グロテスクホラーADV『Scorn』2019年内の発売は断念―現在の進捗を報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

グロテスクホラーADV『Scorn』2019年内の発売は断念―現在の進捗を報告

デベロッパーのEbb Softwareはグロテスクホラーアドベンチャー『Scorn』のKickstarterアップデートページにて現在の進捗状況を報告。ゲームシステムの改善などがまだ必要で2019年内のリリースは断念したとのことです。

ニュース 最新ニュース
グロテスクホラーADV『Scorn』2019年内の発売は断念―現在の進捗を報告
  • グロテスクホラーADV『Scorn』2019年内の発売は断念―現在の進捗を報告
  • グロテスクホラーADV『Scorn』2019年内の発売は断念―現在の進捗を報告

デベロッパーのEbb Softwareはグロテスクホラーアドベンチャー『Scorn』のKickstarterアップデートページにて現在の進捗状況を報告しました。

報告によれば7月の重要な社内マイルストーンは無事達成したものの、2019年には発売されないことを確認。ゲームシステムの改善や体験の洗練に多くの作業と時間がかかると述べています。

また、Kickstarter後のPayPalでの支援に利用していたクラウドファンディングプラットフォームBrightlockerの閉鎖に関しても言及。Brightlockerのチームは閉鎖に先立ち、支援者にリワードを送るために必要な関連データをEbb Softwareに提供したので、Brightlockerを通じて行われたプレッジは全て守られるとのことです。

そのほか、多くの人が気になっているゲーム内容に関しては次のように伝えています。

  • ゲーム内のインベントリとセーブシステムを全般的に改善。
  • 主人公のヒーリングシステムと様々なアニメーションシステムを完全に実装し、ストーリーテリングに重要な全身の認識を向上させた。
  • 既存の全てのレベルは穴やエラー、スタックの可能性がある場所を手動で検査している。
  • 3つの巨大なパズルシステムを開発。そのうちのいくつかはレベル全体にまたがってる。
  • 新しいAIキャラクターを追加し、既存のNPCの動作を拡張した。これによりプレイヤーに対してグループで動くことができるようになった。チームは多くのAIテストを行っている。


『Scorn』はPCを対象にSteam配信予定です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ボーダーランズ3』最新ホットフィックスを配信―血まみれ収穫祭は12月5日まで

    『ボーダーランズ3』最新ホットフィックスを配信―血まみれ収穫祭は12月5日まで

  2. Obsidian開発の新作サバイバル『Grounded』発表―小人として庭で昆虫と戦闘!【X019】

    Obsidian開発の新作サバイバル『Grounded』発表―小人として庭で昆虫と戦闘!【X019】

  3. オープンワールドサバイバル『Rust』のXbox One版が発表!【X019】

    オープンワールドサバイバル『Rust』のXbox One版が発表!【X019】

  4. Rare手掛ける新作アドベンチャー『EVERWILD』発表!【X019】

  5. 金融冒険ノベルゲー『WORLD END ECONOMiCA』アニメ化CFが11月14日開始&即日目標達成―個人投資家からの打診がきっかけに

  6. DONTNOD新作アドベンチャー『Tell Me Why』発表―2020年夏全チャプター配信予定【X019】

  7. サイケデリックな横スクACT新作『The Artful Escape』発表!【X019】

  8. 『Minecraft Dungeons』2020年4月に発売決定!【X019】

  9. Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

  10. 名作RTS『Commandos 2』『Praetorians』のHDリマスター版が2020年1月24日に発売―PC版は12月にベータも実施

アクセスランキングをもっと見る

page top