【リサーチ】『出会えて本当に良かったと思うゲーム』結果発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【リサーチ】『出会えて本当に良かったと思うゲーム』結果発表

毎週恒例の読者参加アンケートコーナー「Game*Sparkリサーチ」。今回は『出会えて本当に良かったと思うゲーム』というテーマで皆様から募集した回答をご報告します。

連載・特集 Game*Sparkリサーチ
【リサーチ】『出会えて本当に良かったと思うゲーム』結果発表
  • 【リサーチ】『出会えて本当に良かったと思うゲーム』結果発表

毎週恒例の読者参加アンケートコーナー「Game*Sparkリサーチ」。今回は『出会えて本当に良かったと思うゲーム』というテーマで皆様から募集した回答をご報告。


回答の中でも多くの共感を集めたのは、完成度の高さで唸らせた『The Witcher 3: Wild Hunt』、気づいたら何百時間もプレイしてしまう『The Elder Scrolls V: Skyrim』、“ソウルライク”ジャンルの始祖『Demon's Souls』でした。いずれもゲーム史に名を残す作品であり、出会った時は大きな衝撃を受けたのではないでしょうか。


そのほかには、『ゴールデンアイ007』、『HALO』、『Horizon Zero Dawn』、『バイオハザード』、『マインクラフト』、『グーニーズ』、『ソニックアドベンチャー2』、『EVE burst error』、『The Elder Scrolls IV: Oblivion』、『スプラトゥーン』、『Portal』、『シャドウハーツ』などが挙げられています。


こうして皆様の回答を見ると次々と思い出が蘇り、コメントの「1つに絞れない」という意見には大納得…。「記憶を消してやり直したい」というのも多くの方が共感するかもしれません。人生にも大きな影響を与えるゲーム。これからも様々なゲームに出会いたいですね。それでは最後に、読者の皆様から寄せられたコメントを一部ご紹介。



スパくんのお友達さん

Plants vs Zombies GARDEN WARFARE
ここでのフレの出会いが俺を変えてくれた ゲーム自体もTPSながらデスが軽い多人数戦で開口が広くキャラも可愛い 最近新しいの作ってんの知ってるからな 期待してるぞ!


マイキーさん

グーニーズ

ゲームで初めて「クリア」を体験したゲーム。
攻略本片手に何度も何度もやってようやくクリア。クリア画面の美しさに感動したのを今でも覚えている。


スパくんのお友達さん

OVERWATCH
カートゥーン調のゲーム自体あまり好きじゃなかったけど
キャラクターデザイン、ストーリー、ゲーム性、どれをとっても満点今でもこれを超えるゲームと出会ったことがないぐらい好き
ウィンストンとかハモンドみたいなオーバーウォッチの世界観だからこそ登場する動物系のキャラクターも魅力的
OWのおかげで個性的なヒーロー(キャラクター)が登場するゲームが好きになった


スパくんのお友達さん

Ace Combat 04

初めてフライトシューティングをやってみて、「空を飛ぶ」ことの気持ちよさとストーリーを通してのパイロットの儚さを強く感じた。
久しぶりにサントラも買った作品だったなぁ。
弾幕シューティングは嫌いなんだけどw


スパくんのお友達さん

デモンズソウル。
血文字を通じて、全ての他プレイヤーと協力して高難易度ダンジョンを踏破する壮大な「ソロ」RPGの原点。


スパくんのお友達さん

TESシリーズ
箱○を買ったけどGTA4が発売されるまでやるソフトがなく、高評価だったオブリを買ってみたのがきっかけだったな。
それまで嫌いだったRPGを好きにさせるくらい衝撃的なゲームだった。


スパくんのお友達さん

SEKIRO
正に昔から待ち望んでた理想のチャンバラゲームだった


スパくんのお友達さん

DARKSOULS
ソウルライクでしか楽しめない身体にしたフロムの罪は重い


スパくんのお友達さん

ウィッチャー3 ワイルドハント

長いゲーム歴の中でこれほど完成された作品は他に出会ったことが無い。
テレビゲームというジャンルを、映画に匹敵する知的娯楽に昇華させた名作の一つだと思う。
面白いゲームは数多くあれど、ゲームとは無縁の人に自信を持って紹介できた作品はウィッチャー3だけだった。政治・宗教・歴史あるいは人生そのものに造詣が深いほど話題が濃くなる作品だ。
そして最後に、ゲラルトかっこいい。


