『フォーオナー』の仮タイトル名は『HERO』だった―開発の4年間を追うドキュメンタリーがNetflix配信中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フォーオナー』の仮タイトル名は『HERO』だった―開発の4年間を追うドキュメンタリーがNetflix配信中

Netflixは、ユービーアイソフトより発売されている『フォーオナー』の開発を追ったドキュメンタリー「プレイング・ハード」を配信しました。

ゲーム文化 カルチャー
『フォーオナー』の仮タイトル名は『HERO』だった―開発の4年間を追うドキュメンタリーがNetflix配信中
  • 『フォーオナー』の仮タイトル名は『HERO』だった―開発の4年間を追うドキュメンタリーがNetflix配信中
  • 『フォーオナー』の仮タイトル名は『HERO』だった―開発の4年間を追うドキュメンタリーがNetflix配信中
  • 『フォーオナー』の仮タイトル名は『HERO』だった―開発の4年間を追うドキュメンタリーがNetflix配信中
ジェイソン・ヴァンデンバーグ氏(2017年1月撮影)

Netflixは、ユービーアイソフトより発売されている『フォーオナー』の開発を追ったドキュメンタリー「プレイング・ハード」を配信しました。

「プレイング・ハード」は、『フォーオナー』の開発を巡る4年間を、生みの親であるクリエイティブディレクター、ジェイソン・ヴァンデンバーグ氏と共に追っていくドキュメンタリー。貴重なプレゼンや、開発の初期段階とみられるゲームプレイ部分のプロトタイプ、本作の仮タイトルが『HERO』だったことなど、興味深いシーンが複数登場しています。

企画から発売まで(海外メディアによるレビューまで)を丁寧に追ったドキュメンタリー「プレイング・ハード」はNetflixにて配信中。Game*Sparkでは、『フォーオナー』発売前の2017年1月にジェイソン・ヴァンデンバーグ氏へインタビューを実施していますので、あわせてご覧ください。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に

    海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に

  2. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

    海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  3. 天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』カードアートに参戦!人気キャラ・リリアナ描く

    天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』カードアートに参戦!人気キャラ・リリアナ描く

  4. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  5. 『ロックマンX』主人公「エックス」が25年の時を経て初プラモデル化―ファンも納得の豪華仕様

  6. プロゲーミングチームDeToNator代表が語る「自分たちがメディアになる」重要性と今後の展望

  7. アダルト宇宙RPG『Subverse』のクラウドファンディング調達額が100万ドルに迫る勢い―目標の約10倍

  8. キモかっこいい「名探偵ピカチュウ」ファンメイド映像―海外ドラマ「True Detective」パロディ…

  9. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  10. 『Days Gone』と「DIESEL」がコラボ!ワイルドなデニムジャケットやTシャツなど

アクセスランキングをもっと見る

1
page top