『Dead Cells』有料大型DLC「The Bad Seed」2020年Q1発売―植物園と沼ステージで本編初期の緊張感を再体験 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dead Cells』有料大型DLC「The Bad Seed」2020年Q1発売―植物園と沼ステージで本編初期の緊張感を再体験

フランスのインディデベロッパーMotion Twinは12月4日、ローグヴァニア アクション『Dead Cells』の最新ダウンロードコンテンツ「The Bad Seed」を発表し、ティーザートレイラーを公開しました。

ニュース 発表
『Dead Cells』有料大型DLC「The Bad Seed」2020年Q1発売―植物園と沼ステージで本編初期の緊張感を再体験
  • 『Dead Cells』有料大型DLC「The Bad Seed」2020年Q1発売―植物園と沼ステージで本編初期の緊張感を再体験
  • 『Dead Cells』有料大型DLC「The Bad Seed」2020年Q1発売―植物園と沼ステージで本編初期の緊張感を再体験
  • 『Dead Cells』有料大型DLC「The Bad Seed」2020年Q1発売―植物園と沼ステージで本編初期の緊張感を再体験
  • 『Dead Cells』有料大型DLC「The Bad Seed」2020年Q1発売―植物園と沼ステージで本編初期の緊張感を再体験
  • 『Dead Cells』有料大型DLC「The Bad Seed」2020年Q1発売―植物園と沼ステージで本編初期の緊張感を再体験
  • 『Dead Cells』有料大型DLC「The Bad Seed」2020年Q1発売―植物園と沼ステージで本編初期の緊張感を再体験
  • 『Dead Cells』有料大型DLC「The Bad Seed」2020年Q1発売―植物園と沼ステージで本編初期の緊張感を再体験

フランスのインディデベロッパーMotion Twinは12月4日、ローグヴァニア アクション『Dead Cells』の最新ダウンロードコンテンツ「The Bad Seed」を発表し、ティーザートレイラーを公開しました。







本DLCでは、平和で落ち着いた、キノコの一族が生息する植物園ステージと、毒を有する環境に、ミュータントやカエル、吸血鬼といった危険な敵が潜む沼ステージを追加。ゲーム開始初期の体験を再び味わえるよう、それぞれのステージを本編の中庭/牢獄、塁壁/納骨堂/古い下水道相当に、ボスはコンシェルジュと同等にデザインしているとのことです。

DLC「The Bad Seed」は、2020年の第1四半期にPC/Mac/Linuxおよびコンソールを対象に4.99ドルで発売予定。Steamでは既にストアページが公開されています。これまでの無料DLCとは変わり、今回有料で販売されることについては、『Dead Cells』を今後も製作し続け、また開発元Motion Twinの次なる作品へと繋げるためと説明されています。

《technocchi》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『地球防衛軍6』メンテもままならず兵器はトラックの荷台上で“間に合わせ”運用…!EDFは機能不全寸前、より過酷な状況を伝える最新情報が公開

    『地球防衛軍6』メンテもままならず兵器はトラックの荷台上で“間に合わせ”運用…!EDFは機能不全寸前、より過酷な状況を伝える最新情報が公開

  2. 『ウィッチャー3』ディレクターがCD PROJEKTを退社―「多くの人が私と仕事することに恐怖やストレス、不快感を感じている」

    『ウィッチャー3』ディレクターがCD PROJEKTを退社―「多くの人が私と仕事することに恐怖やストレス、不快感を感じている」

  3. オープンワールド吸血鬼サバイバル『V Rising』発表! 長い眠りから覚めた吸血鬼が危険な世界を生き延びる

    オープンワールド吸血鬼サバイバル『V Rising』発表! 長い眠りから覚めた吸血鬼が危険な世界を生き延びる

  4. Activision Blizzardは過去3年間でアクティブユーザーの約29%を失っている―ただし苦戦しているとは限らない

  5. 『KOF XV』21年ぶりに「キング」が龍虎チームへ!お馴染みの極限流使い「リョウ・サカザキ」と「ロバート・ガルシア」参戦トレイラー公開

  6. CoD最新作は『CoD:AW』『CoD:WW2』を手掛けたSledgehammer Gamesが開発を主導―2021年秋発売へ

  7. 任天堂 21年3月期決算、純利益が前期比85%増の4,803億円に─スイッチ本体の累計台数は8,100万台、国内だけでも2,000万台超え! 同社の当期ミリオンソフトは22本

  8. 『Mortal Kombat』『インジャスティス』ディレクターがマーベル格闘ゲーム開発の噂に意味深ツイート

  9. TIME誌の2021年版「世界で最も影響力のある100社」に任天堂やソニーなどゲーム系企業が多数選出

  10. 『ジャッジアイズ』の新情報は5月7日23時解禁!龍が如くスタジオから重大発表

アクセスランキングをもっと見る

page top