スパくんのお友達さん

Minecraft
初めてこのゲームでMODというものを勉強した
その結果他ゲーでもMODを導入して遊ぶ楽しみが増えた


スパくんのお友達さん

Mount&Blade Warband
個人ブログで絶賛しててその内容に惹かれた
値段も安かったし買ってみたら見事に時間をごっそり持っていかれた
軍団を率いて戦うのもそうだが、剣戟のシステムが本当に良く出来てて、攻撃とガードに向きがあり、攻撃に対してガードの向きが合ってないと攻撃を防げなかったり、フェイントで騙したり、相対速度で攻撃の威力が変わったりとリアリティーがある上にゲームの要素として面白くなるよう落とし込まれてる
ハイクオリティな大型modも遊びきれないほどあるし全然時間が足りなくなる


スパくんのお友達さん

Horizon Zero Dawn
グラがキレイで、動かしてて楽しいし気持ちいいってだけで最高
弱者や虐げられた人に寄り添えるアーロイは、自分の中で理想のヒーロー像だな


スパくんのお友達さん

EVE burst errorかな
ストーリーが気になって当時は徹夜でプレイしてました
マルチサイトシステムも斬新でしたね
burst errorにハマって以来シリーズは全部コンプしてきましたが残念ながらburst errorを
超えるものはなかったかな
ただそれでも直近に発売されたrebirth terrorは結構良かったです


スパくんのお友達さん

信長の野望Online
ゲーム+インターネットのある意味究極形、MMOってやつの楽しさと問題点をダイレクトに教えてくれた。サービス開始とほぼ同時に始められたのが大きかった。仲間との狩り、合戦のお祭り感、自国滅亡の悲愴感と再興の一体感…。引退して数年、今でもあの頃の事は素晴らしい思い出として残ってます。


スパくんのお友達さん

スカイリム
少しずつ周りからゲームを遊ぶ人が減ってきたり、黎明期のソーシャルゲームに流れたりしてた頃、自分はこれに出会ってしまった
人生の分岐点だったと思う


スパくんのお友達さん

一本だけには絞りきれないなあ
時代や年齢に応じてその都度変わってきたから
コンピュータゲーム自体がいまだに進化と発展途上の産物なんだしこれからも楽しみではある


スパくんのお友達さん

ヘイローシリーズかなー。小説まで読み漁ったな当時w小説の中でのチーフの言葉は今も胸に残ってる。「身体が悲鳴をあげている時は精神と肉体を分離させろ」的な言葉


スパくんのお友達さん

007ゴールデンアイ
FPSというジャンルの楽しさを教えてくれた作品だわ


スパくんのお友達さん

PS3版のオブリビオン
初めて触れたオープンワールドゲームでRPGというジャンルの見方が変わった
洋ゲーという存在をはっきりと認識したきっかけでもある


スパくんのお友達さん

GTA3だねこれが無かったら今の自分は形成されなかった
次にCoD4だね
これと出会わなかったら今のゲームについていけなかったね(40歳)


スパくんのお友達さん

ブレスオブファイア3
セーブ中電源を切るとデータが破損することと、補助魔法の有用性を初めて教えてくれたゲームだった


スパくんのお友達さん

いろいろ考えたけどいろんなゲームの思い出が層のように積み重なっていて絞りきれないという結論に達した


スパくんのお友達さん

スプラトゥーン
今や世界中で主流となってる対戦型シューティングゲームを
任天堂ならではのセンスと技術力で作った賜物だと思う
洋ゲーと和ゲーからいいとこ取りしたような絶妙なバランスのキャラデザも素晴らしい
任天堂のゲームをしばらく遊んでなかったけど今じゃ毎日スイッチが稼働してる


