『バイオハザード』シリーズが「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」で圧倒―7作がランクイン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バイオハザード』シリーズが「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」で圧倒―7作がランクイン

市場調査会社NPD Groupのゲーム業界アナリストMat Piscatella氏は「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」を公開しました。

ニュース ゲーム業界
『バイオハザード』シリーズが「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」で圧倒―7作がランクイン
  • 『バイオハザード』シリーズが「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」で圧倒―7作がランクイン

市場調査会社NPD Groupのゲーム業界アナリストMat Piscatella氏は「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10(1995年1月~現在・全プラットフォーム)」を公開しました。

公開されたランキングでは、10タイトル中7タイトルを『バイオハザード』シリーズが占めていることを確認可能です。

他には、Techlandのゾンビパルクールオープンワールド『Dying Light』や、エレクトロニック・アーツのSFアクションホラー『Dead Space 2』、Tango Gameworks手掛けるサバイバルホラー『サイコブレイク(The Evil Within)』(デジタル版含まず)など、有名タイトルがランクインしています。


Piscatella氏はまた、「『バイオハザード2』(4位)と『バイオハザード RE:2』(7位)を合算したら、ランキング1位になっていただろう」「『バイオハザード RE:2』の売上額がこんなにも早く、シリーズ過去作の通算売上額に並んだのは驚きだ」とも投稿しています。
《S. Eto》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『CCFF7R』や『ドラクエX』オフライン版発売も前年同期比で減収―スクエニHD、2023年3月期第3四半期連結決算発表

    『CCFF7R』や『ドラクエX』オフライン版発売も前年同期比で減収―スクエニHD、2023年3月期第3四半期連結決算発表

  2. 『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』などがお買い得!最大70%OFFのアトラスセール、2月15日まで

    『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』などがお買い得!最大70%OFFのアトラスセール、2月15日まで

  3. イーロン・マスクがTwitterAPI有料化に言及―100ドルの月額料金とID認証で物事を整理できる

    イーロン・マスクがTwitterAPI有料化に言及―100ドルの月額料金とID認証で物事を整理できる

  4. TwitterAPI有料化、ゲームアカウント連携に影響はない?『アズレン』『ブルアカ』などのYostarがアナウンス

  5. 【期間限定無料】ステルスACT『Dishonored: Death of the Outsider』&犯罪組織シム『City of Gangsters』Epic Gamesストアにて配布開始

  6. Xbox 360ストアが今年5月に閉鎖?とコミュニティがざわつくも、マイクロソフトが否定【UPDATE】

  7. 『Apex Legends』と『タイタンフォール』世界が舞台の新作開発中止か―開発チームは配置換え先が見つからない場合解雇との報道

  8. Twitterを利用したゲームのアカウント認証等が使えなくなるかも?TwitterAPIが2月9日より有料化

  9. 『ストリートファイターV』がついにSFC版『ストII』抜く!販売本数700万本突破でシリーズ最高本数に

  10. 今度は米空軍の配布禁止文書が…『War Thunder』フォーラムに戦闘機F-16の関連文書が投稿される【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top