『Fallout 76』最新アプデのパッチノート公開、サーバーごとのメンテナンス頻度増加へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』最新アプデのパッチノート公開、サーバーごとのメンテナンス頻度増加へ

ベセスダ・ソフトワークスは、オンラインRPG『Fallout 76』向けに配信されたパッチ6アップデートの詳細を公開しました。

家庭用ゲーム PS4
『Fallout 76』最新アプデのパッチノート公開、サーバーごとのメンテナンス頻度増加へ
  • 『Fallout 76』最新アプデのパッチノート公開、サーバーごとのメンテナンス頻度増加へ
  • 『Fallout 76』最新アプデのパッチノート公開、サーバーごとのメンテナンス頻度増加へ
  • 『Fallout 76』最新アプデのパッチノート公開、サーバーごとのメンテナンス頻度増加へ

ベセスダ・ソフトワークスは、オンラインRPG『Fallout 76』向けに配信されたパッチ6アップデートの詳細を公開しました。

今回のアップデートでは以前予告された収納箱の容量増加やプレイヤーアイコン表示などの施策が実装されています。詳細は下記の通り。

パッチ6の主な変更点

収納箱の容量の増加: 収納箱の容量を再度増加させました。今回は600ポンドから800ポンドへの変更となります。これにより、アパラチアの冒険で得たアイテムをさらに多く収納することができます。
プレイヤーアイコンの表示: マップ上でプレイヤーや所有者のいるワークショップを確認する際、また、他プレイヤーが作製したタレットを見た際に、プレイヤーアイコンが表示されるようになります。
スコーチビーストの攻撃: スコーチビーストのソニックスクリームアタックの頻度を低下させたため、攻撃の合間にわずかながら余裕が生まれるようになります。
指名手配: 指名手配されるには、他プレイヤーのC.A.M.P.またはワークショップのオブジェクトを破壊しなくてはならないようになりました。これにより、偶発的な事故による指名手配が減少します。
ワークショップ: 他プレイヤーが所有するワークショップに対して、ビルドエリア内のどこからでも、ワークショップを争奪できるようになります。これにより、所有者がワークショップを防壁で囲んでいたとしても、ワークショップを争奪しやすくなります。

パッチバージョン

パッチのダウンロードサイズは、コンソール版では約4.5GB、PC版では約3.5GBとなります。

PC: 1.0.6.0
PS4: 1.0.6.0
Xbox: 1.0.6.0

全般

サーバーメンテナンス: 長期間の稼働が続いたワールドのサーバー処理にラグが生じる問題が発生したため、サーバーのメンテナンス頻度を増やすことにしました。メンテナンスを行う際はゲーム内で事前に通知が行われ、他のワールドに移動するかどうかを選択できるようになります。これにより、アパラチアでの冒険がより快適なものになると想定しています。

バランス調整と仕様変更

パワーアーマー:エクスカベーター・パワーアーマー(レベル25/35/45)の脚部について、クラフト/修理に必要なねじの数を大幅に減少させました。
武器: フレアガンはレジェンダリーモジュールの効果を受けないため、レジェンダリー武器のリストから除外しました。

C.A.M.P.、クラフト、ワークショップ

収納箱の容量: 収納箱の容量を600ポンドから800ポンドに増加させました。
開発者コメント: 現在の収納箱の容量である600ポンドでは足りないというフィードバックを受けた再調査の結果、収納箱の容量を増加させられると判断しました。

C.A.M.P.の設置: ワールドに入った際にプレイヤーの現在のC.A.M.P.の設置場所がすでに占有されていた場合、そのワールド内に留まるか、他のワールドに移動するかの選択肢が表示されるようになります。他のワールドに移動する場合、現在のワールドを離れ、C.A.M.P.を設置できる新しいワールドに移ることになります。新しいワールドでも同様に占有によってC.A.M.P.を設置できなかった場合、同様の手順が繰り返されることになります。
ワークショップ: 所有者のいるワークショップの所有権を争うのに、直接ワークショップに接触する必要がなくなり、ビルドエリア内のどこからでもワークショップを確保することができるようになりました。
開発者コメント: 所有者のいるワークショップの争奪は意図されたものであり、ワークショップの仕様の一環として容認されている行動です。この変更により、他プレイヤーに奪われないように破壊行為やロックピッキングを行わなければワークショップに接近できない状況を作り、襲撃者を指名手配させるという所有者の行為を防ぐことができます。

スコーチビースト: スコーチビーストとスコーチビースト・クイーンのソニックスクリームの連続攻撃に10秒の間隔をもうけ、攻撃の頻度を低下させました。
開発者コメント: この変更により、ソニックスクリームの合間に攻撃に対処する余裕が生まれます。スコーチビーストについてはコミュニティからのフィードバックが多く寄せられており、今後もさらなる改善とバランス調整を検討しています。

PVP

指名手配: 他プレイヤーが作成したC.A.M.P.やワークショップのオブジェクトを攻撃しても指名手配されなくなります。今後、攻撃者が指名手配されるには、オブジェクトを完全に破壊しなくてはなりません。
開発者コメント: 他プレイヤーのC.A.M.P.やワークショップのオブジェクトに攻撃が当たると、たとえ事故であってもすぐに指名手配されてしまうのは困るというフィードバックをいただきました。これらのご意見を踏まえ、流れ弾で賞金首となる場面を減らすために修正を行いました。

サウンド

効果音: グレネードを投げる際にピンを引き抜く音が、付近のプレイヤーにも聞こえるようになります。
マップ: カスタムのマップマーカーを置く/動かすときに効果音が鳴るようになります。

ユーザーインターフェース

プレイヤーアイコン: マップ上でプレイヤーの名前にカーソルを合わせると、現在のプレイヤーアイコンが表示されるようになります。
プレイヤーアイコン: マップ上で所有者のいるワークショップにカーソルを合わせると、現所有者のプレイヤーアイコンが表示されるようになります。
タレット: 他プレイヤーがC.A.M.P.やワークショップに置いたタレットを見ると、タレットのネームプレートに所有者の名前とプレイヤーアイコンが表示されるようになります。
ボイスチャット: プレイヤーのネームプレートにあるボイスチャットのスピーカーアイコンが、プレイヤーの現在のステータスに応じて更新されるようになります。中立のプレイヤーは薄黄色、味方は金色、敵対/指名手配者は赤色のアイコンが表示されます。

同アップデートではその他にもバグ修正など複数の改善が行われています。さらなる詳細についてはこちらからご確認ください。『Fallout 76』は、PS4/Xbox One/PC向けに発売中です。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

    PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

  2. 「Nindies Showcase Spring 2019」で北米スイッチ向けインディータイトルが多数披露!

    「Nindies Showcase Spring 2019」で北米スイッチ向けインディータイトルが多数披露!

  3. リズムローグライク『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』発表!

    リズムローグライク『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』発表!

  4. 沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

  5. 『Gears of War 4』年内発売予定の新作『5』で使用可能なスキンとキャラが報酬のイベントを開催!

  6. 『Anthem』今後の展開が予告―"天変地異"に向けワールドイベント、ストーリーなどを開発中

  7. PS4版『龍が如く5 夢、叶えし者』6月20日発売決定! 五大都市を舞台にした“壮大な物語”再び

  8. 『ドラゴンボール ゼノバース 2』無料で楽しめるLite版がPS4向けに登場!―製品版とのマッチングやデータ引継ぎも可能

  9. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』脳汁ドバドバ!めっちゃ気持ちいい瞬間5選

  10. 『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

アクセスランキングをもっと見る

1
page top