カプコン、2020年3月期第2四半期決算を発表―『モンハン:アイスボーン』が全世界280万本を出荷し、収益向上のけん引役を果たす | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコン、2020年3月期第2四半期決算を発表―『モンハン:アイスボーン』が全世界280万本を出荷し、収益向上のけん引役を果たす

カプコンは、2020年3月期第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)を公開しました。

ニュース ゲーム業界
カプコン、2020年3月期第2四半期決算を発表―『モンハン:アイスボーン』が全世界280万本を出荷し、収益向上のけん引役を果たす
  • カプコン、2020年3月期第2四半期決算を発表―『モンハン:アイスボーン』が全世界280万本を出荷し、収益向上のけん引役を果たす

カプコンは、2020年3月期第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)を公開しました。

売上高は372億72百万円(前期比14.0%減)、営業利益は139億92百万円(前期比33.2%増)、経常利益は140億2百万円(前期比36.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は98億46百万円(前期比43.7%増)を記録。

カプコンの主力事業であるデジタルコンテンツ事業において、9月に発売された主力タイトル『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が全世界で280万本を出荷し収益向上のけん引役を果たしたほか、前期にヒットした『バイオハザード RE:2』や『デビル メイ クライ 5』など、好採算のDL販売が拡大。

2018年1月に発売された『モンスターハンター:ワールド』も息が長い売行きを示すなど、利幅が大きいリピート販売の健闘により利益を押し上げ、前年同期比で減収となるも、第2四半期決算としてはすべての利益項目で過去最高を記録しました。

■2020年3月期第2四半期決算短信
http://www.capcom.co.jp/ir/data/pdf/result/2020/2nd/result_2020_2nd_01.pdf
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PS5は初期900万台の生産を目指す―Facebookとソニーが自社デバイスの増産を準備

    PS5は初期900万台の生産を目指す―Facebookとソニーが自社デバイスの増産を準備

  2. アニメ「ドラゴンズドグマ」Netflixで2020年9月17日より配信―ティザービジュアルも公開

    アニメ「ドラゴンズドグマ」Netflixで2020年9月17日より配信―ティザービジュアルも公開

  3. Xbox Series Xのアーキテクチャ紹介動画「Xbox Velocity Architecture Trailer」公開

    Xbox Series Xのアーキテクチャ紹介動画「Xbox Velocity Architecture Trailer」公開

  4. 「Ubisoft Forward」にログインできなかったユーザーへ向けてリワード配布が実施中

  5. スイッチ版が配信停止中のARPG『ファイナルソード』開発元がYouTube配信についてのお願いを掲載

  6. 小島監督が宇宙開発企業「スペースX」の見学を希望―CEOのイーロン・マスクは「いつでもどうぞ」

  7. ラットロイドヴァニア『Curse of the Sea Rats』約3,000万円を集めてKickstarterを終了

  8. テンセントが『Warframe』などを手掛けるDigital Extremesの親会社Leyouの買収に向け交渉中

  9. 「残念ではあるが後悔はない」フィル・スペンサー氏がストリーミングサービス「Mixer」終了についてコメント

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top