『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!

『パワーストーン』にインスパイアされた新作3Dアリーナ格闘ゲーム『Mighty Fight Federation』のSteam早期アクセスが開始。

ゲーム文化 インディーゲーム
『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!

デベロッパーKomi Gamesは、新作3Dアリーナ格闘ゲーム『Mighty Fight Federation』のSteam早期アクセスを開始しました。


1999年発売の『パワーストーン』からインスパイアされているという本作は、格闘ゲームコミュニティに競争力のあるプレイ、ノスタルジアとオリジナリティのミックスをもたらすことを目指しています。プロとカジュアル両方のプレイヤー向けに設計されており、とっつきやすい操作システムと深い戦闘メカニクスにより誰もが楽しめるとのことです。


ゲームプレイ以外にも、コミック版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を手掛けたAdam Bryce Thomas氏によるキャラクターストーリーのイントロとエンディング、『ロックマン』や『Shovel Knight』などに携わった松前真奈美氏らによるサウンドトラックなども特色です。


『Mighty Fight Federation』は2,050円で配信中。2020年Q2後半~2020年Q3前半に複数のプラットフォームでのローンチを計画しており、『ToeJam & Earl』や『Yooka-Laylee』のキャラクターも参戦予定です。

《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【コスプレ】『League of Legends』グウェンの可愛さが暴れ回る! 注目レイヤー・沙耶【写真8枚】

    【コスプレ】『League of Legends』グウェンの可愛さが暴れ回る! 注目レイヤー・沙耶【写真8枚】

  2. サバイバルホラー『Chernobylite』開発チームによるチェルノブイリ旅行記が公開―DLC開発のため実地での素材集めに

    サバイバルホラー『Chernobylite』開発チームによるチェルノブイリ旅行記が公開―DLC開発のため実地での素材集めに

  3. 入手困難な状況下、これは許せない……配送依頼されたスイッチやPS5など200点の商品横領で50歳男性を逮捕

    入手困難な状況下、これは許せない……配送依頼されたスイッチやPS5など200点の商品横領で50歳男性を逮捕

  4. 「どれで『DOOM』をプレイするか」はもう遅い…時代は誰がプレイするかだ!ネズミが『DOOM』をプレイする実験が公開

  5. 2000年代日本の田舎で体験する恐怖―『里帰り | Satogaeri』Steamにてリリース

  6. 半裸肉弾バトル『Paunch』続編『Paunch 2』発表! 今度は最大12人でバトル

  7. 結局Modってどうなった?『スカイリム アニバーサリーエディション』海外ユーザーも悲喜こもごも。SEのままで実はAEも遊べちゃう?

  8. リンク旅立ちの裏に“悲劇”あり!『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』30周年─ シリーズに大きな貢献を果たした立役者

  9. 『GTA:トリロジー:決定版』、すでにModでこれだけ治せますーしびれを切らした海外ファン映像

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top