Androidエミュレータ「BlueStacks」、Steamなどに向けたパブリッシングを支援へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Androidエミュレータ「BlueStacks」、Steamなどに向けたパブリッシングを支援へ

Androidゲーム向けPCプラットフォーム「BlueStacks」を運営するBlueStack Systemは、「Steam」などへのモバイルゲームのパブリッシング支援SDK「BlueStacks Inside」を発表しました。

ニュース ゲーム業界
Androidエミュレータ「BlueStacks」、Steamなどに向けたパブリッシングを支援へ
  • Androidエミュレータ「BlueStacks」、Steamなどに向けたパブリッシングを支援へ
  • Androidエミュレータ「BlueStacks」、Steamなどに向けたパブリッシングを支援へ
  • Androidエミュレータ「BlueStacks」、Steamなどに向けたパブリッシングを支援へ
  • Androidエミュレータ「BlueStacks」、Steamなどに向けたパブリッシングを支援へ
  • Androidエミュレータ「BlueStacks」、Steamなどに向けたパブリッシングを支援へ

Androidゲーム向けPCプラットフォーム「BlueStacks」を運営するBlueStack Systemは、「Steam」などへのモバイルゲームのパブリッシング支援SDK「BlueStacks Inside」を発表しました。

「BlueStacks Inside」は、「BlueStacks」の技術を応用し開発されたもので、メーカーは当該SDKをゲームに組み込むことで莫大な開発コストや時間を掛けることなくモバイルゲームをPC展開することが可能となるとしています。


この「BlueStacks Inside」においては「BlueStacks」のエンジンが内包されており、「BlueStacks」のロゴなど表示されることなくゲームに特化されたウィンドウで、通常のPCタイトルと見分けがつかない形態においてゲームが楽しめるようになるほか、SDKの組み込み度合いによってはSteamウォレットなどSteamネイティブ機能にも対応できるとのこと。


また、BlueStacksをパブリッシャーとしてコミュニティ、おすすめアイテム、キュレーター、特集におけるプロモーションなどの代行を依頼することも可能であるとしています。


「BlueStacks Inside」は現時点ではクローズドながら今後、同機能を用いてKOG、Funplus、Fabled Game Studioをはじめとするメーカーの人気タイトルのリリースが予定されているとしており、同SDKを用いた『Pirates Outlaws』も既にストアに登録されています。


日本国内では「BlueStacks」を用いたPC版ゲームリリースは度々なされていますが、「BlueStacks Inside」が更にその傾向を加速させることになるのか、Steamでの国内ゲームの日本向けリリースが増えるのかなどにも期待です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ベセスダ開発中のオープンワールド『Starfield』の「キャラを作れる権」が海外チャリティーオークションに出品中

    ベセスダ開発中のオープンワールド『Starfield』の「キャラを作れる権」が海外チャリティーオークションに出品中

  2. CD PROJEKT RED、盗んだソースコードをシェアするツイートに対しDMCA違反として削除申請

    CD PROJEKT RED、盗んだソースコードをシェアするツイートに対しDMCA違反として削除申請

  3. アニメ「UFOロボ グレンダイザー」が絶大な人気を誇るフランスでアクションゲーム化決定!原作・永井豪氏からのコメントも

    アニメ「UFOロボ グレンダイザー」が絶大な人気を誇るフランスでアクションゲーム化決定!原作・永井豪氏からのコメントも

  4. 『戦国無双5』はPS4/スイッチ/PCで展開―これまでの『戦国無双』を一新した“新シリーズの幕開け的作品”に!

  5. CD PROJEKTが何者かにサイバー攻撃を受ける―ゲームのソースコードや内部情報を収集されるも「ユーザー情報は被害なし」【UPDATE】

  6. Epic Gamesストアにて見下ろしレース『Absolute Drift』オープンワールドFPS『RAGE 2』期間限定無料配信開始

  7. PCエンジン互換機「Analogue Duo」海外発表! 携帯機「Pocket」用のアダプタも

  8. 『ディアブロ IV』新情報が続々公開!PvPやオープンワールドならではの乗り物システム、キャンプの再建など

  9. 『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』に欠損表現はある?CC2松山社長が『ナルティメット』シリーズと『ドラゴンボール Z KAKAROT』を例に規制の判断を解説

  10. PLAYISM、自社ストアを終了へ―今後はSteamや家庭用機へのパブリッシングに注力か

アクセスランキングをもっと見る

page top