戦術WW2RTSシリーズ新作『Close Combat: The Bloody First』配信開始―3Dになった戦場を戦い抜け | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

戦術WW2RTSシリーズ新作『Close Combat: The Bloody First』配信開始―3Dになった戦場を戦い抜け

長年続く戦術RTSシリーズ新作『Close Combat: The Bloody First』がPC向けに配信開始。新たな3Dの戦場でWW2を戦い抜け。

PC Windows
戦術WW2RTSシリーズ新作『Close Combat: The Bloody First』配信開始―3Dになった戦場を戦い抜け
  • 戦術WW2RTSシリーズ新作『Close Combat: The Bloody First』配信開始―3Dになった戦場を戦い抜け
  • 戦術WW2RTSシリーズ新作『Close Combat: The Bloody First』配信開始―3Dになった戦場を戦い抜け

Matrix Gamesは、同社の手掛ける戦術RTSシリーズ新作『Close Combat: The Bloody First』を配信開始しました。

1996年にマイクロソフトから発売された初代以降、開発・パブリッシャーを変えながら長年続く同シリーズ。新たに3Dエンジンを採用した本作では、アメリカ陸軍の第1歩兵師団、通称「Big Red One」の兵士達を指揮し、1942年11月から1944年8月にかけて、ノルマンディやチュニジア、シチリアといったWW2の歴史的な戦地を辿ります。



マルチプレイにも対応する『Close Combat: The Bloody First』は、Windows向けにSteam/Matrix Games(Steamキー付き)にて4,100円で発売中です。

《S. Eto》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

    クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

  2. 実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

    実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

  3. 『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

    『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

  4. ラジコンカーで街中を爆走するレースゲーム『Volt Recharge』発表―カスタマイズした機体で白熱の画面分割/オンライン対戦に挑め

  5. 穏やかな森の中で暮らすサバイバル『Under Canopies』Steamストアページ公開―動物の飼育や料理を楽しみながら自然と調和して生活

  6. 『Cities: Skylines II』圧倒的不評なDLC「Beach Properties」の返金対応が発表―開発方針も見直しへ

  7. モンスター収集RPGホラー『Monstronomy』Steamでリリース―ダークウェブで発見された“ポケモン”風ゲームに隠された恐怖とは

  8. 基本プレイ無料の王道SRPG『鈴蘭の剣:この平和な世界のために』正式リリースが2024年夏に決定。ファイナルCBTも実施予定

  9. 発売から4年“非常に好評”『No one lives under the lighthouse Director's cut』日本語に対応!一人称視点灯台ホラーADV

  10. 画面が増え続けるトンデモ『テトリス』無料リリース。『Baba is You』作者による新作落ち物パズル

アクセスランキングをもっと見る

page top