スパくんのお友達さん

バイオハザード
子供の頃からホラー映画や怖いテレビ番組をドキドキしながら見るのが好きだったけど、ゲームの中でそれと同じ体験を出来た初めてのゲーム。


諸派さん

PSP『楽園男子』

2007年に開発が発表され、2013年に発売された、女性向け恋愛アドベンチャーゲームです。
2009年に、ゲーム雑誌の発売予定表に載っているところを見つけてから、
ずっと発売を、心待ちにしていました。
ファミコン以降、機種・ジャンルを問わず、遊んだゲームソフトの中で、いちばん好きです。
ゲーム中に出現する選択肢が多く、選択肢を選んだ結果、
攻略対象者の心情の変化が読み取りづらく、
好感度が、上がったのか下がったのか分かりづらい、
難易度が高めのゲームが好きなのですが、それにも当てはまりました。
また、胸が張り裂けそうな、激情的で悲痛な感じの、オープニング主題歌と、
静かにゆっくりと、規則正しく動いている振り子が、
途中から、不安定になるような感じがする、エンディング主題歌も好きです。
2曲とも、ゲーム中では、1番しか流れないので、2番も入ったCDが発売されてほしいです。


スパくんのお友達さん

Portal
これをやろうとしてSteamを使い、やった結果CS以外にも面白いゲームの市場があることを知ることができた。現在Steamで積んでる本数については。。。


スパくんのお友達さん

ときめきメモリアル
ギャルゲーというジャンルのベースを築いたこのゲームの登場のせいで、人生が変わった(狂わされた)人は多いはず
自分もその一人


ばれさん

レッドシーズプロファイル
本当にクリアしたくないと思ったゲーム
いつまでもあそこにいたかった
ツッコミどころ満載だが機会があればぜひプレイしてほしい


スパくんのお友達さん

Hyper Light Drifter

評価の高さと美麗なピクセルアートに惹かれて、アクションゲームなんてほとんど全くと言っていいほど遊んだ事がなかったのに手を出してしまった。
探索も戦闘もとても楽しくて、何度死んでも投げ出さずエンディングまで楽しく遊べたし、これまで苦手意識の強かったアクションゲームが今では好きなゲームジャンルの一つになっている。下手の横好きだけどね。


スパくんのお友達さん

今SEKIROやってるからかパッと出てきたのはデモンズソウル。
時には何十回と挑戦して打開していく面白さを教えてくれたし、「自分の記憶消してもっかい最初からやりてー!」と思った事を鮮明に覚えてる。


スパくんのお友達さん

ストリートファイターZERO3
ZEROシリーズの集大成でキャラや各イズム、ゲームシステムが多いからか、様々な機種で20年以上やっても全然飽きない
CPU戦も弱過ぎず超反応過ぎず、絶妙な感覚で攻めてくるし、2~3か月ごとに誰か一人のキャラを集中して極めようとすると非常に長く楽しめる


スパくんのお友達さん

ゲームボーイの「ドンキーコングランド」かなー
生まれて初めて遊んだのがこの良作だったから、「ゲームって面白い!」と思えたんだと思う
対して私の父は初めて遊んだのが「ノットトレジャーハンター」だったから、ずっと「ゲームはくだらない」と思ってる


tanさん

HALO
FPS自体興味がなかったが、XBOXソフトの安売りでHALOが置いてあり某ラジオの芸能人が話のネタにしていたのを思い出し他のソフトと一緒に購入。
他のソフトがあまり面白くなかったので期待せずプレイしたが毎日やるほどハマってしまい、FPSの面白さを教えてくれたゲームです。


スパくんのお友達さん

ブレスオブザワイルドは、記憶を消してまた最初から遊びたい。
鉄騎には今のVRでも味わえないほどの没入感があった。
初代TDUで勝敗関係なくただ走るドライブゲームの楽しさを知った。
どれも、作り込まれた世界を感じさせてくれた作品だった。


スパくんのお友達さん

色々あったけどやっぱりMGSかな
世代的にMGSとともに成長してきたし、大人になってから遊び直すとストーリーの印象もゲームの楽しみ方も大きく変わっていた

こういう楽しみ方ができると子供の頃に出会っといて本当に良かったと思える


スパくんのお友達さん

MGS(と小島監督)
多感な時期に出会えてよかった。大人になった今でも自分の考えの根底にあるのはMGSでスネークやオタコンが語ったこと。
そして小島監督にあこがれてゲーム業界にも入れた。僕の人生を決定づけた最高のゲームです。


スパくんのお友達さん

ゲームの楽しさを教えてくれたってのなら
ゴエモンシリーズかなぁ
後ろで母親に見られながらやってたっけ


スパくんのお友達さん

ダンジョンシージ
学生の頃にLOTR三部作を見たきっかけからファンタジー好きになってネットでRPGの面白いゲームを探している時に出会った作品。
クリアまで一本道でひたすら目の前の敵を倒していくだけのゲームなんだけど、ロードが一切ないという画期的なシステムで、村から森へ入るとき急に薄暗くなったり、シームレスに景色が切り替わるのがとても印象的でワクワクしたのを今でも覚えてる。RPGの楽しさを教えて貰った。


スパくんのお友達さん

シャドウハーツ

1BAD➡︎2➡︎1GOODで
ウルが報われるのがわかって、感無量だった。
もうこれ以上感動できるゲームには出逢えないだろう。
ホントにありがとう!


