発売されなかったファミコン版『ターミネーター』のプロモ映像が発掘! 後に『ラフワールド』になった作品 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

発売されなかったファミコン版『ターミネーター』のプロモ映像が発掘! 後に『ラフワールド』になった作品

ポスターやプロトタイプなど、消失の恐れがあるゲーム関連資料の保存を目的としたグループGaming Alexandriaは、ファミコン/NESで発売予定だったものの結局実現しなかったゲーム版『ターミネーター』のプロモーション映像を公開しました。

ゲーム文化 レトロゲーム
発売されなかったファミコン版『ターミネーター』のプロモ映像が発掘! 後に『ラフワールド』になった作品
  • 発売されなかったファミコン版『ターミネーター』のプロモ映像が発掘! 後に『ラフワールド』になった作品

ポスターやプロトタイプなど、消失の恐れがあるゲーム関連資料の保存を目的としたグループGaming Alexandriaは、ファミコン/NESで発売予定だったものの結局実現しなかったゲーム版『ターミネーター』のプロモーション映像を公開しました。

ファミコン/NES版『ターミネーター』は原作映画の公開から4年後の1988年後半にライセンスを取得したSUNSOFT(サン電子のゲームブランド)が開発を手がけ、1989年のWinter Consumer Electronics Showでゲームのタイトル画面といくつかのカットシーンを収めたプロモーション映像とともに正式発表。Gaming Alexandriaでは当時のチラシも掲載されています。

その後、原作映画のストーリーに沿っていないとしてライセンスが取り消されてしまい、ゲームはキャラクターや設定を変更した『ラフワールド(海外ではJourney to Silius)』として1990年に発売となりました。ちなみに本作はファミコン/NESとは思えない重厚な音楽(拡張音源非搭載)が高く評価されています。

海外向けの『Journey to Silius』プレイ映像

もしライセンスが取り消されず、予定通り発売されていたら一体どうなっていたのでしょうか。非常に気になりますね。後に別会社から発売されたゲーム版『ターミネーター』の評価はあまり良いものではなかったため尚更です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『RDR2』の「Hot Coffee」Mod制作者に対しTake-Twoが法的措置を示唆

    『RDR2』の「Hot Coffee」Mod制作者に対しTake-Twoが法的措置を示唆

  2. Mega64がプラチナゲームズのトリビュート映像を制作! しかしそれを見た神谷英樹氏は…

    Mega64がプラチナゲームズのトリビュート映像を制作! しかしそれを見た神谷英樹氏は…

  3. 映画版『ボーダーランズ』監督は「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロスが担当! 2月末に更なる情報公開へ

    映画版『ボーダーランズ』監督は「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロスが担当! 2月末に更なる情報公開へ

  4. 観客も巻き込むローグライトなコンバットレーシング『Bloody Rally Show』Steamにて配信開始!

  5. 伊藤潤二風味のコズミックホラーRPG『恐怖の世界』早期アクセス開始ーSAN値を削る新トレイラーも

  6. シュールで笑える『スカイリム』NPCの真似をし続ける男性の動画―ついにPart13まで登場

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  9. 海外ファンがModを使用せずに『マインクラフト』で『メトロイド フュージョン』を再現!

  10. 『RDR2』のアーサー役声優が西部劇小説を朗読してくれるオーディオブックが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top