サムスン、曲がり方がすごい近未来感満載の湾曲ゲーミングモニター「Odyssey」を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

サムスン、曲がり方がすごい近未来感満載の湾曲ゲーミングモニター「Odyssey」を発表

最上位モデルの「49" G9」はアスペクト比32:9、解像度が5120×1440で曲がり角は1000Rを達成しています。

PC パーツ・周辺機器
サムスン、曲がり方がすごい近未来感満載の湾曲ゲーミングモニター「Odyssey」を発表
  • サムスン、曲がり方がすごい近未来感満載の湾曲ゲーミングモニター「Odyssey」を発表
  • サムスン、曲がり方がすごい近未来感満載の湾曲ゲーミングモニター「Odyssey」を発表
  • サムスン、曲がり方がすごい近未来感満載の湾曲ゲーミングモニター「Odyssey」を発表
  • サムスン、曲がり方がすごい近未来感満載の湾曲ゲーミングモニター「Odyssey」を発表

アメリカラスベガスで行われている「CES 2020」にて、サムスンが最新の湾曲ゲーミングモニター「Odyssey」シリーズを公開しました。

モニターラインナップとしては3種類あり、最上位モデルの「49" G9」から小型化された「32" G7」と「27" G7」が用意されています。どのモニターにもQLEDを搭載し、一般的に人間の視野角と呼ばれている1000Rを達成しています。リフレッシュレートは共通で240HzでNVIDIAのG-sync機能にも対応。更に共通で後部のコアが光る仕様となっており、ゲーミング体験をこれまで以上に没入感あるものにしてくれる機能が満載されたモニターです。

異なる点としては上位モデルの「49" G9」では解像度が5120×1440でアスペクト比32:9であるのに対し、「32" G7」並びに「27" G7」では解像度が2560×1440でアスペクト比16:9となります。



ゲーミング体験をこれまで以上のものにしてくれるであろう「Odyssey」シリーズは、記事執筆時点では価格未定。発売は2020年第2四半期を予定しています。
《yakan-boy》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 可愛いキャラのローグライクRPG『NonetEnsemble~魔法仕掛けの迷宮~』Steam版発表

    可愛いキャラのローグライクRPG『NonetEnsemble~魔法仕掛けの迷宮~』Steam版発表

  2. 『Escape from Tarkov』新たなマップやギアカスタマイズの追加など今後の開発計画が明らかに

    『Escape from Tarkov』新たなマップやギアカスタマイズの追加など今後の開発計画が明らかに

  3. ターンベース第二次世界大戦ストラテジー新作『Panzer Corps 2』配信日決定!

    ターンベース第二次世界大戦ストラテジー新作『Panzer Corps 2』配信日決定!

  4. 気分はカンフースター!VRヌンチャクACT『Kung Fu All-Star VR』早期アクセス開始

  5. SteelSeries、ゲーミングマウス「Rival 3」とゲーミングキーボード「Apex 3」「Apex 5」を発表

  6. 音にもこだわる!『Microsoft Flight Simulator』の新たな開発舞台裏映像が公開

  7. 首が伸び、銃を持ち、ロボに乗る!『ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator』Steam早期アクセス開始

  8. 主要6勢力の兵科ツリーを含む『Mount & Blade II: Bannerlord』ベータ映像!

  9. 『Halo』元クリエイターが贈るSFシューター『Disintegration』海外向けクローズドベータ申込開始

  10. ハードコアサバイバルシューター『Escape from Tarkov』に東京サーバー実装!

アクセスランキングをもっと見る

page top