『バイオハザード』シリーズが「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」で圧倒―7作がランクイン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バイオハザード』シリーズが「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」で圧倒―7作がランクイン

市場調査会社NPD Groupのゲーム業界アナリストMat Piscatella氏は「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」を公開しました。

ニュース ゲーム業界
『バイオハザード』シリーズが「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」で圧倒―7作がランクイン
  • 『バイオハザード』シリーズが「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10」で圧倒―7作がランクイン

市場調査会社NPD Groupのゲーム業界アナリストMat Piscatella氏は「全米で最も売れたサバイバルホラー トップ10(1995年1月~現在・全プラットフォーム)」を公開しました。

公開されたランキングでは、10タイトル中7タイトルを『バイオハザード』シリーズが占めていることを確認可能です。

他には、Techlandのゾンビパルクールオープンワールド『Dying Light』や、エレクトロニック・アーツのSFアクションホラー『Dead Space 2』、Tango Gameworks手掛けるサバイバルホラー『サイコブレイク(The Evil Within)』(デジタル版含まず)など、有名タイトルがランクインしています。


Piscatella氏はまた、「『バイオハザード2』(4位)と『バイオハザード RE:2』(7位)を合算したら、ランキング1位になっていただろう」「『バイオハザード RE:2』の売上額がこんなにも早く、シリーズ過去作の通算売上額に並んだのは驚きだ」とも投稿しています。
《S. Eto》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  2. 名作STG『パンツァードラグーン』シリーズの足跡を「ねらえ」! 現代に蘇った初代から最新作まで、更なる未来にも迫る【リメイク版配信記念】

    名作STG『パンツァードラグーン』シリーズの足跡を「ねらえ」! 現代に蘇った初代から最新作まで、更なる未来にも迫る【リメイク版配信記念】

  3. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

    5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  4. ベセスダ、6月イベント開催はなし「胸躍らせる多くの取り組みを今後数か月で発表」

  5. サターンの名作『パンツァードラグーン』がVRに!シリーズ三部作のエピソードを舞台とした『パンツァードラグーンVoyage Record(仮題)』2020年発売

  6. スイッチ版『パンツァードラグーン:リメイク』ついに4月2日に発売!【UPDATE】

  7. 『ワールド・ウォーZ』アップデート「Horde Mode Z」海外で開始―PS4日本語版のアップデートは12月18日開始

  8. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  9. 対戦型FPS『Cosmic Warfere』AIプレイヤーが悪質行為を連発―開発者「我々は知らない。彼らが学習したようだ」【UPDATE】

  10. ロックスターが新型コロナ対策に『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』売上利益の5%を寄付すると発表

アクセスランキングをもっと見る

page top