『RDR2』攻略本に書かれた伝説の魚は“幻”だった?ユーザーたちの1年に及ぶ試行錯誤に決着か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『RDR2』攻略本に書かれた伝説の魚は“幻”だった?ユーザーたちの1年に及ぶ試行錯誤に決着か

『レッド・デッド・リデンプション2』の海外向け攻略本に記されていた、とある魚が実ゲーム上には実在していないと海外メディアで話題に。

ゲーム文化 カルチャー
『RDR2』攻略本に書かれた伝説の魚は“幻”だった?ユーザーたちの1年に及ぶ試行錯誤に決着か
  • 『RDR2』攻略本に書かれた伝説の魚は“幻”だった?ユーザーたちの1年に及ぶ試行錯誤に決着か
  • 『RDR2』攻略本に書かれた伝説の魚は“幻”だった?ユーザーたちの1年に及ぶ試行錯誤に決着か
ついにPC版も発売となった『レッド・デッド・リデンプション2』。同作の海外向け攻略本に記されていた、とある魚の存在について大きな進展があったことが報じられました。

Polygonが報じるところによれば、問題となったのは同作の海外向け攻略本にその存在が記載されている、200ポンドほどになる伝説の“Channel Catfish”。Swamp lureで捕獲可能とされるこの魚ですが、今まで1件も捕獲報告がなく、ユーザーによる試行錯誤が繰り返されていました。ゲーム中ではとあるクエストにて、釣ろうとした人間を逆に湖へと一瞬で引きずり込む、恐ろしい存在の鱗片を垣間見ることができるだけになっています。

そんな“Channel Catfish”、PC版のデータの調査を行ったユーザーによりある“真実”が判明することに。なんと“Channel Catfish”はデータのみが存在し、ゲーム内には登場しないというのです。データは2種類のものが用意されており、今後のコンテンツなどで用いられる可能性は残していますが、ゲーム内未登場のものが攻略本に記載されてしまったことを含め真相は闇の中。

いつの日か“幻”の魚が日の目を見る時は来るのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Netflixドラマ「ウィッチャー」の最終予告編がお披露目―ローチに触るな!

    Netflixドラマ「ウィッチャー」の最終予告編がお披露目―ローチに触るな!

  2. Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除

    Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除

  3. Ninjaが海外の料理YouTubeチャンネルに出演!プロ料理人と共にサンドイッチ作りに励む

    Ninjaが海外の料理YouTubeチャンネルに出演!プロ料理人と共にサンドイッチ作りに励む

  4. 「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

  5. 油彩画のようなビジュアルのオープンワールドRPG新作『DISCO ELYSIUM』配信日決定!

  6. 輸送シム『Transport Fever 2』がSteamで配信開始!3つの大陸で陸路、海路、空路をマネージメント

  7. 「The Game Awards 2018」発表内容ひとまとめ【TGA2018】

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 美麗ハクスラアクション新作『Blasphemous』配信開始! 強烈な世界観を見せるローンチトレイラーも披露

  10. ライアン・レイノルズ主演の新作映画「Free Guy」最新トレイラー公開―自分がゲームのNPCだと気付いた男を描く

アクセスランキングをもっと見る

1
page top