『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす

2017年にリリースされ高評価を受けた、2Dアクションゲーム『Cuphead』の開発スタジオStudio MDHRは、次回作の「かなり壮大な」アイデアがあることを明らかにしました。

ゲーム文化 カルチャー
『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす
  • 『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす
  • 『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす
  • 『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす

2017年にリリースされ高評価を受けた、2Dアクションゲーム『Cuphead』の開発スタジオStudio MDHRは、次回作の「かなり壮大な」アイデアがあることを明らかにしました。

これは、海外YouTubeチャンネルRed Bull Gamingが公開した、ゲーム制作に関するインタビュー映像によるもの。映像では、同スタジオのアーティスト兼プロデューサーであるMaja Moldenhauer氏が「次のゲームについて持っているアイデアはかなり壮大です」とコメントしており、すでに次回作の構想がある程度まとまっていることを示唆しました。


次回作については、過去に海外メディアGamereactorのインタビューにて、『Cuphead』のような手書きアニメーションのスタイルは残しつつも、そのジャンルや時代、ゲームプレイが変わるかもしれないことを示唆。同作とはまた違った、新鮮なタイトルになるかもしれないとコメントしていました。


なお、『Cuphead』についてはDLC「The Delicious Last Course」が2019年に配信予定。名作を生んだスタジオの次回作には大きな期待がかかりますが、その続報についてはまだまだ時間がかかりそうです。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  2. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  3. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

    カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  4. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  5. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  6. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  7. 『フォートナイト』プロプレイヤー協会が発足―2019世界王者含む北米・欧州の計16選手で構成

  8. トランプ大統領が公式Twitchチャンネルを開設!既にフォロワーは2万8千人超

  9. 『モンハン』15周年記念イベントへの来場で限定“初代”パッケージのPS4テーマを配布!謎に包まれた「黒龍 ミラボレアス」の設定資料も初公開

  10. ボイチャ必須の南極Co-opパズルADV『We Were Here Together』配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top