NVIDIA、GeForceドライバ最新版を配信―『BFV』レイトレーシング対応や『Fallout 76』『ヒットマン2』最適化も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

NVIDIA、GeForceドライバ最新版を配信―『BFV』レイトレーシング対応や『Fallout 76』『ヒットマン2』最適化も

NVIDIAは11月14日、GeForceのGame Readyドライバの最新バージョンの配信を開始しました。

ゲーム機 技術
NVIDIA、GeForceドライバ最新版を配信―『BFV』レイトレーシング対応や『Fallout 76』『ヒットマン2』最適化も
  • NVIDIA、GeForceドライバ最新版を配信―『BFV』レイトレーシング対応や『Fallout 76』『ヒットマン2』最適化も
  • NVIDIA、GeForceドライバ最新版を配信―『BFV』レイトレーシング対応や『Fallout 76』『ヒットマン2』最適化も

NVIDIAは11月14日、GeForceのGame Readyドライバの最新バージョン416.94の配信を開始しました。

本バージョンのドライバにより、RTX20シリーズ使用時の『バトルフィールドV』において「DirectX Raytracing」が利用可能になります。「DXR」の利用には、その他11月13日に配信が再開された「Windows10 October 2018 Update」と、ゲーム側での対応が必要とされています。


『BFV』では「Deluxe Edition」の発売と共に、設定画面より利用が可能となりました。今回の初回のレイトレーシング対応に引き続き、NVIDIA、EAおよびDICEは今後もこの機能の最適化を行い、定期的にアップデートの配信を行っていく予定としています。

その他、本ドライバで『Fallout 76』や『ヒットマン 2』の最適化も行われ、最高のゲーム体験が可能と発表されています。

Game Readyドライバのダウンロードは、お手持ちのGeForce Experience内のドライバーメニュー、あるいはこちらのNVIDIAのサイトより可能です。

※UPDATE(2018/11/15 10:43)本文の内容を修正しました
《technocchi》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か

    米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か

  2. 携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」2019年Q1より生産段階に移行!アルファユニットの映像も

    携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」2019年Q1より生産段階に移行!アルファユニットの映像も

  3. Microsoftがあらゆる部屋をゲーム空間に変換する「RoomAlive」を公開

    Microsoftがあらゆる部屋をゲーム空間に変換する「RoomAlive」を公開

  4. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の販売台数が200万台に到達

  5. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

  6. ゲーミングマイク「Aegis GM310」が国内で発売―高感度マイクでヘッドセットいらず

  7. 『フォートナイト』同梱のXbox One Sバンドルが海外発表! 限定スキンも付属

  8. ビックカメラで「ミニファミコン 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」予約受付スタート!お得なキャンペーン実施中

  9. VR料理屋シミュレーション『Counter Fight 3』発表―今度はピザ屋でゾンビも蹴散らせ!

  10. 『メガドライブ ミニ(仮)』2019年へ延期―海外ファンの反響を受けモデルチェンジ

アクセスランキングをもっと見る

page top