『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす

2017年にリリースされ高評価を受けた、2Dアクションゲーム『Cuphead』の開発スタジオStudio MDHRは、次回作の「かなり壮大な」アイデアがあることを明らかにしました。

ゲーム文化 カルチャー
『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす
  • 『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす
  • 『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす
  • 『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす

2017年にリリースされ高評価を受けた、2Dアクションゲーム『Cuphead』の開発スタジオStudio MDHRは、次回作の「かなり壮大な」アイデアがあることを明らかにしました。

これは、海外YouTubeチャンネルRed Bull Gamingが公開した、ゲーム制作に関するインタビュー映像によるもの。映像では、同スタジオのアーティスト兼プロデューサーであるMaja Moldenhauer氏が「次のゲームについて持っているアイデアはかなり壮大です」とコメントしており、すでに次回作の構想がある程度まとまっていることを示唆しました。


次回作については、過去に海外メディアGamereactorのインタビューにて、『Cuphead』のような手書きアニメーションのスタイルは残しつつも、そのジャンルや時代、ゲームプレイが変わるかもしれないことを示唆。同作とはまた違った、新鮮なタイトルになるかもしれないとコメントしていました。


なお、『Cuphead』についてはDLC「The Delicious Last Course」が2019年に配信予定。名作を生んだスタジオの次回作には大きな期待がかかりますが、その続報についてはまだまだ時間がかかりそうです。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. AMDのゲーミング向けGPU、高まる需要で半年は供給不足になる恐れ

    AMDのゲーミング向けGPU、高まる需要で半年は供給不足になる恐れ

  2. 65歳のゲーマーお父さん『オーバーウォッチ』プレイ中の動きが激しすぎる

    65歳のゲーマーお父さん『オーバーウォッチ』プレイ中の動きが激しすぎる

  3. 『マイクラ』で「進撃の巨人」!?海外Modderがシガンシナを再現

    『マイクラ』で「進撃の巨人」!?海外Modderがシガンシナを再現

  4. 有名3DCGデザイナーのMichael Andrew Nash氏が36歳で死去―『Horizon Zero Dawn』機械獣のデザインも手掛ける

  5. “ゲーミング○○”はここまで来た…室内を爽やかな空間に変える「ゲーミングミスト」数量限定で発売

  6. 『サイバーパンク2077』のキャラモデルを交換するModが公開―ジョニーとの魅惑のロマンスが実現できる?

  7. テイクツーによって『GTAオンライン』のチートツールが販売停止―利益は慈善団体へ寄付されることに

  8. Valve、脳波でゲームを操作するBCIを開発中―目標は完全な没入感のゲーム体験

  9. 『マインクラフト』都市伝説「Herobrine」のワールドのシード値が判明―1枚のスクリーンショットから解析

  10. あなたがサイコパスかどうかは『The Sims 3』でわかる?カナダの大学が実験に使用【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top