『フォーオナー』の仮タイトル名は『HERO』だった―開発の4年間を追うドキュメンタリーがNetflix配信中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フォーオナー』の仮タイトル名は『HERO』だった―開発の4年間を追うドキュメンタリーがNetflix配信中

Netflixは、ユービーアイソフトより発売されている『フォーオナー』の開発を追ったドキュメンタリー「プレイング・ハード」を配信しました。

ゲーム文化 カルチャー
『フォーオナー』の仮タイトル名は『HERO』だった―開発の4年間を追うドキュメンタリーがNetflix配信中
  • 『フォーオナー』の仮タイトル名は『HERO』だった―開発の4年間を追うドキュメンタリーがNetflix配信中
  • 『フォーオナー』の仮タイトル名は『HERO』だった―開発の4年間を追うドキュメンタリーがNetflix配信中
  • 『フォーオナー』の仮タイトル名は『HERO』だった―開発の4年間を追うドキュメンタリーがNetflix配信中
ジェイソン・ヴァンデンバーグ氏(2017年1月撮影)

Netflixは、ユービーアイソフトより発売されている『フォーオナー』の開発を追ったドキュメンタリー「プレイング・ハード」を配信しました。

「プレイング・ハード」は、『フォーオナー』の開発を巡る4年間を、生みの親であるクリエイティブディレクター、ジェイソン・ヴァンデンバーグ氏と共に追っていくドキュメンタリー。貴重なプレゼンや、開発の初期段階とみられるゲームプレイ部分のプロトタイプ、本作の仮タイトルが『HERO』だったことなど、興味深いシーンが複数登場しています。

企画から発売まで(海外メディアによるレビューまで)を丁寧に追ったドキュメンタリー「プレイング・ハード」はNetflixにて配信中。Game*Sparkでは、『フォーオナー』発売前の2017年1月にジェイソン・ヴァンデンバーグ氏へインタビューを実施していますので、あわせてご覧ください。
《秋夏》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 奪われた土地を取り戻す先住民族オープンワールドサバイバル『This Land Is My Land』正式リリース!

    奪われた土地を取り戻す先住民族オープンワールドサバイバル『This Land Is My Land』正式リリース!

  2. 初期バイオ風サバイバルホラー『RESIDENCE of EVIL: VIGIL』最新開発映像!

    初期バイオ風サバイバルホラー『RESIDENCE of EVIL: VIGIL』最新開発映像!

  3. 香川「ゲーム依存症対策条例」新たな裁判が勃発、“頭脳プレイ”は功を奏するのか

    香川「ゲーム依存症対策条例」新たな裁判が勃発、“頭脳プレイ”は功を奏するのか

  4. TBS宇内アナ、『Bloodborne』ゴースの遺子撃破に歓喜の叫び!初クリアを思い出させる、微笑ましい喜びっぷりを披露

  5. 映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』原作ゲームの1つ『RE:2』とのディテール表現にこだわった比較映像公開

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. めっちゃ笑顔な宇宙ウサギの撃ちまくりアクション『Spectacular Sparky』配信開始

  8. オールドスクールな2D格闘ゲーム『Dual Souls: The Last Bearer』正式リリース!『ストIII』『月華』などからインスパイア

  9. 殺人ウサギが襲いかかる! 初代PS風ホラー『MURDER HOUSE』Steam配信開始

  10. 大接戦繰り広げた第6回「CRカップ」順位結果まとめ!『Apex Legends』インフルエンサーの祭典で頂点に輝いたのは?

アクセスランキングをもっと見る

page top