『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!

『パワーストーン』にインスパイアされた新作3Dアリーナ格闘ゲーム『Mighty Fight Federation』のSteam早期アクセスが開始。

ゲーム文化 インディーゲーム
『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!
  • 『パワーストーン』系3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』早期アクセス開始!

デベロッパーKomi Gamesは、新作3Dアリーナ格闘ゲーム『Mighty Fight Federation』のSteam早期アクセスを開始しました。


1999年発売の『パワーストーン』からインスパイアされているという本作は、格闘ゲームコミュニティに競争力のあるプレイ、ノスタルジアとオリジナリティのミックスをもたらすことを目指しています。プロとカジュアル両方のプレイヤー向けに設計されており、とっつきやすい操作システムと深い戦闘メカニクスにより誰もが楽しめるとのことです。


ゲームプレイ以外にも、コミック版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を手掛けたAdam Bryce Thomas氏によるキャラクターストーリーのイントロとエンディング、『ロックマン』や『Shovel Knight』などに携わった松前真奈美氏らによるサウンドトラックなども特色です。


『Mighty Fight Federation』は2,050円で配信中。2020年Q2後半~2020年Q3前半に複数のプラットフォームでのローンチを計画しており、『ToeJam & Earl』や『Yooka-Laylee』のキャラクターも参戦予定です。

《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. EAが悪質な行為を働いたプレイヤーを同社全ゲームおよびサービスから追放―プレイヤー側は徹底抗戦の構え

    EAが悪質な行為を働いたプレイヤーを同社全ゲームおよびサービスから追放―プレイヤー側は徹底抗戦の構え

  2. 『マインクラフト』バチカン公式サーバー、早くも苛烈な攻撃に遭うも……実は想定内―攻撃者はBAN

    『マインクラフト』バチカン公式サーバー、早くも苛烈な攻撃に遭うも……実は想定内―攻撃者はBAN

  3. Ninja、『Apex Legends』から原因不明のBAN―TGA 2019にて「Best Multiplayer Game」賞を手渡した数日後

    Ninja、『Apex Legends』から原因不明のBAN―TGA 2019にて「Best Multiplayer Game」賞を手渡した数日後

  4. 草が生えたら刈れ! 草刈りシミュレーター『Mowing Simulator』Steam配信予定

  5. 『RDR2』の「Hot Coffee」Mod制作者に対しTake-Twoが法的措置を示唆

  6. 10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. Mega64がプラチナゲームズのトリビュート映像を制作! しかしそれを見た神谷英樹氏は…

  9. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  10. Netflixドラマ「ウィッチャー」第1話で繰り広げられた迫力の殺陣はこうして撮られた―ゲラルト役ヘンリー・カヴィルが動画で語る

アクセスランキングをもっと見る

page top