現代戦FPS+RTS『Freeman: Guerrilla Warfare』が正式にMod対応、アニメ風美少女が戦場を駆け回るトレイラーも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

現代戦FPS+RTS『Freeman: Guerrilla Warfare』が正式にMod対応、アニメ風美少女が戦場を駆け回るトレイラーも

数日中にMod用のツールも配布予定。現在は公式による日中戦争テーマの作品のみが配信されています。

PC Windows
現代戦FPS+RTS『Freeman: Guerrilla Warfare』が正式にMod対応、アニメ風美少女が戦場を駆け回るトレイラーも
  • 現代戦FPS+RTS『Freeman: Guerrilla Warfare』が正式にMod対応、アニメ風美少女が戦場を駆け回るトレイラーも
  • 現代戦FPS+RTS『Freeman: Guerrilla Warfare』が正式にMod対応、アニメ風美少女が戦場を駆け回るトレイラーも
  • 現代戦FPS+RTS『Freeman: Guerrilla Warfare』が正式にMod対応、アニメ風美少女が戦場を駆け回るトレイラーも
  • 現代戦FPS+RTS『Freeman: Guerrilla Warfare』が正式にMod対応、アニメ風美少女が戦場を駆け回るトレイラーも

デベロッパーKK Game Studioは、FPS+RTS『Freeman: Guerrilla Warfare』が正式にMod対応したことを発表しました。公開されたトレイラーでは銀河戦争や、アニメ風の美少女が戦場を駆ける姿などModの可能性が披露されています。

これに伴ってSteamワークショップも開設。現在は日中戦争をテーマにした公式Mod「Freeman: Second Chinese-Japanese War」のみが置かれています。KK Game Studioは、公式のMod用ツールが数日中に配布される予定であり、これからもっとコミュニティメイドの作品も増えていくはず、と伝えています。制作を指南する動画も公開されているので、本作のMod制作に興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

なお、Modの展開はSteamワークショップに限らずNexus ModsMod DBでも行われるとのこと。各サイトでは、既に上記の公式Modが登録されています。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 東プレの製作する「REALFORCE」シリーズにゲーミングマウスなどの商標が申請されていることが明らかに【UPDATE】

    東プレの製作する「REALFORCE」シリーズにゲーミングマウスなどの商標が申請されていることが明らかに【UPDATE】

  2. SF居住地運営シム『RimWorld』拡張DLC「Royalty」配信開始!―1.1アップデートも配信に

    SF居住地運営シム『RimWorld』拡張DLC「Royalty」配信開始!―1.1アップデートも配信に

  3. 4.99ドルで『S.T.A.L.K.E.R.』三部作を含む10作品が遊べる期間限定バンドルがFanaticalに登場!

    4.99ドルで『S.T.A.L.K.E.R.』三部作を含む10作品が遊べる期間限定バンドルがFanaticalに登場!

  4. ハイスピードロボACT『M.A.S.S. Builder』UI日本語対応が発表!ガードなど新システムや追加ストーリーも3月7日実装【UPDATE】

  5. PC版『レインボーシックス シージ』同時接続者数の最多記録を更新―2018年3月以来、約2年ぶり

  6. ANIPLEX.EXE、Frontwing/枕、ライアーソフト手掛けるADV二作の新情報公開―配信サイトはSteam/DMM GAMES

  7. Obsidian新作『Grounded』Steamページ公開! 小さな体で裏庭サバイバル

  8. 『RimWorld』大型1.1アップデートが登場―大幅最適化に数々の更新や一部ユーザーModの取り入れも

  9. 7日間を生き残り続ける惑星サバイバルMMO『Population Zero』のSteam早期アクセス開始日決定!

  10. Epic GamesストアにてPC版『アサシン クリード シンジケート』『Faeria』期間限定無料配信開始!―次週は『InnerSpace』

アクセスランキングをもっと見る

page top