発売されなかったファミコン版『ターミネーター』のプロモ映像が発掘! 後に『ラフワールド』になった作品 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

発売されなかったファミコン版『ターミネーター』のプロモ映像が発掘! 後に『ラフワールド』になった作品

ポスターやプロトタイプなど、消失の恐れがあるゲーム関連資料の保存を目的としたグループGaming Alexandriaは、ファミコン/NESで発売予定だったものの結局実現しなかったゲーム版『ターミネーター』のプロモーション映像を公開しました。

ゲーム文化 レトロゲーム
発売されなかったファミコン版『ターミネーター』のプロモ映像が発掘! 後に『ラフワールド』になった作品
  • 発売されなかったファミコン版『ターミネーター』のプロモ映像が発掘! 後に『ラフワールド』になった作品

ポスターやプロトタイプなど、消失の恐れがあるゲーム関連資料の保存を目的としたグループGaming Alexandriaは、ファミコン/NESで発売予定だったものの結局実現しなかったゲーム版『ターミネーター』のプロモーション映像を公開しました。

ファミコン/NES版『ターミネーター』は原作映画の公開から4年後の1988年後半にライセンスを取得したSUNSOFT(サン電子のゲームブランド)が開発を手がけ、1989年のWinter Consumer Electronics Showでゲームのタイトル画面といくつかのカットシーンを収めたプロモーション映像とともに正式発表。Gaming Alexandriaでは当時のチラシも掲載されています。

その後、原作映画のストーリーに沿っていないとしてライセンスが取り消されてしまい、ゲームはキャラクターや設定を変更した『ラフワールド(海外ではJourney to Silius)』として1990年に発売となりました。ちなみに本作はファミコン/NESとは思えない重厚な音楽(拡張音源非搭載)が高く評価されています。

海外向けの『Journey to Silius』プレイ映像

もしライセンスが取り消されず、予定通り発売されていたら一体どうなっていたのでしょうか。非常に気になりますね。後に別会社から発売されたゲーム版『ターミネーター』の評価はあまり良いものではなかったため尚更です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 退場者がルールを変えられる新作バトルロイヤル『Watchers』トレイラー!

    退場者がルールを変えられる新作バトルロイヤル『Watchers』トレイラー!

  2. プロゲーマー「Krucial B」が急逝……トーナメント会期中、ホテルの一室で

    プロゲーマー「Krucial B」が急逝……トーナメント会期中、ホテルの一室で

  3. JRPG風のターン制ストラテジー『Tears of Avia』発売時期は2019年Q4に―日本語対応予定

    JRPG風のターン制ストラテジー『Tears of Avia』発売時期は2019年Q4に―日本語対応予定

  4. 3vs3のマルチプレイ球技アクション『Super Buckyball Tournament』ゲームプレイ映像!

  5. サウスウエスト航空が乗客にスイッチ本体と『マリオメーカー2』をプレゼント!SNSでは沸き立つ機内の様子も

  6. 『Fallout 4』に隠されたイースターエッグを当時の開発者が解説―小島監督の『スナッチャー』など

  7. 海外ファンがコップに注ぐ「塩水コントローラー」を作成―『スマブラ』などで使えるも用途は「退出」のみ?

  8. 陰鬱即死2Dアクション『LIMBO』Epic Gamesストアで無料配信中、現地時間7月25日までの期間限定

  9. 「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定

  10. え、それ飲むの!?『バイオハザード』おなじみの救急スプレー型サーモボトル発売

アクセスランキングをもっと見る

page top