仏産オープンワールドJRPG『Edge Of Eternity』日本語対応でSteam早期アクセス開始―光田康典氏も一部楽曲で参加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

仏産オープンワールドJRPG『Edge Of Eternity』日本語対応でSteam早期アクセス開始―光田康典氏も一部楽曲で参加

Playdiusは、Midgar Studioが手がけるロールプレイングゲーム『Edge Of Eternity』のSteam早期アクセスを開始しました。

PC Windows
仏産オープンワールドJRPG『Edge Of Eternity』日本語対応でSteam早期アクセス開始―光田康典氏も一部楽曲で参加
  • 仏産オープンワールドJRPG『Edge Of Eternity』日本語対応でSteam早期アクセス開始―光田康典氏も一部楽曲で参加
  • 仏産オープンワールドJRPG『Edge Of Eternity』日本語対応でSteam早期アクセス開始―光田康典氏も一部楽曲で参加

Playdiusは、Midgar Studioが手がけるロールプレイングゲーム『Edge Of Eternity』のSteam早期アクセスを開始しました。

同作は日本のRPGタイトルに非常に強い影響を受けた様式の、いわゆる「JRPG」と称されるスタイルのRPG。プレイヤーは謎の侵略者との戦乱続く世界の、兵士「ダリオン」となり、世界を蝕む敵の兵器「腐蝕病」に対抗するための術を探す冒険を、ヒロイン「セレネ」と共に繰り広げることになります。


ゲームはオープンワールドRPGとして展開し、戦闘はターン制。装備にクリスタルを埋め込んでパワーアップさせる要素などもあります。また、各クエストのクリア方法も幾つか用意されているようです。メインテーマやキャラクターテーマなど、本作の音楽の一部は『クロノ・トリガー』や『ゼノブレイド』の光田康典氏が担当している他、日本語にも対応しています。


現時点の早期アクセスではワールドのごく一部とストーリーの最初のチャプター部分のみが実装されている形であり、プレイ時間8-12時間程度分のコンテンツが含まれているとのこと。今後は通常パッチの他、ゲームワールドとストーリーチャプターを追加する大掛かりなアップデートが3~4ヶ月ごとに数回計画されており、最終リリースは2020年となる予定です。また、MODツール「エターナルフォージ」も用意されています。

『Edge Of Eternity』はPCを対象に、Steamにて2,050円で配信中。2018年12月13日までは10%引きの1,845円で購入可能となっています。なお、早期アクセス終了時には価格が変わることも示唆されています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 新作サバイバルMMORPG『New World』が発売延期―新たな発売日と報告映像が公開

    新作サバイバルMMORPG『New World』が発売延期―新たな発売日と報告映像が公開

  2. 神々と対峙するSFソウルライク『Hellpoint』発売延期が発表―日本語に対応した無料体験版が配信中

    神々と対峙するSFソウルライク『Hellpoint』発売延期が発表―日本語に対応した無料体験版が配信中

  3. 『Fallout 76』拡張コンテンツ「Wastelanders」トレイラー第2弾公開!

    『Fallout 76』拡張コンテンツ「Wastelanders」トレイラー第2弾公開!

  4. 夢で戦うハクスラローグライトARPG『Dreamscaper: Prologue』Steamにて無料配信開始

  5. 裏庭サバイバルADV『Grounded』にクモ恐怖症な人向け専用モードの実装が明らかに

  6. ライアット新作FPS『VALORANT』エージェント「サイファー」紹介映像! 「どこにいるか、わかってるぜ」

  7. ライアット新作『VALORANT』のクローズドベータキー転売が多数発生―公式より購入者のBANが警告

  8. Epic Gamesストアにて期間限定無料配信開始ー名探偵ADV『Sherlock Holmes:Crimes and Punishments』&ホラーADV『Close To The Sun』

  9. PC版MMORPG『黒い砂漠』サービス移管後実装の新要素情報公開

  10. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

アクセスランキングをもっと見る

page top