カプコン、2019年3月期第3四半期決算を発表―Steamや海外向けに展開した『モンハン』シリーズが業績向上の牽引役に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコン、2019年3月期第3四半期決算を発表―Steamや海外向けに展開した『モンハン』シリーズが業績向上の牽引役に

カプコンは、2019年3月期 第3四半期の連結業績(2018年4月1日~2018年12月31日)を、2月4日に発表しました。

ニュース 発表
カプコン、2019年3月期第3四半期決算を発表―Steamや海外向けに展開した『モンハン』シリーズが業績向上の牽引役に
  • カプコン、2019年3月期第3四半期決算を発表―Steamや海外向けに展開した『モンハン』シリーズが業績向上の牽引役に

カプコンは、2019年3月期 第3四半期の連結業績(2018年4月1日~2018年12月31日)を、本日2月4日に発表しました。

売上高は612億7000万円(前年同期比 28.3%増)、営業利益は134億6100万円(前期比 92%増)、経常利益は135億3900万円(前期比 90.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は91億8000万円(前期比 106.8%増)と、大幅な伸長を記録しました。

デジタルコンテンツ事業では、看板タイトル『モンスターハンター:ワールド』がユーザー層の拡大により人気が持続したほか、Steam版も好調な推移を記録。海外向けに発売した『モンスターハンターダブルクロス』も安定した人気に支えられ順調に伸長するなど、『モンスターハンター』シリーズが業績向上の牽引役になりました。

また、『ロックマン11 運命の歯車!!』や、提携タイトル『レッド・デッド・リデンプション2』といったシリーズ最新作ソフトも底堅い売行きを記録。さらに、リマスター版『鬼武者』、『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション』、『ロックマンX アニバーサリー コレクション(1、2、1+2)』も、固定ファンや根強いブランド力により好調な推移に。

これらの結果、デジタルコンテンツ事業における売上高は478億5500万円(前年同期比55.2%増)、営業利益152億8800万円(前年同期比144.3%増)となりました。

■第3四半期決算短信
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190204469115.pdf
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ゲーム専門誌「電撃PlayStation」定期刊行終了、25年の歴史に幕……増刊、ムック等、Web展開は継続

    ゲーム専門誌「電撃PlayStation」定期刊行終了、25年の歴史に幕……増刊、ムック等、Web展開は継続

  2. 2月27日に何かが起こる?プラチナゲームズがティザーサイト「Platinum 4」を更新

    2月27日に何かが起こる?プラチナゲームズがティザーサイト「Platinum 4」を更新

  3. 『龍が如く7 光と闇の行方』「強くてニューゲーム」や「2周目限定の高難易度モード」などを含む有償追加DLC「やり込み拡張パック」を発表

    『龍が如く7 光と闇の行方』「強くてニューゲーム」や「2周目限定の高難易度モード」などを含む有償追加DLC「やり込み拡張パック」を発表

  4. WW2ストラテジー『Hearts of Iron IV』DLC「La Resistance」2月25日リリースーバニラ版の無料プレイも

  5. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』イマーシブモードおよび「エンジニア」クラスが今春に延期と発表

  6. 『オーバーウォッチ』実験モード第1弾、アタッカーが3名になる「トリプルダメージ」の詳細発表―現地時間2月25日からテスト開始予定

  7. 『ARK:Survival Evolved』拡張DLC「Genesis」配信延期、海外リリース日は2月25日に

  8. CD Projektがヨーロッパで2番目の市場価値を持つビデオゲーム開発会社へと躍進―『ウィッチャー3』の大幅売上増など影響

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『あつまれ どうぶつの森』Direct映像で見逃しがちな18の要素!リセットさんのその後やしずえの小ネタも

アクセスランキングをもっと見る

page top