今度は戦車でバトルロイヤル?『Refight:Burning Engine』Steamページ公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今度は戦車でバトルロイヤル?『Refight:Burning Engine』Steamページ公開

中国のデベロッパーWuxi Brahma Information Technologyは、戦車シューター『Refight:Burning Engine』のSteamページを公開しています。

ゲーム文化 インディーゲーム
今度は戦車でバトルロイヤル?『Refight:Burning Engine』Steamページ公開
  • 今度は戦車でバトルロイヤル?『Refight:Burning Engine』Steamページ公開
  • 今度は戦車でバトルロイヤル?『Refight:Burning Engine』Steamページ公開
  • 今度は戦車でバトルロイヤル?『Refight:Burning Engine』Steamページ公開
  • 今度は戦車でバトルロイヤル?『Refight:Burning Engine』Steamページ公開
  • 今度は戦車でバトルロイヤル?『Refight:Burning Engine』Steamページ公開

中国のデベロッパーWuxi Brahma Information Technologyは、戦車シューター『Refight:Burning Engine』のSteamページを公開しています。

同作は最大50名までが様々な戦車を用いて生き残りをかけて戦う戦車シューター。気になるゲーム内容ですが、ストアのゲーム紹介文によればプレイヤーは戦車の防御コンポーネントや砲、エンジン、弾薬や消耗品を蓄え、核汚染地域から安全区域に向かっていくということで、基本的なバトルロイヤルのゲームプレイが実装されている模様です。


Steamストアページのトレイラーでは航空機からパラシュートで降下していく戦車の姿や、激しい戦闘の様子などが映し出されています。


武装車のバトルロイヤルゲームは既にいくつかリリースされていますが、ありそうでなかった戦車主体のバトルロイヤルタイトルとなる本作。果たしてどのような内容になるのでしょうか。なお、中国圏のAndroid向けゲームの紹介ページでは同作にバトルロイヤルの他7vs7の対戦モードが存在していることにも触れられています。


『Refight:Burning Engine』は、2019年2月14日にSteamにて基本無料で早期アクセス開始予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. レディー・ガガ、『フォートナイト』に興味津々…「“fortnight”って何?」「Ninjaって誰?」著名人も続々反応

    レディー・ガガ、『フォートナイト』に興味津々…「“fortnight”って何?」「Ninjaって誰?」著名人も続々反応

  2. 群島でサバイバルするオープンワールドADV『Stranded Sails』海外は10月17日配信開始【UPDATE】

    群島でサバイバルするオープンワールドADV『Stranded Sails』海外は10月17日配信開始【UPDATE】

  3. 死因解明ミステリーADV『Return of the Obra Dinn』国内PS4/Xbox One/スイッチ版配信開始!

    死因解明ミステリーADV『Return of the Obra Dinn』国内PS4/Xbox One/スイッチ版配信開始!

  4. PornHub、『フォートナイト』ダウンタイム中の「ブラックホール」検索数が9,600%増加したことを報告

  5. 『CoD:MW』初日から30連続キルを叩き出したNgt選手に聞く新作ならではのコツ─「今までのように“最強AR”と呼ばれ続けたい」【TGS2019】

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 流れ着いた島から脱出するために船を作りだせ!『Stranded Sails』プレイレポ【TGS2019】

  8. ガチョウになって悪戯しまくるステルスACT『Untitled Goose Game』配信開始!

  9. 次のプライム化はアトラス!超豪華景品も飛び出す『Warframe』ファン感謝祭日本初開催レポート!

  10. レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top