『返校』といまだ販売停止中の『還願』がハーバード大学の図書館に所蔵ー開発元は現在もゲームを開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『返校』といまだ販売停止中の『還願』がハーバード大学の図書館に所蔵ー開発元は現在もゲームを開発中

RedCandleGamesの『返校 Detention』『還願 Devotion』がケンブリッジのハーバード燕京図書館に保存されました。

ニュース ゲーム業界
『返校』といまだ販売停止中の『還願』がハーバード大学の図書館に所蔵ー開発元は現在もゲームを開発中
  • 『返校』といまだ販売停止中の『還願』がハーバード大学の図書館に所蔵ー開発元は現在もゲームを開発中
  • 『返校』といまだ販売停止中の『還願』がハーバード大学の図書館に所蔵ー開発元は現在もゲームを開発中

RedCandleGamesは2020年2月に『返校 Detention』と『還願 Devotion』がハーバード大学燕京(イェンチェン)図書館のコレクションの一つとして所蔵されたことを報告しました。

『返校』は、1960年代の台湾の学校を舞台にしたマウスクリック型2Dホラーアドベンチャーで、同じく収蔵される『還願 Devotion』は2019年2月に発売された1980年代台湾の古いマンションを舞台にした一人称心霊ホラー。どちらもRedCandleGamesの開発ですが、『還願』はゲーム内コンテンツに「中国への政治的批判」が散見されたことで問題となり、販売停止問題にまで発展。現在まで販売は再開されていません。

RedCandleGamesのFacebookの投稿によれば、問題となった『還願』を含む同社の2作品がハーバード大学燕京図書館に所蔵されたとのこと。同図書館はアメリカ・ケンブリッジにある世界有数の東アジア資料コレクションを擁する研究図書館で、中国や日本のコレクションを中心に150万以上が所蔵品があり、デジタル化された所蔵品はオンラインで閲覧も可能です。今回2作品が所蔵されたことについて同社は、「信じられないほど光栄なこと」とし感謝を述べ、自分達が手掛けたゲームの持つ可能性を再認識する機会を得たとしています。



また所蔵への喜びとともに、『還願』の問題によりコミュニティに心配をかけたことを謝罪し、それでも常に同じ情熱を持ってゲームを開発していると語りました。さらに、応援を続けてくれるファンに対して感謝を述べ、「この先もっと多くの作品を共有できれば」と締めくくっています。

『返校』はPC/PS4/ニンテンドースイッチ、スマートフォン向けにも配信中、『還願』は現在も販売停止中です。
《neko》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Steamで成功を収めた新作ゲームの数が過去数年で継続的に増加していることが明らかに

    Steamで成功を収めた新作ゲームの数が過去数年で継続的に増加していることが明らかに

  2. ユニティ・ジャパンのロゴが“距離を取った”!? 「ソーシャル・ディスタンシング」を広く呼びかけ

    ユニティ・ジャパンのロゴが“距離を取った”!? 「ソーシャル・ディスタンシング」を広く呼びかけ

  3. 『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

    『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

  4. 国内ゲームレーティング機構CEROが5月6日まで休止―政府の新型コロナ緊急事態宣言受け

  5. Piko Interactiveが『Master's Fury』など旧Unico製アーケードゲームの権利獲得

  6. 「ゲーセンミカド」新型コロナウイルスによる売上減少を受けてクラウドファンディングの近日開始を発表

  7. 『DayZ』オリジナル版制作者とスタンドアロン版ディレクターが未発表の大規模サバイバルゲームを制作中

  8. 『セインツロウ ザ・サード』のPC/PS4/Xbox One向けリマスター版が海外発表!

  9. 「ハンヴィー」メーカー許可なくゲームで使える―『CoD』めぐる地方裁判に一旦の決着

  10. 『オブザーバー』関連作と見られるティーザー「Incoming Call」公開―サイバーパンクホラー作品

アクセスランキングをもっと見る

page top