『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ

現在のTwitterプロフィールの記述では、NetEase初の家庭用ゲーム開発スタジオ「桜花スタジオ」のシニアゲームデザイナーとなっています。

ニュース ゲーム業界
『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ
  • 『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ
  • 『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ

カプコンのアクションゲーム『デビル メイ クライ 5』などでゲームデザインを手掛けた吉田亮介氏が、12年勤務した同社を7月で退職したことを自身のTwitterで明らかにしました。

同氏は2009年からカプコンに勤め『戦国BASARA』シリーズや『モンスターハンタークロス』シリーズの戦闘デザインなどを担当。『デビル メイ クライ 5』では戦闘システムやキャラクター「バージル」の戦闘デザインを担当するなど、同社の多くのアクションゲームを手掛けてきました。

Twitterでは「これからは日本を離れて海外に行き、次世代のゲームを開発していきます」とコメント。なお、同氏のプロフィールが現在、NetEase初の家庭用ゲーム開発スタジオ「桜花スタジオ」のシニアゲームデザイナーとなっているため、今後はこちらで次世代機向けの作品を開発していくようです。
《Mr.Katoh》
Mr.Katoh

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

    『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

  2. シリーズ最新作『GTA 6』の画像や映像の流出疑惑が明らかに―過去の噂と一致する点も

    シリーズ最新作『GTA 6』の画像や映像の流出疑惑が明らかに―過去の噂と一致する点も

  3. 『GUNDAM EVOLUTION』パッドは「エイムアシスト」なしでも戦える?エイム感度など細かな設定は可能!

    『GUNDAM EVOLUTION』パッドは「エイムアシスト」なしでも戦える?エイム感度など細かな設定は可能!

  4. 同じ花は咲かない!本格的ガーデニングシム『Garden Life』発表―植物の生育に自動生成と成長可視化技術採用

  5. 週末セール情報ひとまとめ『トライアングルストラテジー』『Demon's Souls』『春ゆきてレトロチカ』『Disco Elysium - The Final Cut』他

  6. 「残念ながらSCP-173の画像は近々削除されます」SCP財団公式が発表―SCP-173が登場するゲームへの影響は?

  7. かつての友を倒し世界を救え! 中世リアルタイムストラテジー新作『The Valiant』発表

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. アバーメディアの配信ソリューションで視聴者を釘付けにせよ―これを揃えれば明日から君もストリーマー!

  10. 『幻想水滸伝 I&II HDリマスター 門の紋章戦争 / デュナン統一戦争』は2023年発売!梶裕貴さんも登場した発表ステージレポ【TGS2022】

アクセスランキングをもっと見る

page top