『マリオカート』『モータルコンバット』など4作品が「ビデオゲームの殿堂」入り | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『マリオカート』『モータルコンバット』など4作品が「ビデオゲームの殿堂」入り

ストロング国立演劇博物館が選定するビデオゲームの殿堂“World Video Game Hall of Fame”ですが、3月から行われていた投票の結果、2019年の殿堂入り作品4本が決定しました。

ニュース ゲーム業界
『マリオカート』『モータルコンバット』など4作品が「ビデオゲームの殿堂」入り
  • 『マリオカート』『モータルコンバット』など4作品が「ビデオゲームの殿堂」入り
  • 『マリオカート』『モータルコンバット』など4作品が「ビデオゲームの殿堂」入り
  • 『マリオカート』『モータルコンバット』など4作品が「ビデオゲームの殿堂」入り
  • 『マリオカート』『モータルコンバット』など4作品が「ビデオゲームの殿堂」入り
  • 『マリオカート』『モータルコンバット』など4作品が「ビデオゲームの殿堂」入り

米博物館The Strong National Museum of Play(ストロング国立演劇博物館)が選定するビデオゲームの殿堂“World Video Game Hall of Fame”ですが、3月から行われていた投票の結果、2019年の殿堂入り作品は『Colossal Cave Adventure』『Microsoft Solitaire』『Mortal Kombat』『スーパーマリオカート』の4本に決定しました。

『Colossal Cave Adventure』



  • テキストベースの『Colossal Cave Adventure』は1976年にデビューし、原始的なコンピューター技術の限界がある中で没入型のインタラクティブなファンタジー世界を想像させた。
  • ゲームにはグラフィックがなく、プレイヤーにコマンドを入力させるものだったが、宝物やパズルを含む探索領域を十分に実現した。
  • ファンタジーとアドベンチャーゲームの全ジャンルの基礎を築き、後に商業用コンピューターゲーム業界の立ち上げに貢献する『Adventureland』や『Zork』といった先駆的なタイトルに直接的な影響を与えた。


『Microsoft Solitaire』(ソリティア)



  • 何世紀もの前のカードゲームをベースにした『Microsoft Solitaire』は1990年にWindows 3.0コンピュータープラットフォームでデビューし、世界に広く普及した。
  • それ以来10億以上のコンピューターに配布され、現在は全世界200以上の市場で65の言語にローカライズ、年間350億回プレイされている。
  • 『Microsoft Solitaire』はアナログゲームがデジタルゲームの世界でさらに普及する可能性を証明した。それは多くの点で今日にも非常に人気があるカジュアルゲーム市場の成長への道を切り開くのに一役買った。



『Mortal Kombat』



  • 1992年にデビューした『Mortal Kombat』は、最先端のグラフィックスと独自のファイティングスタイルをアーケードにもたらした。
  • Entertainment Software Rating Board(ESRB)の創設を加速させた1994年の米国議会聴聞会を含め、ゲームにおける過剰な暴力描写に関する国際的な議論を巻き起こし、ゲームは子供だけのものでないと位置づけた。
  • コンテンツの面ではプレイヤーがゲーム内のキャラクターでできることの境界を押し広げることによって、ゲーム、ミュージックアルバム、アクションフィギュア、演劇ショー、ハリウッド映画などフランチャイズ全体を生み出した。



『スーパーマリオカート』



  • 任天堂の『スーパーマリオカート』は『スーパーマリオブラザーズ』フランチャイズの愛されるキャラクターとレースゲームのスリルを組み合わせた。
  • 1992年にデビューした『スーパーマリオカート』は既存のレーシングゲームの上に構築され、ゴーカートのサブジャンルを広めた。
  • 『スーパーマリオカート』はSuper Nintendo Entertainment System(海外版スーパーファミコン)で何百万本も販売。コンソールから携帯機、アーケードゲームまで多数のシリーズ作品は累計1億本以上も販売した。
  • 『スーパーマリオカート』は魅力的なマルチプレイヤー環境において、あらゆるスキルレベルのプレイヤーにアピールするソーシャルゲームとして優れていた。全年齢の友人、家族、ゲームファンを忘れられないドライブに招待し、ゲーム史上最長のレースゲームシリーズとなった。



「2019 World Video Game Hall of Fame」セレモニーの映像

なお、殿堂入り4作品の他には次のような作品が候補として挙げられていました。

『Candy Crush』
『Centipede』
『Dance Dance Revolution』
『Half-Life』
『Myst』
『NBA 2K』
『Sid Meier's Civilization』
『大乱闘スマッシュブラザーズDX』
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

    宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

  2. 開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

    開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. 2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

  5. 『SOMA』開発のFrictional Gamesの新作告知サイトに新たな手掛かり―奇妙なアイコンと不気味な動画が発見される

  6. 「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

  7. 新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

  8. 【吉田輝和の絵日記】『龍が如く7 光と闇の行方』横浜で観光&転職しながら"スジモン”とコマンド式バトル!

  9. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  10. 『サムライスピリッツ』DLC「緋雨閑丸」が9月に無料配信!シーズンパス2で「真鏡名ミナ」参戦も

アクセスランキングをもっと見る

page top