メカニカルな鬼面の主人公が戦うサイバー世界横スクロールACT『Edo no Yami(えどのやみ)』プレイ映像! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

メカニカルな鬼面の主人公が戦うサイバー世界横スクロールACT『Edo no Yami(えどのやみ)』プレイ映像!

『Edo no Yami(えどのやみ)』の発売時期や対応プラットフォームは明らかになっていません。

ニュース 発表
メカニカルな鬼面の主人公が戦うサイバー世界横スクロールACT『Edo no Yami(えどのやみ)』プレイ映像!
  • メカニカルな鬼面の主人公が戦うサイバー世界横スクロールACT『Edo no Yami(えどのやみ)』プレイ映像!
  • メカニカルな鬼面の主人公が戦うサイバー世界横スクロールACT『Edo no Yami(えどのやみ)』プレイ映像!
  • メカニカルな鬼面の主人公が戦うサイバー世界横スクロールACT『Edo no Yami(えどのやみ)』プレイ映像!

Troglobytes Gamesは、デジタルゲームイベント「Guerrilla Collective」を通して『Edo no Yami(えどのやみ)』を発表しました。

本作は、メカニカルな鬼の面をかぶった主人公が日本と思われる舞台で戦う横スクロールアクション。公開された映像では、主人公が迫りくるロボットを相手に剣や爆発する銃らしき飛び道具を使用し、華麗に戦うシーンが収められています。

巨大なハンマーを振り下ろす敵に対してその腕を切断して使用不可能にする特殊アクションや浮かせた相手に追撃するコンボの要素も盛り込まれているようです。

マップは横スクロールですが、主人公のジャンプ攻撃で隠された床下のステージを見つけるシーンや、ビルの中を通るパイプを見つけるシーンが確認できるため、マップの上下探索の要素も用意されている模様。また、現れた巨大なロボット犬の頭を撫でているシーンもありますが、現在は彼らがどのような関係かは不明です。



『Edo no Yami(えどのやみ)』の発売時期や対応プラットフォームは明らかになっていません。
《Mr.Katoh》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

    「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  2. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

    「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  3. 週末セール情報ひとまとめ『Library Of Ruina』『仁王2』『ディビジョン2』『アサシン クリード ヴァルハラ』他

    週末セール情報ひとまとめ『Library Of Ruina』『仁王2』『ディビジョン2』『アサシン クリード ヴァルハラ』他

  4. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  5. 話題作、人気作もお得にゲット!「INDIE Live Expo」開催記念セールがSteam/Xboxで開催中

  6. 『Gジェネ』シリーズ最新作か?バンダイナムコが「Gジェネエターナル」という商標を出願

  7. 『FF7 リメイク』がSteamにも登場か? データベースサイトにタイトルの登録が確認される

  8. もしや『タクティクスオウガ』再リメイク?スクエニ「Tactics Ogre: Reborn」商標出願

  9. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  10. 「Unreal Engine 5」によるスーパーマン風ゲームが無料配布中!「City サンプル」とフリーアセットを使用

アクセスランキングをもっと見る

page top