベンジミッション』。TGS 2018にて同作のメディアセッションが行われましたので、そのレポートをお届けします。

今回のセッションには、同作の開発を手がけるSIE London StudiosのQAマネージャーであるポール・マックギルブレー氏とデザインディレクターのイアン・ライト氏が登壇。マックギルブレー氏がデモの実演、ライト氏がプレゼンを務めました。

プレゼンを担当したイアン・ライト氏

まず、ライト氏はSIE London Studiosの過去作など、その来歴から簡単に説明。そして、過去作の中でも特に評価の高かった『PlayStation VR Worlds』に含まれる『London Heist』が、今回の『ライアン・マークス リベンジミッション』における源流になっていることを明かし、同作へと話題を繋げました。

そして、同氏はそこから『ライアン・マークス リベンジミッション』開発におけるインスピレーションについて解説。「クールなガンフーアクション」「息をのむアクション」「プレイヤーはどんな困難にも打ち勝つ」の3要素を重視していることを伝え、さらにシリアスになりすぎないよう適度なユーモアも忘れずに詰め込んでいると語りました。

また、同氏はその他にも同作の軸となっている魅力的な要素についても説明し、こちらは「プレイヤーがアクションヒーローになる」「没入できるストーリー」「現代のロンドン」の3点に重きを置いていることを明かしました。この中でも特に、ゲームの舞台でもある「現代のロンドン」については、裏社会的な汚さを持つロンドンと、煌びやかな街であるロンドンの両方に注目して作品を構築しているとのこと。

HMDを被って見事なプレイを見せたポール・マックギルブレー氏

そしてライト氏のプレゼンが終わると、続いてマックギルブレー氏がPSVRを被っての実演を開始。開発中の射撃場をプレイし、拳銃、SMG、AR、グレネードやフルオートピストル、グレネードランチャーやマシンガンでの見事な射撃を披露しました。

2丁持ちでの見事なプレイも披露された

さらに、同氏は華麗なガンスピンやマガジンを投げてのリロードなど見事なガントリックも決めてみせ、これらのテクニカルなプレイも実際にゲーム内で再現可能なことを身を以て証明。ただし、同氏も上記のトリックを出来るようになるまでは多少練習したとのことで、同様のプレイをするにはある程度の熟練が必要なようです。

ちなみに、同作に登場する銃は全て実銃からモデリングされており、スコープやグリップ、サイトや拡張グレネードランチャーなどのカスタム要素も搭載しているとのこと。しかも、これらのカスタムは、ゲーム内の武器庫などでプレイヤーが実際にパーツを手に取って行うことが可能である上に、なんと自分でスプレーを吹いて銃のカラーを変更することも出来ることが伝えられました。

そして両氏は最後に、ゲーム全体におけるゲームモードやそのボリュームについて解説。チャプター選択やミッションスコア、チャレンジモードや射撃場に加えてシネマティックモードが用意されていることを伝え、さらにゲーム全体のプレイ時間は5~7時間であること、チャプターは少なくとも全部で10以上あること、銃の種類数はカスタム抜きで恐らく12程度になることなどを説明した後、参加者への感謝を述べてセッションを締めくくりました。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『No Man's Sky』PS VR対応が発表!2019年夏配信へ

    『No Man's Sky』PS VR対応が発表!2019年夏配信へ

  2. 『バトルフィールド V』バトルロイヤルモード「ファイアストーム」がついに開始!

    『バトルフィールド V』バトルロイヤルモード「ファイアストーム」がついに開始!

  3. PS VRでアイアンマンを体験!『Marvel’s Iron Man VR』2019年内に配信へ

    PS VRでアイアンマンを体験!『Marvel’s Iron Man VR』2019年内に配信へ

  4. 荒廃した世界で展開する人間ドラマ…『Days Gone』新映像がお披露目!

  5. 『Nintendo Labo: VR Kit』紹介映像―64個+自分で作ったVRゲームを楽しめる!

  6. 小島監督が『DEATH STRANDING』の進捗を報告―「重要なフェーズ」

  7. PS VR向け『Five Nights at Freddy's VR Help Wanted』発表!

  8. 「Nindies Showcase Spring 2019」で北米スイッチ向けインディータイトルが多数披露!

  9. Microsoft「Xbox Live」、ニンテンドースイッチやモバイルに対応する計画が明らかに

  10. 『Apex Legends』シーズン1にはもう1人の新レジェンドが登場―海外PS4版サイトから明らかに

アクセスランキングをもっと見る

1
page top