シンプルなコンセプトでありながら、それを最大限に生かす―高速戦車バトル『TANKNAROK』開発者ミニインタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

シンプルなコンセプトでありながら、それを最大限に生かす―高速戦車バトル『TANKNAROK』開発者ミニインタビュー

シンプルながらも熱い戦車バトルが楽しめます。

連載・特集 特集
シンプルなコンセプトでありながら、それを最大限に生かす―高速戦車バトル『TANKNAROK』開発者ミニインタビュー
  • シンプルなコンセプトでありながら、それを最大限に生かす―高速戦車バトル『TANKNAROK』開発者ミニインタビュー
  • シンプルなコンセプトでありながら、それを最大限に生かす―高速戦車バトル『TANKNAROK』開発者ミニインタビュー
  • シンプルなコンセプトでありながら、それを最大限に生かす―高速戦車バトル『TANKNAROK』開発者ミニインタビュー
  • シンプルなコンセプトでありながら、それを最大限に生かす―高速戦車バトル『TANKNAROK』開発者ミニインタビュー

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Polyblock Studio開発、PC向けに6月24日リリースされた高速戦車バトル『TANKNAROK』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、ファストペースのマルチプレイヤー戦車バトルアクション。7つのテーマで90以上の様々なアリーナを舞台に、2~4輌の戦車がローカルおよびオンラインで戦います。記事執筆時点では日本語未対応。

『TANKNAROK』は、720円(7月10日までは504円)で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Polyblock Studioファストペースのマルチプレイヤー戦車バトルである本作を開発した、ノルウェーのインディーデベロッパーPolyblock Studioです。私たちのチームは3人で構成されており、メンバーはMartin Lien(24歳、プログラマー)、Thomas Nilsen(29歳、プログラマー)、そしてTom-Espen Andersen(38歳、アーティスト)です。

ノルウェーには、政府によるゲームスタジオ向けの助成金システムが存在します。私たちは幸運にも、これを3回受け取ることができ、おかげで2018年からフルタイムで本作の開発に取り組むことができました。

また、私たちのスタジオは「Hamar Game Collective」というインディースタジオ集団の一員です。現在は10社が所属しており、お互いに知識を共有し合い、より良い作品を作るために協力しています。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Polyblock Studio私たちは皆、2015年~2018年にかけてノルウェー・ハーマルのインランドノルウェー応用科学大学に通っていました。大学での最後の年に、私たちは『Combat 2018』というゲームを作ったのですが、これはAtari 2600向けの『Combat (1977)』と『Stick Fight: The Game』という当時(今でも)の人気作をミックスさせ、現代化させたものでした。このゲームが周りの人たちとオンライン上で高く評価されたため、開発を続け、しっかりとした一本のゲームに仕上げようと決めたのです。タイトルも『TANKNAROK』にすることとしました。

開発開始から数ヶ月後、Martinが最大規模のゲームアワードである「The Game Awards」に「ベスト学生ゲーム」があることを発見しました。私たちはこれに応募すると、ノミネートされ、なんと受賞することができたのです。これにより、モチベーションがさらに大きく向上しました。

Combat 2018

――本作の特徴を教えてください。

Polyblock Studio「ベスト学生ゲーム」を受賞できた理由であり、本作を特徴的にしている点は、シンプルなコンセプトでありながら、それを最大限に生かしているところだと思います。本作はとてもファストペースな戦車ゲームです。戦車を動かすのは気持ちいいですし、グラフィックもミニマリズム的なユニークなものとなっています。数多くの武器やステージも用意されていますよ。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Polyblock Studio上でも書いたように、Atari 2600向けの『Combat (1977)』と『Stick Fight: The Game』ですね。

――本作の日本語対応予定はありますか?

Polyblock Studio本作のリリース後、多言語への対応リクエストをたくさんいただいています。多くの人にプレイしていただきたいと思っていますので、共有ドキュメントによる翻訳を開始しました。また、私たちのサウンドデザイナーは日本語がわかるので、日本語訳を手伝ってもらっています。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Polyblock Studioノルウェーは3月の中頃にロックダウンが行われ、私たちは皆家から仕事をしなくてはいけなくなりました。しかしすでにバグ取りの段階だったこともあり、コミュニケーションはチャットで問題ありませんでした。当初はもちろん慣れないところもあり、少し不便なところもありましたが、すぐに慣れることができました。幸運にも、メンバーは誰一人具合が悪くなることもありませんでしたので、リリースの延期もすることなく済みましたし、リリースの数週間前にはオフィスに戻ることもできました。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Polyblock Studioファストペースのマルチプレイヤーアクションゲームが好きでしたら、ぜひ本作をお試しください!本作のアップデートは今後も続けていきますし、将来的にはコンソール板もリリースしたいと思っています。

――ありがとうございました。



◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に300を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。
《Chandler》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top