オリンピックメダリスト松田丈志氏がPR大使に! 東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オリンピックメダリスト松田丈志氏がPR大使に! 東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート

セガゲームスがライセンスを取得し開発した東京2020オリンピック公式ゲームタイトル『東京2020オリンピック The Official Video Game』の発売が2019年7月24日(水)に決定しました。発表eventの様子をレポートします。

ゲーム文化 イベント
東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート
  • 東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート
  • 東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート
  • 東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート
  • 東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート
  • 東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート
  • 東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート
  • 東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート
  • 東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート
セガゲームスがライセンスを取得し開発した東京2020オリンピック公式ゲームタイトル『東京2020オリンピック The Official Video Game』の発売が2019年7月24日(水)に決定しました。本作はニンテンドースイッチとPS4で展開され、ちょうど東京2020オリンピックの開催日より1年前の発売となります。



発売に先立ち行われた本イベントでは、PR大使として元競泳選手の松田丈志氏が登壇し、本作の見どころや実機プレイでその魅力を紹介しました。

◆自分のアバターで夢の舞台へ





松田氏とともに最新トレーラーを視聴。本作は自分のアバターを作り、ゲームに登場させることで、「誰でも “東京2020オリンピック”に参加・体験することができます。



また、15以上の種目を収録しており、中でも注目なのは東京2020五輪にて追加されるBMXです。陸上、水泳、テニス、野球、サッカーなど、人気の種目もしっかりと収録されています。ダブルスが可能な種目は2人プレイも可能です。


さらに注目ポイントは現在建設中のオリンピックスタジアムが再現されているところ。いち早くオリンピックの舞台を、しかも選手側で体験できるということで期待が高まります。松田氏は水泳が行われる東京アクアティクスセンターの再現率に満足しているご様子。「選手のイメトレにもなる」と語ります。

◆金メダルは取れるか!? 実機デモプレイ



松田氏による実機デモプレイは松田氏ソックリに作られたアバターを用いて行われました。それにしても細かいところまでしっかり再現されており、現役時代を思わせますね。
まずはご自身が選手としてオリンピックに出場していた水泳をプレイ。200メートル個人メドレーのトレーニングモードで行います。トレーニングモードは練習用のモードで何度もチャレンジできるというもの。気楽にできるところがポイントです。




ターンのタイミングでしくじったと自己申告。しかし最後のターンを見事に決めて、見事1位。プレイ時の表情は真剣そのものです。


さらに卓球シングルス トレーニングモードでも勝利をもぎ取ります。


そしてオリンピックといえばメダル。もうひとつのオリンピックモードで予選から勝ち上がればメダルを手にすることが可能です。陸上100メートル個人を選択。予選は難なくクリア。続く準決勝も無事突破。


そして決勝。よく見るとスタジアムにライトが灯っていて、時間の経過を物語っています。芸が細かいです。スタートダッシュを成功させ、猛烈なダッシュにより見事に勝利!



自身もメダル保持者である松田氏。勝利の暁には思わずガッツポーズ。自身のアバターが表彰台に立ち日の丸があがると感無量といったご様子。自らデモプレイで本作の面白さをPRした松田氏は、本作を、「アバターが全力プレイをしてくれる。家族や友達と一緒に楽しめるのがいい」とまとめましました。




◆実際にやってみた



スイッチ版、プロコンにて初プレイ。トレーニングモードで種目選択。基本操作はどの競技もBボタン、Rボタン、Rスティック、 Lスティックで行うことができます。これに種目ごとの特徴的な動きや、必殺技等の上級プレイが加わりますが、そのような難しいプレイをしなくても勝つことが可能です。ランカーモードで世界中の人と対戦する場合に必要なテクニックと言えるでしょう。



まずプレイしたのは新種目BMX。Bボタン連打で加速し、見せ場となる山の部分にあるマークの上でタイミングよくジャンプして高得点を狙いゴールを目指します。かっこよくて爽快感があり、いいプレイができた時は思わずリプレイしてしまいました。

会場予備知識もいい予習になりますね!

ボクシングはKOを決めるととっても爽快なのでぜひ!

陸上は地味ですが結果が明確でわかりやすいと思いました。誰でも一瞬で勝負が楽しめる不動の競技ですね。野球やサッカーといった団体競技は、そういうゲームをプレイしたことがないと難しいと感じるかもしれません。しかしとてもベーシックな内容なので、これを基本にすれば他のゲームも遊べる可能性が広がるのではないかと感じました。


アバターもいろいろカスタマイズできそうです。アンロックの中にパーティ衣装もあったのでお楽しみに……!

これだけ入って4,990円(税別)はリーズナブル! 東京2020オリンピックの予習にピッタリのゲームと言えるでしょう。
《みかめ》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. クラフター制作『ダークソウル』風の騎士がすごい―スコッチウイスキーの外箱が材料

    クラフター制作『ダークソウル』風の騎士がすごい―スコッチウイスキーの外箱が材料

  2. 『スカイリム』に”スタバ風カップ”追加Modが突如登場―きっかけは「ゲーム・オブ・スローンズ」のミス?

    『スカイリム』に”スタバ風カップ”追加Modが突如登場―きっかけは「ゲーム・オブ・スローンズ」のミス?

  3. 『名探偵ピカチュウ』大人気「しわしわ顔ピカチュウ」まさかのステッカー化!映画の半券を使ってゲットしよう

    『名探偵ピカチュウ』大人気「しわしわ顔ピカチュウ」まさかのステッカー化!映画の半券を使ってゲットしよう

  4. Epic Gamesストアで複数タイトルの販売が一時取りやめ―セールに関連した可能性も

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  7. 『マインクラフト』総売上本数が1億7,600万本を達成

  8. Mod導入ソフト「Nexus Mod Manager」に最新アップデート、旧バージョンはオンライン使用不可に

  9. 『龍が如く』最新作はファンタジーRPG路線!?勇者「春日一番」が聖剣のようにバットを引き抜く

  10. 超セクシー!Riotデザイナーによる『FF7』ティファの美麗すぎる3Dファンアート

アクセスランキングをもっと見る

1
page top