殺した敵を「本」にし集めよ、図書館戦闘SLG『Library Of Ruina』Steam早期アクセス開始―SCP風SLG『Lobotomy Corporation』続編 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

殺した敵を「本」にし集めよ、図書館戦闘SLG『Library Of Ruina』Steam早期アクセス開始―SCP風SLG『Lobotomy Corporation』続編

『Lobotomy Corporation』の結末から続く物語です。

PC Windows
殺した敵を「本」にし集めよ、図書館戦闘SLG『Library Of Ruina』Steam早期アクセス開始―SCP風SLG『Lobotomy Corporation』続編
  • 殺した敵を「本」にし集めよ、図書館戦闘SLG『Library Of Ruina』Steam早期アクセス開始―SCP風SLG『Lobotomy Corporation』続編
  • 殺した敵を「本」にし集めよ、図書館戦闘SLG『Library Of Ruina』Steam早期アクセス開始―SCP風SLG『Lobotomy Corporation』続編
  • 殺した敵を「本」にし集めよ、図書館戦闘SLG『Library Of Ruina』Steam早期アクセス開始―SCP風SLG『Lobotomy Corporation』続編

ProjectMoonは、図書館バトルシミュレーション『Library Of Ruina』の早期アクセスをWindows向けに開始し、あわせてオープニング映像を公開しました。

本作は「SCP財団」の世界観に影響を大きく受けたストラテジー『Lobotomy Corporation』の開発元による新作バトルシミュレーション。『Lobotomy Corporation』での結末から続く物語となっています。

今作ではプレイヤーはある不思議な図書館の主人として、ゲストを相手に司書たちを戦わせます。戦闘はサイコロとカードを用いて展開します。その戦いに勝ち、死したゲストを「本」として集めていくことで図書館や司書を育てることが可能です。『Lobotomy Corporation』を彩った様々な「幻想体(アブノーマリティ)」もカードなどとして登場します。




早期アクセスである現在は5つの階層と20人の司書、および50種以上のカードが実装済み。14のメインエピソードを含む3つのチャプターがプレイ可能になっています。12月予定の正式版ではチャプター7までが計画されています。

『Library Of Ruina』は日本語にも対応で、Windows向けにSteamにて2,570円で早期アクセスが実施中です。

《いわし》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『CoD:MW』『Warzone』D-Dayのスキン「Border War」が名称変更―警察暴力の正当化に結びつくためか

    『CoD:MW』『Warzone』D-Dayのスキン「Border War」が名称変更―警察暴力の正当化に結びつくためか

  2. 2DローグライクACT『Neon Abyss』が配信開始! 進化するダンジョンを探索して奈落の底へ潜れ

    2DローグライクACT『Neon Abyss』が配信開始! 進化するダンジョンを探索して奈落の底へ潜れ

  3. PC版『DEATH STRANDING』Steam/Epic Gamesストアにて配信開始!

    PC版『DEATH STRANDING』Steam/Epic Gamesストアにて配信開始!

  4. 『ファークライ6』ナラティブディレクターが世界観について明かす―キューバの元ゲリラとの出会いに触発

  5. 『オーバーウォッチ』で「シグマのマエストロ・チャレンジ」が開始! 音楽を奏で、そして闘え

  6. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』TU 2.1.0は7月15日18時配信―PC版ファイルサイズは16.79GB

  7. 『PUBG』シーズン8にリメイクされたSanhookが登場! アップデート8.1公開

  8. ディーゼルパンク歩行兵器RTS『Iron Harvest』ラスヴィエト派閥紹介トレイラー公開

  9. 宇宙MMO『EVE Online』PvPフィールドに大規模な変更を加える新アップデート「Zenith」配信開始

  10. 『VALORANT』「エルダーフレイム」スキンの制作経緯公開―武器スキンの限界に挑戦…

アクセスランキングをもっと見る

page top