『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

『アサシン クリード オデッセイ』のクリエイティブディレクターJonathan Dumont氏は、本作向けDLC「最初の刃の遺産」エピソード2「影の遺産」のストーリーについて、公式フォーラムで謝罪しました。

ゲーム文化 カルチャー
『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】
  • 『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】
!注意!本記事には、DLCの結末に関する説明が含まれています。


『アサシン クリード オデッセイ』のクリエイティブディレクターJonathan Dumont氏は、本作向けDLC「最初の刃の遺産」エピソード2「影の遺産」のストーリーについて、公式フォーラムで謝罪しました。

これは、「影の遺産」のエンディングにて、主人公が自分の血統を後世に残すため、とあるキャラクターと結ばれ子どもを作る、という展開に対する批判を受けたもの。「選択」をテーマの一つとして主人公のセクシャリティまで自由に選べた(同性愛を貫くことも可能)本作で、異性とのロマンスを半ば強制させられる展開となっていました。

こうした批判に対し、Dumont氏は、公式フォーラムに謝罪文を掲載。本DLCのストーリーは、キャラクターの血統がアサシンにどのような影響を持続的に与えるかを説明することが目的だった、と説明しながら、ユーザーの反応をみたうえで、それが失敗だったことは明らかだ、としました。

祖先の出来事を追体験するという本シリーズの設定と、すべての行動を自由に選択できる本作のコンセプトが、衝突する形になってしまった今回の件。全てのユーザーが納得できるストーリーを作り上げていく難しさが、よくわかる事例と言えるでしょう。

なお同氏は、次期DLCとなるエピソード3「Bloodline」について、望まないのであれば、(異性との)ロマンティックな関係を続けなくていい旨も明かしています。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』国際写真コンテストの結果が発表!現実世界に見出すサイバーパンク

    『サイバーパンク2077』国際写真コンテストの結果が発表!現実世界に見出すサイバーパンク

  2. 究極の親孝行! 海外の『フォートナイト』プロ選手が配信中に母親の学生ローンを完済

    究極の親孝行! 海外の『フォートナイト』プロ選手が配信中に母親の学生ローンを完済

  3. アタリ、ビデオゲームをテーマにした「Atari Hotels」の展開を発表! 第1号は2020年内に建設開始

    アタリ、ビデオゲームをテーマにした「Atari Hotels」の展開を発表! 第1号は2020年内に建設開始

  4. 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』世界最速スピードランが大幅更新―『スターフォックス64』“アーウィン”呼び出しも可能にしたあくなき探求の果て【UPDATE】

  5. 『Plague Inc.』はあくまでゲームである―新型コロナウイルス感染拡大による注目受け開発チームがコメント

  6. 子育て世代の親の半数はゲーム規制条例案に賛成―ほけんROOMの意識調査で明らかに

  7. 海外YouTuberが『EVE Online』の超レア宇宙船を約350万円で落札…! 出品者は売上金を豪森林火災へ寄付

  8. サイバーパンクACT『LAZR』Kickstarter開始! 布シミュレーションを搭載したユニークなハイスピードバトル

  9. トム・ホランド主演の映画版『アンチャーテッド』が再び公開延期、2021年3月予定

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top