『レッド・デッド・リデンプション2』パブリッシャーが「ピンカートン」を提訴―2人のキャラ使用を巡り | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『レッド・デッド・リデンプション2』パブリッシャーが「ピンカートン」を提訴―2人のキャラ使用を巡り

Rockstar Gamesの親会社であるパブリッシャーTake-Two Interactiveは、『レッド・デッド・リデンプション2』に登場するキャラクターの使用を巡って、セキュリティ会社「Pinkerton」を提訴しました。

ゲーム文化 カルチャー
『レッド・デッド・リデンプション2』パブリッシャーが「ピンカートン」を提訴―2人のキャラ使用を巡り
  • 『レッド・デッド・リデンプション2』パブリッシャーが「ピンカートン」を提訴―2人のキャラ使用を巡り
  • 『レッド・デッド・リデンプション2』パブリッシャーが「ピンカートン」を提訴―2人のキャラ使用を巡り
Rockstar Gamesの親会社であるパブリッシャーTake-Two Interactiveは、『レッド・デッド・リデンプション2』に登場するキャラクターの使用を巡って、セキュリティ会社「Pinkerton」を提訴しました。

渦中のキャラクターは、作中で大きな役割を担うキャラクター、アンドリュー・ミルトンと、エドガー・ロス。The Vergeなどによると、事の発端は『レッド・デッド・リデンプション2』発売後の2018年12月、Pinkerton Consulting&Investigationsが上記2キャラの使用停止文書を送ったことから始まったとのこと。

Pinkerton側は、ゲーム中での明確な愛情を称賛しつつも、ゲームがPinkertonによって制作された、あるいは関係があるという誤った印象を与えたとし、一括、または継続的な使用料の支払いを求めています。

これを受けた、Take-Twoは逆にPinkertonを提訴。これらのキャラクターは「アメリカ合衆国憲法修正第1条」(いわゆる表現の自由などを盛り込んでいる)下における保護の範囲内にあると主張しました。

また、Take-Twoは、Pinkerton National Detective Agencyが多くの作品に登場していることなどを指摘。Pinkertonエージェントは2000年代のテレビシリーズ「Deadwood」に登場するほか、『BioShock Infinite』の主人公ブッカー・デュイットは、元Pinkertonエージェントという設定でした。

訴状では、Pinkertonが『レッド・デッド・リデンプション2』の成功を利用しようとしているとも非難されていますが、どのような展開を見せるのでしょうか。訴状はThe Vergeより確認できます。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. デンマーク献血団体が『Bloodborne』とコラボ!ソフトや限定PS4本体プレゼント

    デンマーク献血団体が『Bloodborne』とコラボ!ソフトや限定PS4本体プレゼント

  2. 雄大な自然の中でキノコを収穫する『Morels: The Hunt』が配信開始! 動物の写真撮影も可能

    雄大な自然の中でキノコを収穫する『Morels: The Hunt』が配信開始! 動物の写真撮影も可能

  3. 「ウェアハウス川崎」11月17日閉店へ―香港・九龍城砦を再現した有名ゲームセンター

    「ウェアハウス川崎」11月17日閉店へ―香港・九龍城砦を再現した有名ゲームセンター

  4. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  5. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  6. ライアットゲームズ、『LoL』大会中の“香港”言い換えに対し、「検閲指示は行っていない」

  7. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  8. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  9. トランプ大統領が公式Twitchチャンネルを開設!既にフォロワーは2万8千人超

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top