スパくんのお友達さん

やってきたゲーム全て


スパくんのお友達さん

Mother2かなぁ
それまで遊んできたRPGとは毛色が違って身近な物が道具だったり敵だったり現代風の街並みだったり世界観にスッと入っていけたのが印象的だった。
途中で自分の名前を聞かれたりよくわからない行動をさせられたのも最後の最後に思いもよらない展開で子供ながらに全身鳥肌がたったのも覚えてる。最後の戦いを終えて友達と一人ずつ別れるシーンは「あ、みんなとの冒険もここでおしまいなんだ」って無性に寂しくなったっけ…

「大人も子供もお姉さんも」ってキャッチコピーがあって当時は理解も気にもしてなかったけど
大人になってもう一度遊んでみたら子供の頃には気づかなかったネタがそこらじゅうにちりばめられていて同じゲームで遊んでいるはずなのにまた別のゲームで遊んでるようですごく楽しめたな。

ぽえ~ん


スパくんのお友達さん

Skyrim、正直RPG系のFPSゲームは大の苦手なので、でも大作と言う理由で買いましたけど、どうせ10時間ぐらいプレイして直ぐ飽きるんだろうなぁと思ったら400時間もプレイしていました。
景色や世界がものすごく綺麗なのも飽きない理由だったと思います。
あとは Factorioでしょうか、これも300時間ほど遊んでいます。
Rimworld、これは500時間遊びました。


スパくんのお友達さん

幼少時に初めて触れたFCボンバーマン以降、
出会えた良かったゲームなんて数え切れませんわ。

直近ではやっぱりRDR2。
1をプレイしてこれこそオープンワールドの最高峰だと思っていたのに、
それを見事に上回ってしまうほどのストーリーやリアリティ。
キャンプした翌朝コーヒーを淹れて飲んだ瞬間、
「あ、俺このゲームの世界で生きている」と感じたり。
今は他のゲームをやっているけど、気を抜けばあの世界に戻ってしまいそう。


スパくんのお友達さん

ライフイズストレンジとビフォアザストームの2作で
百合に目覚めました。
ありがとうマックス。
ありがとうクロエ。


スパくんのお友達さん

風ノ旅ビト
最初に出会ったのがいかにもCPU風の動きをする2Pだった
二人で肩を合わせて雪山を登るうちに相手の息遣いを感じてもしかして…?と気づいた思い出


スパくんのお友達さん

ダークソウル
PS2の終盤頃から10年近くゲームしてなかったけどデモンズとFO3がやりたくてPS3買って、ダークソウルで完全にどハマりして復帰した
ゲームっていいもんだなと思わせてくれた


スパくんのお友達さん

TeamFortress2
鬱になった時にふと見つけたこのゲームに惹かれ何故か無気力状態だったのに没頭できた
そうして延々とオッサンの肉片を量産していたら鬱が治った 今遊んでもやっぱり他とは絶対的に違うなって感じる、大好きだ


スパくんのお友達さん

PSの『…いる!』かな。あのゲームの影響で、ゲーム業界に入って、今でもゲーム業界に来たのはこれですって言ってポカーンとされてる。


スパくんのお友達さん

PS2のデビルメイクライ
CMで敵を打ち上げて二丁拳銃でズババババーンって追撃してたのはアクションの革命だった
今でもファンです


スパくんのお友達さん

BIOSHOCK
これだけはゲームをたかが暇つぶしと誰にも言わせない完成された現代のアートとしての価値がある
もう10年も前の作品だけど、プレイしながらこのゲームを超えるゲームは多分一生出てこないと
思いながら本当に出てきていない 今では立派なゲームジャンキーです


※すべてのコメントを見る。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top