仏産オープンワールドJRPG『Edge Of Eternity』日本語対応でSteam早期アクセス開始―光田康典氏も一部楽曲で参加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

仏産オープンワールドJRPG『Edge Of Eternity』日本語対応でSteam早期アクセス開始―光田康典氏も一部楽曲で参加

Playdiusは、Midgar Studioが手がけるロールプレイングゲーム『Edge Of Eternity』のSteam早期アクセスを開始しました。

PC Windows
仏産オープンワールドJRPG『Edge Of Eternity』日本語対応でSteam早期アクセス開始―光田康典氏も一部楽曲で参加
  • 仏産オープンワールドJRPG『Edge Of Eternity』日本語対応でSteam早期アクセス開始―光田康典氏も一部楽曲で参加
  • 仏産オープンワールドJRPG『Edge Of Eternity』日本語対応でSteam早期アクセス開始―光田康典氏も一部楽曲で参加

Playdiusは、Midgar Studioが手がけるロールプレイングゲーム『Edge Of Eternity』のSteam早期アクセスを開始しました。

同作は日本のRPGタイトルに非常に強い影響を受けた様式の、いわゆる「JRPG」と称されるスタイルのRPG。プレイヤーは謎の侵略者との戦乱続く世界の、兵士「ダリオン」となり、世界を蝕む敵の兵器「腐蝕病」に対抗するための術を探す冒険を、ヒロイン「セレネ」と共に繰り広げることになります。


ゲームはオープンワールドRPGとして展開し、戦闘はターン制。装備にクリスタルを埋め込んでパワーアップさせる要素などもあります。また、各クエストのクリア方法も幾つか用意されているようです。メインテーマやキャラクターテーマなど、本作の音楽の一部は『クロノ・トリガー』や『ゼノブレイド』の光田康典氏が担当している他、日本語にも対応しています。


現時点の早期アクセスではワールドのごく一部とストーリーの最初のチャプター部分のみが実装されている形であり、プレイ時間8-12時間程度分のコンテンツが含まれているとのこと。今後は通常パッチの他、ゲームワールドとストーリーチャプターを追加する大掛かりなアップデートが3~4ヶ月ごとに数回計画されており、最終リリースは2020年となる予定です。また、MODツール「エターナルフォージ」も用意されています。

『Edge Of Eternity』はPCを対象に、Steamにて2,050円で配信中。2018年12月13日までは10%引きの1,845円で購入可能となっています。なお、早期アクセス終了時には価格が変わることも示唆されています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ローグヴァニア『Dead Cells』の販売数が100万本を突破!

    ローグヴァニア『Dead Cells』の販売数が100万本を突破!

  2. Steam版『GROOVE COASTER』に『UNDERTALE』追加楽曲第二弾が登場!3月26日より配信

    Steam版『GROOVE COASTER』に『UNDERTALE』追加楽曲第二弾が登場!3月26日より配信

  3. 『HEAVY RAIN』など

    『HEAVY RAIN』など"Quantic Dream"3作品のPC版スペック公開―『Detroit』はVulkan対応

  4. 終末北米ストラテジー『Overland』今秋リリース!―独特の世界観を醸す新たなトレイラーも

  5. スイッチ版『UNDERTALE』発売開始!『グルコス』との楽曲コラボや発売記念トレイラーも

  6. ギルド運営ストラテジーRPG『Guilds Of Delenar』早期アクセス開始―ギルドマスターとなってメンバーを導け

  7. 『マインクラフト』最新Snapshotで“壁走り”の不具合が発見される―気分はスパイディー?

  8. オープンワールド宇宙RPG『Astrox Imperium』早期アクセス開始―おなじみだが新鮮な宇宙ゲーム

  9. 【吉田輝和の絵日記】原始時代街作りシミュ『Dawn of Man』神になった気分で未開の地に文明を築く!

  10. 『モンハン:ワールド』PC版に高解像度テクスチャパック発表!無料DLCとして提供へ

アクセスランキングをもっと見る

1
page top