4周年を迎えるPC版『Cities: Skylines』600万セールス突破を発表―ゲーム内都市の総人口は2兆人以上! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

4周年を迎えるPC版『Cities: Skylines』600万セールス突破を発表―ゲーム内都市の総人口は2兆人以上!

Colossal Order開発による都市開発シミュレーション『Cities: Skylines』が現地時間2019年3月10日に4周年を迎え、それに先立って同作の売り上げが600万本を突破していることがパブリッシャーParadox Interactiveによって発表されました。

ニュース 発表
4周年を迎えるPC版『Cities: Skylines』600万セールス突破を発表―ゲーム内都市の総人口は2兆人以上!
  • 4周年を迎えるPC版『Cities: Skylines』600万セールス突破を発表―ゲーム内都市の総人口は2兆人以上!

Colossal Order開発による都市開発シミュレーション『Cities: Skylines』が現地時間2019年3月10日に4周年を迎え、それに先立って同作の売り上げが600万本を突破していることがパブリッシャーParadox Interactiveによって発表されました。

古典的な都市開発シミュレーションを現代的に制作したという同作ですが、Paradox Interactiveの発表によると、1年前の3周年からさらに100万本以上を売り上げて、総売り上げは600万本を突破しているとのことです。他にも総プレイ時間が4万6千年以上であることや、ゲーム内で作成された都市の総人口が2兆人以上であることなども明らかにされています。

『Cities: Skylines』は、PC/Mac/Linux向けにSteamにて2,980円で発売中(日本語は未対応)。国内版としてPS4向けにスパイク・チュンソフトより5,400円、ニンテンドースイッチ向けにParadox Interactiveより5,184円、Xbox One向けに同じくParadox Interactiveより5,400円で発売中です。
《いわし》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. テンセントが『Warframe』などを手掛けるDigital Extremesの親会社Leyouの買収に向け交渉中

    テンセントが『Warframe』などを手掛けるDigital Extremesの親会社Leyouの買収に向け交渉中

  2. 『ファークライ6』も! ユービーアイ配信イベント「UBISOFT FORWARD」発表内容ひとまとめ

    『ファークライ6』も! ユービーアイ配信イベント「UBISOFT FORWARD」発表内容ひとまとめ

  3. ユービーアイの新作バトロワ『ハイパースケープ』最新映像! PC版オープンβテストも開催【Ubisoft Forward】

    ユービーアイの新作バトロワ『ハイパースケープ』最新映像! PC版オープンβテストも開催【Ubisoft Forward】

  4. シリーズ最新作『ファークライ6』2021年2月18日発売!トレイラーと公式サイト公開―予約受付も開始【Ubisoft Forward】

  5. スイッチ版が配信停止中のARPG『ファイナルソード』開発元がYouTube配信についてのお願いを掲載

  6. 初代『シャンティ』ゲームボーイカラーカートリッジが再販決定! スイッチ版もデジタルとパッケージで発売予定

  7. Epic GamesストアにてゾンビCo-opFPS『Killing Floor 2』脱獄Co-opシム『The Escapists 2』惑星探険SFADV『Lifeless Planet』期間限定無料配信開始

  8. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』銃器のカスタマイズを充実させるガンスミスアップデートの詳細が告知

  9. Devolver Digitalの中止された現地イベントを体感!?『Devolverland Expo』がSteamで無料配信

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top