『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

『アサシン クリード オデッセイ』のクリエイティブディレクターJonathan Dumont氏は、本作向けDLC「最初の刃の遺産」エピソード2「影の遺産」のストーリーについて、公式フォーラムで謝罪しました。

ゲーム文化 カルチャー
『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】
  • 『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】
!注意!本記事には、DLCの結末に関する説明が含まれています。


『アサシン クリード オデッセイ』のクリエイティブディレクターJonathan Dumont氏は、本作向けDLC「最初の刃の遺産」エピソード2「影の遺産」のストーリーについて、公式フォーラムで謝罪しました。

これは、「影の遺産」のエンディングにて、主人公が自分の血統を後世に残すため、とあるキャラクターと結ばれ子どもを作る、という展開に対する批判を受けたもの。「選択」をテーマの一つとして主人公のセクシャリティまで自由に選べた(同性愛を貫くことも可能)本作で、異性とのロマンスを半ば強制させられる展開となっていました。

こうした批判に対し、Dumont氏は、公式フォーラムに謝罪文を掲載。本DLCのストーリーは、キャラクターの血統がアサシンにどのような影響を持続的に与えるかを説明することが目的だった、と説明しながら、ユーザーの反応をみたうえで、それが失敗だったことは明らかだ、としました。

祖先の出来事を追体験するという本シリーズの設定と、すべての行動を自由に選択できる本作のコンセプトが、衝突する形になってしまった今回の件。全てのユーザーが納得できるストーリーを作り上げていく難しさが、よくわかる事例と言えるでしょう。

なお同氏は、次期DLCとなるエピソード3「Bloodline」について、望まないのであれば、(異性との)ロマンティックな関係を続けなくていい旨も明かしています。
《TAKAJO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 7人のヒロインによる殺戮の旅描く俯瞰視点2DローグライクACT『斬妖Raksasi』正式リリース!

    7人のヒロインによる殺戮の旅描く俯瞰視点2DローグライクACT『斬妖Raksasi』正式リリース!

  2. そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

    そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

  3. まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

    まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

  4. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

  5. ステージが円形の360°ローグライトACT『Orbital Bullet』Steam早期アクセス開始!

  6. 『GTA V』をクリアするためには最低でも700人以上を殺めなければならない―海外ユーザーが約半年をかけた検証結果を報告

  7. まさに至宝!『DEATH STRANDING』「クリフォード・アンガー」1/2スタチューが予約開始

  8. 真田広之のアクションが光る! 実写映画版「モータルコンバット」序盤7分が披露

  9. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  10. 見る角度で変化するPS5『Demon's Souls』アニメーションパッケージがかっこいい! 海外アーティストが制作

アクセスランキングをもっと見る

page top